Aランクウマ娘はこう育ててみよう!ステータス特化が育成の鍵

Aランクウマ娘はこう育ててみよう!ステータス特化が育成の鍵

今月のテーマは「Aランクの馬娘の育成」です。このゲームをプレイしている調教師の方ならわかると思いますが、Aランクの馬娘を調教するのはかなり難しいです。……。

同じように悩んでいる方もいますが、コツを掴むことでAランクの馬娘を何頭も育てることができるようになります。今回の記事では、「Aランクの馬娘を作るにはどうしたらいいのか」という疑問に対する秘密の解決策を紹介したいと思います。

高いお金を払わなくても、無課金や低額課金ユーザーでもできますよ。

まずは、4凸の強力なサポートを借りる

いきなりですが、これは前提条件です。

ツイッターで何か探してみてください。できれば、4凸ファインモーションがいいです。

トレーナー白書の第1回目の記事は、サポート4凸フレンズを欠かさず探すことです。いつもお世話になっていますので、よろしくお願いします。
他の強力なサポートでもできると思いますが、執筆時点で私が育成したAランク馬娘はすべてフレンドの4凸ファインモーションを借りて育成していますので、この記事で紹介している方法を実践するのであれば、そこから始めることを強くお勧めします。

Aランク以上を作るには特訓が一番簡単

評価の高い馬娘を繁殖させる上で最も重要な要素の一つは、その馬娘の総合的なステータスです。これまで、私が交配した馬娘のサンプルを見てみると、総合値が高いほどランク評価も高くなっています。

当然のことながら、ステータスの合計値を上げるためには、増加値の高いトレーニングが必要です。そして、増加値が高いトレーニングとは、レベルが高いトレーニングのことです。

このゲームでは、対応するトレーニングを4回行うごとに、そのトレーニングのLvが上がり、同じトレーニングを行えば行うほどLvが上がり、効率が良くなります。トレーニングを行えば行うほど、トレーニングのLvが上がり、より効率的なトレーニングを行うことができます。また、通常のトレーニングよりも効果が高いと言われている「友情トレーニング」も、トレーニングレベルに依存しているため、高評価の馬娘を育てるにはトレーニングレベルを上げることが必須となります。

つまり、さまざまな特訓をバランスよく行う「バランス特訓」よりも、いくつかの特訓を連続して行う「特訓」のほうが、高Lvの特訓が増え、結果的にステータスの合計値が高くなる可能性が高いのです。そのため、ウマ娘をAランク以上の高評価で育成するためには、特訓を利用することをおすすめします。

「賢さ」+「速さ」+「何か」で鍛える

高いLvで特訓するためには、特定のタイプの特訓に集中する必要があります。しかし一般的には、1つのパラメータだけを向上させてもレースには勝てないので、複数のタイプのトレーニングを行う必要があります。そこで、個人的には「賢さ」+「スピード」+「何か」の組み合わせをお勧めします。

まず、賢さのトレーニング。これはスタミナを回復する唯一のトレーニングで、トレーニング回数も稼ぎやすいです。また、スタミナを微調整して故障率を下げることができるので、トレーニングフローにスマホのトレーニングを取り入れることで安定性が増します。

そして、ここで先に述べた4凸のファインモーションが活躍します。彼女の能力は、賢者の友トレを行う際のスタミナの回復値を高めるもので、4凸で回復値が5から10へと倍増します。彼女をデッキに入れるもう一つの理由は、彼女が「善行」を得ることで修行の失敗率が下がることですが、彼女を使う以上、「知恵の修行」は必ず入れておきたいところです。

4 凸凹ファインモーションの友情トレーニングの回復量アップは熱いですね。また、右の画像の一番下の選択肢では、「タッチングX」が出ます。
もうひとつは「スピードトレーニング」。これは気分的なものですが、ほとんどの距離のレースでは、ある程度のスピードがないと勝てません。そのため、目標とするレースに勝ち、クリアするためには、スピードトレーニングが欠かせません。

そして最後に、「パワー」と「スタミナ」のトレーニングをおすすめします。

まず、パワーのトレーニング。これは、短距離から1マイル、1マイルから中距離までの馬娘を鍛えることをお勧めします。これらの距離ではスタミナはそれほど重要ではありませんし、中距離レースでもスタミナC~Dレベルに加えて「弧のマエストロ」などの持久力スキルがあれば十分に補えます。

また、これは感覚的なものですが、レースでは追い込みや追走のスキルがあるとパワーで勝ちやすくなりますので、これらの項目に秀でたウマ娘はパワーも高いはずです。これらの項目に秀でたウマ娘は、パワーも高いはずです。

これは、賢くて速くて力持ちになるように飼育されている馬の例です。グラスワンダーのように、邪魔をするのが得意なウマ娘は、もっとパワーがあるはずです。

一方、中・長距離レースを得意とするウマ娘には、スタミナトレーニングがおすすめです。これらのウマ娘は、目標とするレースで菊花賞や天皇賞(春)などの長距離レースも走るので、高いスタミナが求められます。また、長距離の団体戦では、スタミナが勝率に直結するため、長距離レースで他人に勝てるウマ娘を育てるためには、スタミナの鍛錬が欠かせません。

また、ランナーやフロントランナーにはパワーはあまり重要ではありませんので、このプランは、中距離レースを走る馬娘で、ランナーやフロントランナーでもある馬娘の育成にも有効です。このプランに最適なのは、シンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ダイワスカーレットです。

これは、スマートさ+スピード+スタミナのトレーニングの例です。ダイワスカーレットはマイル用に育成された馬なので、スタミナトレーニングの重要性はかなり低くなります。
どちらの方法も根性が低くなりがちですが、正直なところ、根性は低くなくても大丈夫です。ガッツがなくても、「弧のマエストロ」のような高いスタミナと持久力があれば、レースに勝つことができるのです。

各トレーニングの重量は同じである必要はなく、走る距離に応じて微調整すればいいのです。もちろん、サポートキャラクターとの絆を深め、友情トレーニングを目指すという基本も忘れないでくださいね。

サポートタイプの数は3種類程度に抑える

デッキに入れるサポートタイプの数を少なくするのもいいでしょう。そうすることで、狙った友情特訓がしやすくなり、特訓の効率も良くなります。

デッキの組み方の一例をご紹介します。スピード3」+「スタミナ2」+「賢さ1
例えば、「知恵」+「スピード」+「スタミナ」のデッキは、以下のようになります。 スピード2~3、スタミナ2~3、知恵1~2 ただし、「知恵」+「スピード」+「パワー」の場合でも、「スーパークリーク」と「アークのマエストロ」を重ねることは可能でしょう。その場合は、パワーのサポートも加えて4タイプにするケースもあると思います。

優れた因子でステータスを上げる

高い評価を得るためには、継承によるステータスの底上げも欠かせません。継承で効果的にパラメータを上げるためには、速さ3などの青い因子が3つ必要です。 手元にあるのがベストですが、ない場合は有能なフレンズの因子に頼るのも手です。

能力のレベルを上げるためには、青の因子3*に頼りたいところです。
継承にはいろいろな要素がありますので、ここではあまり詳しく説明しませんが、とりあえず、相性は◎、青の因子は3☆、できればURAのシナリオ因子を目指しましょう。これがおすすめの方法です。

おわりに

以上、Aランク馬娘の育成論でした。

まとめますと、以下の内容となります。

・4凸のサポートを借りる。細かい動きが理想。
・ウマ娘のLvを上げて、ステータスの総合値を上げる。
・育成は3種類くらいがおすすめ。賢さ」+「速さ」+「(スタミナorパワー)」です。
・自分のトレーニングに合わせてサポートタイプを絞り込みましょう。
・3つの青い要素を使って、ステータスをアップさせましょう。持っていない人は借りましょう。

海外競馬カテゴリの最新記事