バリーハーン–英国のスポーツは別の「タバコシナリオ」を買う余裕がない

バリーハーン–英国のスポーツは別の「タバコシナリオ」を買う余裕がない

マッチルーム・スポーツの創設者兼会長であるバリー・ハーン氏は、英国の賭博法改革に対する政府の取り組みに懸念を表明した最新のスポーツ界の著名人となりました。

「ザ・デイリー・テレグラフ」紙の報道によると、ダーツ、スヌーカー、ボクシングの英国最大のスポーツプロモーターとして知られるハーン氏は、ギャンブルのスポンサーシップを禁止することは、「すべての層のスポーツにとって災いとなる」と述べています。

バリー・ハーン氏は、そのようなメディアの憶測を受けて、英国のスポーツ全体で賭け事のスポンサーシップを全面的に禁止することへの支持を表明しており、ボリス・ジョンソン首相は、賭博の見直しの結果についての有力な発言者となる可能性があります。

とはいえ、バリー・ハーン氏は、政府が「全面禁止」を導入するとは思っていないとしながらも、「ベッティングサービスの宣伝方法に関するルールに変更があるかもしれない」と述べました。

1995年から2014年までEFLリーグ2でプレーしていた72歳のレイトン・オリエントは、ギャンブルの問題は「自治ではなく、法律によって」取り組むべきだと付け加えました。

また、「プレミアリーグのサッカーはすべてとてもよく見られていますが、スポーツはたくさんあります。ダーツやスヌーカーもそのひとつです。そのうちのかなりの額が草の根に使われ、実際に政府の経費を節約しているのです」とバリー・ハーン氏は付け加えました。

「私たちは常にスポンサーシップの拡大を目指していますし、ギャンブル会社からのイベントへの需要は非常に大きいものです」。

バリー・ハーン氏は、1995年に政府がタバコの広告を全面的に禁止したときに、ダーツとスヌーカーを財政的に破綻した状態から復活させるのに苦労したことを思い出しましたそうです。

「私はタバコの状況を経験していまるので、心配する必要はありません。多少の損失は仕方がないかもしれませんが、それよりも、そのお金で何ができるかを考える方が大切なことです。」

バリー・ハーン氏が経営するスポーツイベントのプロモーション会社「マッチルーム」は、少数のギャンブル会社と契約しています。2019年、このプロモーション会社は、スタッツ・パフォーマンス社とのライブベッティングストリーミング権を更新し、5年間延長となりました。

しかし、本日未明に発表されたのは、バリー・ハーン氏が議長を務め、マッチルームで生中継されるワールド・スヌーカー・ツアー(WST)の新しいスポンサーに、オンラインカー小売業者のカズーが選ばれたということでした。

同氏はスポーツビジネスに対し、現在進行中の2005年ギャンブル法の見直しに関連して、マッチルームは「プレッシャーを感じている」と述べています。「ウェバー」のような競技のスポンサーを見つけるのは困難な場合が多く、小規模な競技やギャンブルスポーツの禁止により、パートナーシップが損なわれる可能性があると指摘しました。また、「カップ・テンピン・ボウリング」や「卓球世界選手権」などのパートナーシップが禁止されることでダメージを受ける可能性があることを認めました。

2、3年前からこの話をしていますが、禁止にしても調整にしても、誰もがその話をしているようです」とグローバル・インテリジェンス・サービスのインタビューに答えている。何らかの動きがあるでしょう。

それが、常識に基づいたものであることを期待しましょう。マッチルームに限らず、スポーツ全般において、実際にギャンブルのスポンサーシップを基盤として存続しているものが多くあります。

ブックメーカーカテゴリの最新記事