チームレース・マイル用ウオッカ育成ガイド!チームレースで勝てる強いウマ娘の育成!

チームレース・マイル用ウオッカ育成ガイド!チームレースで勝てる強いウマ娘の育成!

今回のテーマは「チームレース・マイルのウォッカトレーニングガイド」です。そろそろチームレースのトレーニングガイド記事を増やしていこうと思っているのですが、できれば最初に飼っているウマ娘のことを早い段階で書いたほうがいいかなと思いました。

ウオッカはURAファイナルを完走するだけならそれほど難しくはありませんが、私はチームレースで勝てる強いウマ娘の育成に力を入れようと思っています。目指していただきたいパラメータのイメージをお見せしますが、これはあくまでも目標ですので、馬娘をここまで育成するためのサポート資産がなくてもご安心ください。お金や資産がなくても、馬娘を育成してチームレースで勝つことを目指すのは同じですので、ぜひ参考にしてみてください。

覚醒Lvはできれば3つにしたい

ウォッカの覚醒Lvを3まで上げると、耐久力を回復するレアスキル「逆転のため息」を習得できます。このスキルはチーム戦でもシナリオでも、スタミナ値を大きく補うことができるので便利です。マニーに余裕がある方は、アップグレードしてみてはいかがでしょうか?

サポートフォーメーションのテンプレート

基本的には、SSRが多い場合はスピード4&パワー2、スピード3&パワー3.がおすすめですが、通常の資産があってスピードとパワーを上げたい場合は、このようにまとめて、友情トレーニングで稼ぎましょう。また、これらに賢者のサポートを加えて、スピード3、パワー2、賢者1を獲得することもできます。

完凸のトウカイテイオーやニシノフラワー、完凸のオグリキャップ、完凸のファインモーションなどを友達から借りられれば捗りますね。

資産が少ない人へのおすすめサポート

資産が少ない方へおすすめできるサポートを、以下にご紹介いたします。

スピード

〇エイシンフラッシュ
イベントが優秀なSRで、「スピードコーナー」などのスピード関連のスキルを多く習得できるのが特徴。

〇キングヘイロー
こちらも資産が少ない方におすすめのSRです。キングヘイローはスキルも非常に優秀で、スキルレートも高いので友情を育みやすいです。

〇スイクン
資産が少ない方にお勧めのSRです。スキルは平凡ですが、特訓効果が高く、「エンチャント」することで低確率で特訓できます。

パワー

〇ダイタラク・ヘリオス
彼が獲得するスキルは、彼の部屋にとって理想的なものです。前走者として育成する場合、直線的な走りを覚えられる点も見逃せない。

〇ビワハヤヒデ
スキルやイベントは弱いですが、育成効果が高く、パラメータも上げやすいです。

〇アグネス・デジタル
マイル用の馬を調教したいならこの馬です。

スタミナを多めに使って因子を継承

調教では無理をしないようにスタミナを多めに使うことをお勧めします。また、ウオッカは最初は “B “の馬なので、因子を “A “にして、リーディングホースとして調教することも可能です。

ジュニアレベルからクラシックレベルへの方針

最初のうちは、できるだけ効率よく絆を深めることに集中します。ある程度、絆が深まってきたら、スピード、パワー、インテリジェンスの3つの分野だけを選んでトレーニングするようにしています。足りない分野があれば、友情トレーニングが少ない夏合宿で補えばいいのです。

また、スタミナが落ちすぎないようにも気をつけたいですね。日本ダービーは5月前半に行われますが、このレースで良い走りをするためには最低限のスタミナが必要です。目安としては、ダービーまでに最低でもE+、できればD以上のスタミナをつけておきましょう。もし足りなくても、「好転反応」で補うことができます。

追加レースの候補としては、安田記念、エリザベス女王杯、ジャパンCがあります。安田記念を連勝すると「馬が垂れるのを避けられる」ので「いい練習になる」し、クラシックレベルのエリザベス女王杯を勝つとモチベーションが上がるので、必要に応じてこれらのレースを出走させるのがいいでしょう。ファンの数でいえば、ジャパンCがおいしいので、こちらもおすすめです。

シニアクラスの方針

スピードとパワーを向上させ、スタミナはC以上、できれば500以上、根性と賢さはできれば300以上を目指します。特に根性は伸ばしにくいので、伸ばせるイベントがあれば優先的に伸ばしていきましょう。

能力がどこまで伸びるかはサポートの性能にもよりますが、スピードかパワーのどちらか、できれば両方でS以上の着地を目指しましょう。個人的な感覚では、これに加えてスタミナ500以上、さらにレアな耐久スキルを1つ持っているとさらに良いと思います。余裕があれば、大阪杯やジャパンCなどのレースに参加して、スキルptやファンを増やしましょう。

海外競馬カテゴリの最新記事