イギリスのオンラインGGYは、新しい小売店の閉鎖の中で2020年12月に最高値を更新

イギリスのオンラインGGYは、新しい小売店の閉鎖の中で2020年12月に最高値を更新

イギリスにおけるオンラインギャンブルの総利回りは、2020年12月に30.5%増の6億1,360万ポンドとなりました。これは、小売店の閉店やスポーツの繁忙期、高い利益率などが重なったことにより、ギャンブル委員会が月次データを公表し始めて以来、最も高い数値となりました。

この数字は、オンラインギャンブル市場の約80%を占める事業者のデータを用いて集計されたものです。

欧州委員会は、このような収益の急激な増加は懸念材料であるとしています。

ギャンブルの総収入が急増したのは、実際のベッティング収入が53%増の3億1,960万ポンドに達したことが主な要因である。

欧州委員会は、プレイヤーが3.1%増加して500万ポンドになったこと、スポーツカレンダーが忙しかったこと、2020年11月に落ち込んだマージンが2020年10月に見られた強いマージンに戻ったことなど、さまざまな要因がこの増加につながったとしている。

ベット数は2.2%増の2億9300万枚となりました。

「今後もデータの収集とモニタリングを行い、リスクに関する見解を提供していきます」と欧州委員会は述べています。これらの変化が短期的な変動以上のものであると判断した場合には、さらなる措置を講じることを躊躇しません」と述べています。

計測した月では、スロットが引き続き最高の収益源となり、12.9%増の1億9970万ポンドをもたらしました。

スロットプレーヤーの数は6.0%増の30万ポンド、総スピン数は11.8%増の58億9,000万ポンドでした。これも過去最高となりました。

2020年12月のスロットセッションの平均時間は22分で、2020年11月と同じでしたが、250万回のセッションは1時間以上続きました。

その他のオンラインゲームからの収益は、2020年11月に比べて11.0%増の739億ポンドとなりました。これは、110万人がスロット以外のオンラインゲームをプレイし、11月から13.5%増加したことと、賭け金が15.5%増加して3億1,320万ポンドになったことによるものです。

ポーカーの収益は2.8%増の940万ポンド、バーチャルベッティングは10.8%増の790万ポンドでした。スポーツベッティングは唯一収益が減少した部門で、6.2%増の130万ポンド、その他の収益は29.7%増の170万ポンドでした。

2020年12月に実施された顧客との対話の総数は3%減少し、対話の大半は自動化されています。
これは、新型コロナウイルスの影響により対話を極力避けた対応によるものです。

欧州委員会は、2020年3月に月次データの公表を開始して以来、インタラクションの数が減少したのは初めてだと述べています。しかし、自動化されていないインタラクションの数は増加しています。

規制当局は閉店したため、小売のベッティングストアにはデータを要求しませんでした。政府はイギリスの賭け屋が2021年4月12日に再開し、成人向けゲームセンター、ビンゴホール、カジノもすべて2021年5月17日に追随することを発表しました。

ギャンブル委員会は、2020年12月の活動は、収益がオンラインに移行した英国の最初の封鎖と似ているが、今回はスポーツのスケジュールが忙しかったため、リアルイベントベッティングの収益がはるかに強かったと指摘しています。

「12月に収集されたデータは、オンラインギャンブルが唯一のギャンブル活動の手段となった2020年3月に始まった最初の封鎖の際に見られたギャンブル行動といくつかの類似点を示しています。」と規制当局は述べています。

「いくつかの類似点がある一方で、重要な差別化要因は、第1次封鎖中に禁止された権威あるスポーツイベントが継続されていることです。」と述べています。

規制当局は、より多くの人々が家にとどまることで封鎖が続く中、「事業者によるさらなる警戒」が必要だとしています。

ブックメーカーカテゴリの最新記事