マカオの中心にある「小さなパリ」|「ザ・パリジャン・マカオ」オープン!

マカオの中心にある「小さなパリ」|「ザ・パリジャン・マカオ」オープン!

サンズ・グループのカジノ「ザ・パリジャン・マカオ」が2016年9月13日(火)にオープンしました。フランスの首都を広くイメージしたこの巨大なリゾートは、30億ドル以上の費用をかけて建設されました。

マカオではおなじみの「ウィンパレス」のオープンからわずか数日後に行われました。

そのオープニングでは、フレンチカンカンの音楽に合わせて、花火と光のショーが行われました。また、ソフィー・マルソーやララ・ファビアンも登場し、フランスの華やかさを演出していました。

コタイ地区に位置するサンズ・グループの新しい「ザ・パリジャン」は、現代性と豪華さが融合した宝石のようなホテルです。パリの街並みをほぼ完璧に再現したこのホテルは、訪れる人を全くの別世界にいざないます。

ソルトレークトリビューン紙によると、カジノはベルサイユ宮殿と同じ様式で装飾され、ナポレオンの戴冠式やパリの街並みが再現されている。

中でも最も印象的なのは、エッフェル塔のほぼ同じレプリカだ。オリジナルの半分の大きさで、レプリカとしては世界最大です。

また、コンベンションセンター、1,200席の劇場、3,000室の豪華な客室を備えたホテル、ヘルスセンター、スパ、フランス料理、中国料理、広東料理などを提供する7つの高級レストランなどがあります。

320,000平方フィートのパリジャンショッピングモールは、パリの有名なショッピングアベニューを彷彿とさせ、ソニア・リキエル、レペット、カルヴェンなどの有名な流行のブティックが入っています。

パリジャン・マカオのカジノは、135,000平方フィートのゲームフロアに410台のゲームテーブルが設置されており、その中にはマカオで初めてのものもあります。また、最新のゲームを搭載した約2,000台のスロットマシンもあります。そして、それだけではありません。

パリジャンの付加価値は、サステナビリティへの取り組みです。実際、エッフェル塔の照明はすべてLEDで、水の使用量も少なく、他のリゾートに比べて40%も節約しています。

この新しいカジノは、環境に配慮した建物に与えられるLEED認証の資格を持つ、市内初のカジノになるかもしれません。

昨年8月以降、マカオのギャンブル収入はようやく増加に転じましたが、サンズグループは中国のギャンブルの中心地での激しい競争に参入するために、リスクを冒しています。

いずれにしても、サンズ・グループはこの小さなパリに多くの観光客を呼び込みたいと考えている。

オンラインカジノカテゴリの最新記事