フィンランドの消費者当局:ヴェイッカウスの収入は財務に向けられるべき!

フィンランドの消費者当局:ヴェイッカウスの収入は財務に向けられるべき!

フィンランド競争・消費者庁(KKV)は、ヴェイッカウス社のギャンブル独占に関する最終報告書の中で、ヴェイッカウス社の収益を特定の受益者ではなく国庫に向けるべきだと決定したことを発表しました。

フィンランド競争・消費者庁(KKV)の全体的な評価は、フィンランドのギャンブル改革は「正しい方向に進んでいる」というものでした。しかし、まだ改善の余地があることにより、ヴェイッカウス氏は、ギャンブルに関連する被害を「より的を絞った方法」で防止・削減すべきだったのではと述べています。

そのためには、ヴェイッカウスの収入を特定の資金源に向けるということではなく、国庫に入れることが一つの方法だということです。

現在、ヴェイッカウスの収入の半分以上は、スポーツ、科学、芸術のために教育文化省に、43%は健康と社会福祉の向上のために社会福祉省に送られています。また、4%は農林省を通じて競馬の資金に使われています。

しかし、フィンランド競争・消費者庁(KKV)は、このような状況は、ギャンブルの害を減らすためにこれらの分野への資金提供が不足する危険性があると考えて、指摘しています。

フィンランド競争・消費者庁(KKV)のリサーチ・プロフェッサーであるミカマリランタ氏は、「ギャンブルの不利益を減らすための積極的な取り組みが、受益者に分配されるヴェイッカウスの収入額に影響を与える可能性があ事が考えられるため、ベッキカウズの受益者は自分に分配される資金量を予測することができません。その一方で、ギャンブルの独占企業だけが儲けようとしているわけではありません。一方で、ギャンブルの独占企業が積極的に害悪を軽減しようとしない場合、その独占システムは法律の目的と正当性を満たしていません。

このような矛盾が、ヴェイッカウス社の責任に関する世論の議論を妨げています。

また、フィンランド競争・消費者庁(KKV)は、今回の変更により、ヴェイッカウスの現在の受益者への融資に「予測可能性と安定性」がもたらされると主張しています。

さらに、フィンランド競争・消費者庁(KKV)は、ヴェイッカウスのガバナンスは、首相官邸ではなく、社会福祉保健省(STM)の管轄とすべきだとしています。

フィンランド競争・消費者庁(KKV)は、「社会福祉保健省(STM)はすでに、ギャンブル障害の予防と治療の監視、研究、評価、開発に責任を負っています。したがって、ギャンブルが個人や社会に与える害を軽減する方向に舵を切ることが最善の利益となります。

“また、社会福祉保健省(STM)は、(国営アルコール小売会社)アルコ・オーイのコーポレート・ガバナンスにも責任を負っているため、この解決策は、フィンランドのコーポレート・ガバナンスの原則に沿ったものとなります」と述べています。

さらに、フィンランド競争・消費者庁(KKV)は、フィンランドの独占システムのさらなる改革は、データに基づいて行われるべきであり、ヴェイッカウス社の独自のデータを研究コミュニティに提供すべきであると述べています。

フィンランド競争・消費者庁(KKV)はこれまでにも、ヴェイッカウス社に関する一連のレポートを発表しています。昨年9月には、ヴェイッカウスがインターナショナル・ゲーム・テクノロジー(IGT)との供給契約に大幅な変更を加えたことにより、フィンランドの調達法に違反していることを同独占局が明らかにしました。

2019年、フィンランド競争・消費者庁(KKV)は、現在の枠組みが目的に合っていないことにより、フィンランドのギャンブル分野には中央の規制機関が必要であると主張しました。

ブックメーカーカテゴリの最新記事