ホランド・カジノは2020年に5,880万ユーロの損失を記録!しかし将来は明るい

ホランド・カジノは2020年に5,880万ユーロの損失を記録!しかし将来は明るい

ホランド・カジノは、2020年の年次報告書を発表しました。
その中で、運営会社の収益が2019年に比べて53.8%減の3億3,300万ユーロになったことを明らかにしました。

新型コロナウイルス(Covid-19)のパンデミックに関連した制限を受けて、14の会場が年間71日しか営業していない状態により、来場者数は2019年比の60.0%減の250万人となりました。
新型コロナウイルスの影響により度重なる閉鎖を余儀なくされ、その分大きなプレイヤーの人数となってしまいました。

しかし、1回あたりの平均消費額は、2019年には117ユーロから133ユーロへと13.7%増加しました。これは、ホランド・カジノによると、「異なる訪問者の組み合わせ」によるものです。
そのため、何度も利用している方が違う方と何度も利用したことと、1回に使われる費用が多かったということです。

運営会社の3億3,300万ユーロの収入のほとんどは、スロットマシンが1億8,590万ユーロ、テーブルゲームが1億2,470万ユーロ、チップが1,070万ユーロ、飲食が1,030万ユーロ、その他の収入が140万ユーロとなっています。

ゲーミング税も減ってしまい、53.8%減の9,450万ユーロとなりました。
このうちオペレーターは、7,490万ユーロを繰り延べることができました。

2019年に4億4,250万ユーロから3億1,800万ユーロに減少した営業費用と合わせると、税引前損失は8,070万ユーロとなりました。これに対し、2019年の税引前純利益は8,690万ユーロでした。

その後、ホランド・カジノは21.9百万ユーロの所得税を得て、最終的に58.8百万ユーロの損失となりました。

しかし、ホランド・カジノは流動性の高い財務的に強い企業であり、将来に向けた戦略的な投資を続けていると述べています。

事業会社の最高経営責任者であるエルヴィン・バン・ランバート氏は、「我々は事業の結果に満足しています。

事業会社の最高経営責任者であるエルヴィン・バン・ランバートは次のように述べています。「これは、一般市民の回復力、政府の一般的な支援策、コスト管理への注力、そして将来に向けた明確な戦略的投資のビジョンによるものです。私たちは共に、この危機の結果を常に予測することができました」と述べています。

2020年12月から閉鎖されていたオランダのカジノは、2021年1月初めにパイロットプログラムの一環として、2021年1月中旬から徐々に再開させることを発表しました。
2021年4月現在は、徐々に様々なカジノが運営再開となっています。

2021年4月24日(土)と25日(日)の週末には、オランダ国内の6つの事業者の会場を1日だけ開放することが認められており、24日(土)にはエンスヘデ、フェンロ、ブレダのカジノが、2021年4月25日(日)にはアムステルダム・ウェスト、ユトレヒト、レーワルデンのカジノが開放されます。2021年4月25日(日)には、アムステルダム・ウェスト、ユトレヒト、レーワルデンのカジノが営業を開始します。
いよいよ、本格的な再開となり多くの収入が見込めるというのが、今後の運営は明るいと予測しているようです。

新しい規制により、カジノにお越しになる方は予約証と新型コロナウイルスCovid-19検査の陰性証明書をお持ちいただくことが追加されました。
これは、新型コロナウイルスの影響が治まるまでは必要となってしまうので、仕方のない対策といえるでしょう。

運営会社は、より早く会場を再開するために、新型コロナウイルスCovid-19検査が機能するかどうか、新しいシステムをテストする予定となっています。
新しいシステムにより、カジノは密な空間でも安全に楽しく遊ぶことができる場所にしていくことが、目的といえます。
資金を潤沢に持っているホランド・カジノは、新型コロナウイルスの影響に負けない運営をしていくといえるでしょう。

ブックメーカーカテゴリの最新記事