GiGは、第2四半期の成長を実現する「B2B変身」を称賛!「多くの戦略的指令」を実施

GiGは、第2四半期の成長を実現する「B2B変身」を称賛!「多くの戦略的指令」を実施

ゲーミング・イノベーション・グループ(GiG)は、業界をリードするグローバルティア1 B2Bサプライヤーになるという新たな野望を達成するために、「多くの戦略的指令」を実施したとしています。

GiGは2020年第2四半期のトレーディングステートメントを発表し、「四半期ごとの成長を継続」し、「グループ収益が47%増の1670万ユーロ(2019年第2四半期-1130万ユーロ)」になったことを指摘しました。

ベットソンABの第1四半期の取引でB2Cポートフォリオをすべて売却したことを受けて、GIGは現在、「プラットフォーム」、「スポーツベッティング」、「メディア」の3つのコアビジネスバーティカルで構成される簡素化されたB2Bフレームワークで事業を展開しています。

会社の成長モメンタムを維持するために、GiGはメディアサービス部門の持続的なパフォーマンスを強調し、2019年第2四半期の結果と同様に860万ユーロの収益を達成した。

GiG社は、COVID-19やグーグルの2020年5月の検索アルゴリズム更新などの逆風にもかかわらず、「有料メディア」資産によって初回預金(FTD)の顧客を27%増加させることができたことを強調した。

一方、GiG社が再編したプラットフォーム部門の収益は、同社の新しい営業体制とニュージーランドのスカイシティとのパートナーシップの成功に支えられ、820万ユーロ(2019年第2四半期:420万ユーロ)に急増しました。

プラットフォーム部門の強い商業的展望を裏付けるように、GiGは取引期間中にさらに4つの新しいB2Bパートナー契約を確保しました。

ストックホルムに上場しているテクノロジーサプライヤーであるGiG社は、新しいB2Bスポーツベッティング部門の再構築を続けています。このユニットは、世界的なスポーツイベントの終了により業績が影響を受け、10万ユーロ(2019年第2四半期:30万ユーロ)の収益を記録しました。

このユニットは開発の初期段階にあり、GiGはリソースをサードパーティサプライヤーの統合に集中させているという。GiGは「スポーツブックにとらわれないプラットフォーム」を提供するという製品ビジョンを維持している。

この取引を通じて、GiG社はB2Bビジネスに焦点を当て、グループのコスト管理と節約の取り組みを継続しました。

それにもかかわらず、GiG社は2020年第2四半期の営業費用が4%増の850万ユーロ(2019年第2四半期:820万ユーロ)になったと報告しましたが、これは主にリストラ費用によるものです GiG社は、会社の労働力と技術リソースの削減を含む大幅な節約を確保したことを強調しています 会社は、会社の労働力と技術リソースの削減を含む大幅な節約を確保したことを強調しています。これは、貿易年度の下半期にコーポレートEBITDAの節約を実現するための取り組みです。

GiG社は、2020年第2四半期の取引実績を発表し、グループEBITDAは280万ユーロとなりました。これは、2019年第1四半期の対応する数値である150万ユーロに対して93%の増加となります。

さらに重要なこととして、GiG・ガバナンスは投資家に対して、B2C資産の売却の一部として承認されたスウェーデンの債務者に対する同社の3億クローネ(2,700万ユーロ)の債券の早期返済が、グループの将来のEBITDAパフォーマンスをさらに向上させることを強調しました。これにより、当グループの将来のEBITDAパフォーマンスはさらに向上するでしょう。

今回の業績について、GiG社のCEOであるリチャード・ブラウンは次のように述べています。「私たちは、この結果に大変満足しています。第2四半期の業績には満足しています。」

この結果について、GiG社のCEOであるリチャード・ブラウン氏は次のように述べています。「私たちは第2四半期の業績に満足しています。「2020年第2四半期は、B2B専門会社としての第1四半期として、GiGにとって順調なスタートを切りました。四半期ごとの契約締結により、一流の製品を所有していることに加えて、戦略的に成長と繁栄を続けることができる企業であるという自信がさらに高まりました。今後数年間は、当社の提供するポートフォリオ全体で株主価値を提供していきます。」

ブックメーカーカテゴリの最新記事