ノルトラインヴェストファーレン州がウエストスピエル民営化入札を開始

ノルトラインヴェストファーレン州がウエストスピエル民営化入札を開始

ノルトライン・ヴェストファーレン州の内務省と専門サービス会社のワース&クライン・グラント・ソーントン・AGは、国営銀行グループNRW.バンクの株式を売却するための入札を開始しました。銀行の売却と、国営の陸上独占企業である西ドイツのカジノ事情(ウエストスピエル)の民営化を行います。

この入札により、ノルトライン=ヴェストファーレン州における土地付きゲームの15年間の独占権が事実上付与されることになります。

招致発表では、ドイツで最も人口が多く、裕福な州での独占的な地位により、この事業者が成功する「優れた見込み」があるとしています。

また、今年7月に施行されたギャンブルの規制に関する国家条約に基づき、事業者は「オンラインカジノ賭博のための譲歩を得る機会があるかもしれない」としています。

入札者が検討されるためには、一定の最低基準を満たす必要があります。候補者は、十分な顧客確認の証拠を含め、ギャンブル事業を運営するための「能力と許可」を示さなければなりません。

また、入札者は最低でも2,000万ユーロの資本金を有し、入札が認められた場合には保証金を計上できることが必要です。

複数の入札者が最低基準を達成した場合は、過去36ヶ月間に運営されたカジノの数、その間の平均従業員数、ギャンブル等による平均売上高などの基準を考慮して、3社に絞られます。フード&ビバレッジ

最終選考に残った3社は、その後、オファーと交渉の段階に入ります。最初の入札額が最も高かった2社は、オファーを提出する「ベスト&ファイナルオファー」の段階に進みます。なお、nrw.バンクは、最初の提示額でのみ入札を受け付ける権利を有します。

入札者は、2月1日までに入札フォームに記入する必要があります。

ウエストスピエル社が同州に持つ既存のカジノには、1,500万ユーロまでのすべての収益に対して30%の総収入税が課せられ、その後は1,500万ユーロを追加するごとに10%ずつ増加していきます。また、新オーナーは、新たに2つのカジノを建設することができます。これらのカジノには、運営開始から2年間は、総収入の25%が課税されます。

ガウゼルマン・グループのコミュニケーション部門の責任者であるマリオ・ホフマイスター氏は、同グループはウエストスピエルに「一般的な関心」を持っていると述べましたが、入札プロセスの詳細をより詳しく検討するまでは、入札するかどうかを決定しないと付け加えました。同グループは、ウエストスピエルに「一般的な関心」を持っているが、入札プロセスの詳細をより詳細に検討するまで、入札するかどうかの判断はしないと付け加えた。さらに、「入札プロセスの詳細を検討するまでは、決定しない」とも付け加えました。

州政府が最初に発表したのは、アーヘン、バート・アーヘンハウゼン、ドルトムント・ホーエンシーブルク、デュイスブルクでカジノを運営し、自由ハンザ都市ブレーメンでも2つのカジノを運営しているヴェストスピール社の売却でした。2020年6月、国会は民営化プロセスを促進するための法案を可決 2020年6月、国会は民営化プロセスを促進し、入札の一般条件を定めるための法案を可決しました。

2020年6月、国会は民営化プロセスを促進し、入札の一般条件を設定する法案を可決しましたが、社会民主党(SPD)の議会派閥であるアライアンス90/ドイツの代替としてのグレナド島(AfD)は、法案を迅速に通過させるべきであると促し、国税 SPDは、政権を握っているキリスト教民主同盟と自由民主党がプロセスを有利に見せるために「疑わしいバランスシートのトリック」を行っていると非難し、州議会の臨時会で可決しました。

ウエストスピエル社は入札発表で、2019年のゲーム総収入(GGR)を1億1,720万ユーロと報告しました。

ブックメーカーカテゴリの最新記事