世界の宝くじの歴史を振り返る|15世紀からある世界中で人気の宝くじの歴史とは

世界の宝くじの歴史を振り返る|15世紀からある世界中で人気の宝くじの歴史とは

運命のゲームといえば、「宝くじ」ほどポピュラーなものはありません。オランダ語で「運命」を意味する “Lot (ロット)”に由来する “Lottery (ロッテリー)”という言葉は、このゲームの本質を見事に表しています。

宝くじは世界中で人気がありますが、自分の好きなゲームの起源を知っている人は少ないでしょう。そこで今日は、世界の宝くじの歴史をご紹介したいと思います。

オランダ人が現在の言葉を作ったのは15世紀のことですが、宝くじはそれよりもずっと前から存在していました。実は、紀元前200年頃の中国の前漢時代には、宝くじに似たゲームが存在していたことが知られています。

このゲームは「白鳩ゲーム」と呼ばれ、ケノとよく似ていますが、鳥を使ってくじの結果を周辺の村に送っていたことに由来しています。このゲームで集めたお金は、万里の長城の建設資金に使われたと言われています。

一方、古代ローマ人もこのゲームを行っていましたが、くじで集めたお金の使い方が少し違っていました。

古代ローマ人は、豪華な晩餐会で宝くじを開催し、当選者には豪華な賞品を用意した。

アウグストゥス・シーザーは、紀元前35年にローマに宝くじを導入し、その収益で道路や建物を整備しました。

中世には、現在のベルギーやオランダなどの地域でも宝くじが導入されました(「ロト」という言葉が生まれたのはそのためです)。

その後、ミラノがヴェネツィアに対抗して独自のくじを始め、最後にジェノバが名前ではなく数字でくじを引くようになりました。

ヨーロッパでは次々と新しいロトが導入されていったが、1569年、ついにイギリスで初めてのロトが導入された。

エリザベス女王自らが当たり玉を引き、当選者にはチケット販売で得た金額が支払われ、祝賀ムードに包まれた。

アメリカのニューアムステルダム(別名ニューヨーク)が設立された頃には、ヨーロッパのほとんどの国が何らかの形で宝くじを導入していました。

1655年、ニューアムステルダムの住民は独自に宝くじを組織し、この伝統を継承するとともに、多くの建国の父たちのキャンペーンに資金を提供しました。

もちろん、宝くじは長い年月をかけて進化し、変化してきましたが、今日でもとても人気があります。

何十年もの間、宝くじはテレビで放映されてきましたが、インターネットの出現により、宝くじはオンラインゲーム業界に欠かせないものとなりました。現在では、世界中のプレイヤーが、数多くの世界的な宝くじの結果に賭けることができます。

ロットランドのようなオンラインサイトでは、プレイヤーはチケットを購入するのではなく、宝くじの結果に賭けることができ、スマートフォン、タブレット、デスクトップなど複数のプラットフォームで利用できます。

宝くじの歴史は想像以上に複雑で興味深いものですが、未来はさらに輝かしいものになると信じています。

何しろ、宝くじは2200年以上も存続しているのですから、きっともっと長く存続できるはずです。

オンラインカジノカテゴリの最新記事