ヴェッキカウズは年齢管理措置の失敗を認めている!年齢制限を強化を約束!

ヴェッキカウズは年齢管理措置の失敗を認めている!年齢制限を強化を約束!

フィンランドのギャンブル会社であるヴェッキカウズ社は、警察委員会の調査で現行の対策に多くの不備があることが判明しました。
そのため、年齢制限を強化することを約束しました。

この調査は、2020年春に行われました。警察委員会が、ヴェッキカウズ社のフィンランド国内の小売ネットワーク全体をチェックしました。その結果、会場内に未成年のプレイヤーを装った密かな買い物客がいることが判明しました。

ヴェッキカウズ社では現在、18歳以上のプレイヤーのみが賭博を行うことができ、スタッフが顧客の年齢を確認しないといけない流れのシステムになっています。

しかし、警察委員会の調査によると、テスト客のうち、ヴェッキカウズの代理店ポイントやプレイセンターで年齢証明を求められたのは16%に過ぎません。ゲーミングホールやフィールベガスの店舗では、40%が年齢を問われたとのことです。

これらの結果は、ヴェッキカウズ社が年齢制限の管理を怠っていることを示しています。この結果は、私たちが年齢制限の管理に失敗していることを示しています。ヴェッキカウズ社の責任者であるヤーモ・クンプライネン氏は次のように述べています。「当社のゲームは大人向けです。当社のゲームは大人を対象としています。これまでは年齢制限の管理がうまくできていませんでした。今回、これを改善するためにすぐに行動を起こしました。

これを受けて、ヴェッキカウズ社は未成年者のギャンブルを抑制するための一連の新しい施策を発表しました。

今後、未成年のプレイヤーにギャンブルをさせた場合、ヴェッキカウズ社はその場所のスロットマシンを5日間停止し、1ヶ月間監視します。さらに未成年者の賭博が行われた場合、ヴェッキカウズ社はスロットマシンを完全に撤去します。

また、ヴェッキカウズ社は、2021年1月より、小売店のスロットマシンに身分証明書の確認を義務付けることを発表しており、これにより、未成年者がスロットマシンにアクセスすることがより困難になります。

さらに、ヴェッキカウズ社は、フィンランドの宝くじ法の改正の一環として、全国的な年齢管理の実施を監督する新しい組織の設立を提案しています。運営会社によると、これは、アルコールなどの製品を管理する機関と同様の権限を持つ公的機関の形をとる可能性があるとのことです。

ヴェッキカウズ社は、2020年の下半期に新しい未成年者向けギャンブル規制を販売網全体に導入することを目指して、主要な業界団体やパートナーとの変更に関する交渉を直ちに開始します」とクンプライネン氏は述べています。

POSスタッフは、新しい慣行に関する指導とトレーニングを受けることになります。新たに検証された結果は制裁につながります。年齢制限の管理は、コースやトレーニングを通じて小売店のスキルを向上させることによっても支えられている。

2019年末、ヴェッキカウズ社は、ギャンブルに関連する被害からプレイヤーを守るための取り組みの一環として、いくつかの新しい責任あるギャンブル対策を開始しました。

これには、運営するスロットマシンの総数を3,500台削減することや、責任あるギャンブルの推進に重点を置いたマーケティング戦略の変更、スロットマシンでの本人確認の義務付けなどが含まれます。

しかし、ヴェッキカウズ社は先月、オフラインにするスロットマシンの数を増やすことを約束し、2020年末までに8,000台の端末を撤退させると発表しました。これにより、2021年初頭までに、ヴェッキカウズ社は2020年1月と比較して、小売店のスロットネットワークを40%削減することになります。

オンラインカジノカテゴリの最新記事