トロント警察が違法カジノを追跡!違法カジノやゲーミングハウスを閉鎖

トロント警察が違法カジノを追跡!違法カジノやゲーミングハウスを閉鎖

トロント警察は最近、違法ギャンブルの捜査を開始し、違法カジノやゲーミングハウスを閉鎖しました。

警察によると、スカボロー地区で営業している違法カジノの中には、アジア系組織犯罪と関連している可能性があるという。

第42師団のアンドリュー・エクランド巡査の調査結果によると、違法な場所は全部で28カ所あり、9カ所の違法賭博場と3カ所の違法カジノが、調査の情報が広まった後に閉鎖を決定しました。

また、30人以上が逮捕され、捜査の結果、現金1万2,250ドルと9,000ドル相当のポーカーテーブル、コンピューター、ギャンブル用品が押収されました。

しかし、問題は違法賭博にとどまりません。これまでに2件の銃撃事件、数件の暴行事件、強盗事件などが発生しており、地域の治安を脅かしています。

警察は、このように違法行為が集中することで、暴力行為が増加することを懸念しています。” これらの場所の周辺に住んでいる地元の人たちの安全と、これらの場所に行く人たちの安全を心配しています。これらの場所に行って、中にいる人を襲う犯罪者がいるのです」とエクルンドは主張します。

また、違法カジノは合法カジノと同じくらいの規模で、テーブルゲームやスロットマシンがあることを知らないかもしれないと、カジノプレーヤーに警告したいと考えています。また、バーやラウンジ、マッサージルームなどの施設もあります。

オンラインカジノカテゴリの最新記事