VRゲーミングの成功はVRカジノにつながるのか?

VRゲーミングの成功はVRカジノにつながるのか?

かつて技術者たちは、バーチャルリアリティが次の大きなトレンドになると確信していました。2012年に発売されたオキュラス・リフトは、テレビや映画を見る方法、ゲームをする方法、さらにはビジネスやエクササイズの方法にも革命をもたらすと言われていました。

しかし、2012年になってもVRソフトは普及しませんでした。コストがかかり、その価格に見合うだけの価値があるかどうかを判断する方法がなかったのです。現在、VRはさまざまな形でゲームに応用されていますが、一般のゲームユーザーが当たり前に使えるようになるには、まだまだ時間がかかりそうです。

VR技術の中でも、最も注目されているのが「VRカジノ」の開発です。まだまだ先の話ですが、VRカジノを実現するには、VRゲームが鍵を握っていると思います。

ゲーム業界は常に変化し続けている

ゲーム業界はさまざまな面でテクノロジーの導入をリードしてきたので、VRカジノがいつ登場するかを示すのは当然のことです。

Xboxライブのマルチプレイヤーモードは、ライブストリーミングを可能にし、ゲーム業界でのプロのキャリア、ゲームを中心としたコミュニティの構築を可能にしました。3D技術は、映画館や家庭用テレビに本格的に導入される前に、プレイステーション2のゲームで開発されました。しかし、その技術はさらに輝きを増しています。しかし、その技術はさらに輝きを増しています。

また、ネットエント社のカジノリストにあるように、オンラインカジノ業界のほとんどがライブポーカーを提供しており、プレイヤーはライブ版のディーラーを見ながらプレイすることができます。

これにより、バーチャルとリアルを融合させる技術が導入され、AR(拡張現実)の導入をさらに促進しています。ライブカジノはまさにVRカジノの基礎となるものですが、その先には何が待っているのでしょうか。

拡張現実(AR)の応用は代替技術採用への最も重要な進歩

拡張現実(AR)は、人々に代替技術を採用してもらうための最も重要な進歩であると言っても過言ではありません。

「ポケモン Go」のようなゲームは、ARがどのように機能するかを示しており、「ゾンビ、ラン」のようなゲームは、物理的環境とデジタルの相互作用の要素を導入しています。このゲームでは、あなたは架空のゾンビから逃げ回ることになります。

AR技術を搭載したヒアラブルは、2020年にも増え続け、新しい技術の普及に貢献する可能性があります。このような技術は、補聴器を即席の通訳として機能させるものです。

リアルタイム翻訳ソフトを使えば、ほとんどの言語を話しながら理解できるようになるかもしれません。ボーズが開発したヘッドフォンには、余計な音を取り除いたダイナミックオーディオの層がすでにあります。この技術が成功して実用化されれば、ゲーム分野でのVRやARへの意欲が高まるかもしれません。

バーチャル・リアリティ・ゲーミングはいくつか用意されている

とはいえ、まだVRを否定しているわけではありません。2020年に向けて、ゲーマーの皆様にVRを体験していただけるようなVRベースのゲームをいくつか準備しています。

「ザ・ウォーキング・デッド」、「ハーフライフ」、「メダル・オブ・オナー」など、VRゲームが再び注目されるようなゲームがたくさんあります。
また、人気のあるフランチャイズも多く、VRゲーミングをより普及させる可能性があります。

VRカジノの実現を妨げているのは、VRゲーミングの導入が遅れていることです。多くの企業は、必要なハードウェアを購入するための資金がないことを理由に、この技術を大規模に採用していません。この問題を解決するには、技術の進歩に合わせて、ARやVRで何ができるかを具体的に示すことです。

まだ、カジュアルゲーマーがこの技術に夢中になるとは思えませんが、ゲーム業界での普及が進めば、VRカジノを含めた主流の導入につながる可能性があります。

オンラインカジノカテゴリの最新記事