EGBAはフィンランドのヴェッキカウズ独占について疑問を投げかける!

EGBAはフィンランドのヴェッキカウズ独占について疑問を投げかける!

欧州ゲーミング&ベッティング協会(EGBA)の事務局長であるマールテン・ハイジャー氏は、フィンランドのギャンブル独占企業であるヴェッキカウズの有効性に疑問を投げかけました。

EGBAに寄稿したハイジャー氏は、フィンランド政府にギャンブル政策を「修正」するよう求め、独占状態を維持することはプレイヤーと政府の双方にほとんど利益をもたらさないと強調しました。

同氏は、現在の独占システムはフィンランド人には不評で、世論調査によると、他のヨーロッパ諸国と同様に、多くの人がヴェッキカウズに代わって、複数のギャンブル企業が市場に参入できるようなオープンなライセンスシステムを望んでいると説明した。これはいいアイデアですね。

ハイダー氏はサンタに願い事のリストを提出し、次のように述べている。 フィンランドのギャンブル政策の最大の問題点は、今日のグローバルな電子市場では、消費者が簡単にウェブサイトを渡り歩くことができるため、オンラインの世界で独占的なシステムを維持することは不可能だということです。つまり、ヴェッキカウズは、インターネット上で国際的なギャンブルサイトのより多くの選択肢や代替手段を簡単に見つけることができるのです。

フィンランドのプレイヤーが、フィンランドでライセンスを取得していない事業者を通じてギャンブルをするケースが増えるにつれ、プレイヤーの保護やチャネリング、税収への貢献度などについて疑問が投げかけられています。昨年、フィンランドのオンラインギャンブル収入の16.4%、1億500万ユーロの課税所得は、フィンランド人が海外のギャンブルサイトを利用し、他国で税金を支払ったことによるものでした。

フィンランド政府はこれまで、ヴェッキカウズがベッターを保護できると主張してきました。しかし、ハイダーはこの主張を退け、「フィンランドのギャンブラーが独占によってより保護されているというのは神話だ」と述べ、国内のギャンブラーの割合が3%であることを指摘しました。この割合は、EGBA事務局長が「ギャンブルの独占がなく、フィンランドよりもはるかに多くのギャンブラーがいる国」と評したスペインの10倍にもなります。

彼はこう続けた。フィンランド政府は、消費者を保護するには国の方が適しているという信念のもと、長年にわたって独占を正当化してきました。もしそれが本当なら、フィンランドはEUの中で最もギャンブル依存症の発生率が低いはずです。なぜなら、フィンランドはEU加盟国の中で唯一、国営のギャンブル施設を持っているからです。ネタバレになりますが、これは事実ではありません。

オンラインギャンブルが独占されているために、フィンランド人がヨーロッパ人よりも保護されているという説得力のある証拠はありません。これは神話です。

ハイジャーは、以前にギャンブルの独占を廃止して利益を得た他の北欧諸国を指摘しています。2012年、デンマークは長年の独占状態に代わり、オープンライセンス制度を導入しました。その後の市場競争の結果、デンマークではライセンスのないウェブサイトで行われていたオンラインギャンブルの数が減少しました。2012年から2019年にかけて、オンラインギャンブル事業の数は28%から8%に減少しています。デンマークのかつての独占企業は、その収益が3倍になりました。

2019年にスウェーデンの独占が廃止された2020年にも同様の傾向が見られました。外国のオンラインギャンブル会社を利用するスウェーデン人の数は、2016年の56%から2020年には15%に減少した。

ハイジャー氏は、ヴェッキカウズの独占をオープンなライセンスシステムに置き換えることは、「独占に代わるものを求め、現在は外国のギャンブルサイトでギャンブルをしているフィンランドのギャンブラーの要求に応えて、この活動を規制し、課税するための賢明な方法である」と述べた。と強調しました。彼はこう付け加えました。

また、「オンラインギャンブルへのオープンライセンスの導入は、革命的なものではなく、進化的なものであり、ほとんどのフィンランド人が規制された保護された環境でギャンブルができるようになります。しかし、我々は時代の現実に適応したのです。
他のすべてのEU諸国はすでにこれを行っており、それは理にかなったことであり、フィンランドも同じことを行うべき時が来ているのです。」

ブックメーカーカテゴリの最新記事