陸上ベースのシャットダウンが第3四半期にスヴェントスペルを圧迫!

陸上ベースのシャットダウンが第3四半期にスヴェントスペルを圧迫!

スヴェンスカ・スペル社の第3四半期の収益は、ゲームおよびロト部門の成長が、カジノ・コスモポリタンネットワークの継続的な停止とランドベースのスロット数の減少を緩和することができなかったため、前年同期比で8.2%減少しました。

9月30日までの3ヶ月間の収益は18億5,000万ポンド(1億6,130万ポンド、1億7,850万ユーロ、2億1,100万ドル)に減少しました。

当四半期において、カジノ・コスモポルの会場は、新型コロナウイルス(Covid-19)の影響により、3月29日に初めて閉鎖されたままとなり、サンズバー・カジノは8月に全面閉鎖されることが発表されました。

スヴェンスカ・スペル社のラスベガスのスロットネットワークも影響を受けました。Covid-19の結果、マシンをホストする100以上の会場が一時的に閉鎖され、ウイルスの拡散を防ぐために一部のマシンが停止されました。また、マシンは一時的にお客様のご利用が制限されました。この結果、カジノ・コスモポル & ベガス部門の売上高は58.7%減の177百万スウェーデンクローネとなりました。

規制対象となったオンライン製品を含む「スポーツ&カジノ」部門も、週当たり5,000クローネの支出上限の影響を受けました。これらの規制がカジノ収益に影響を与えたにもかかわらず、同部門の収益は実際には6.5%増の490百万クローネとなりました。

スヴェンスカ・スペル社は、オンラインカジノの落ち込みは、ライブスポーツの復活によって相殺され、スポーツベッティング活動は2019年のレベルに戻り、プールベッティングとフィックスドオッズベッティングの両方からの収益が増加したと説明しています。

何か-これは議論の余地がありますが-競馬のベッティング商品である「トロット&ギャロップ」の発売後、さらなる成長が認められました。しかし、スヴェントスペル社によると、この商品は9月中旬に稼働したばかりで、そのため第3四半期の収益には「わずかな」影響しかありませんでした。

前年同様、スヴェンスカ・スペル社の宝くじ部門は収益の大部分を占め、5.2%増の11.8億クローナとなりました。第3四半期においては、ユーロジャックポットの高額当選により商品売上高が34百万クローネ増加し、ケノおよびケノエクスプレスなどのゲームも前年同期比で増加しました。

オンライン・チャネルは、オンショアの閉鎖により収益の増加に貢献しました。当四半期のスヴェンスカ Sp. z o.o.の売上高に占めるオンライン・チャネルの割合は、小売店売上高の41%から48%になりました。ゲーム機は10%、その他は1%でした。

また、ゲーム機が設置されているレストランとのレベニューシェア契約および販売会社への機器のレンタル料に より、30.9%増の72百万クローネの売上を計上しました。

ゲーム事業に360百万クローネ、ゲーム関連費用に260百万クローネを支払った後、スヴェンスカ Sp. z o.o.のゲーム事業からの純収入は8.0%減の130億クローネとなりました。

当四半期において、当事業は人件費および営業費用を削減しましたが、カジノコスモポール・スンツバルの清算のための81百万クローネを含む、償却費および資産評価損の増加により相殺されました。売上高の減少と相まって、営業利益は16.9%減の531百万クローネ、金融項目後の営業利益は16.9%減の527百万クローネとなりました。

86百万クローネの税金を考慮した後、スヴェンスカ・スペル社の四半期の純利益は341百万クローネで、63.9%減少した。ただし、前年度の利益である12億2,000万クローネには、6億8,700万クローネの繰延税金資産のおかげで5億9,000万クローネの税効果が含まれています。

運営会社の最高経営責任者であるパトリック・ホフバウアーは、3つの部門のうち2つの部門での進展を強調し、ランドベースの収益が大幅に減少したにもかかわらず、事業は利益を維持していると述べました。

ホフバウアー氏は、「当社のスポーツゲームは非常に順調に進んでおり、ナンバーゲームや宝くじの収益も増加しています。グループ全体の収益が減少しているのは、当四半期中に物理的なカジノを閉鎖したためです。

“それにもかかわらず、グループ全体では利益を上げており、これは力強さと安定性の表れです」と述べています。

スヴェンスカ・スペル社の9月30日までの9ヶ月間の収益は、前年同期比9.1%減の55.5億クローネでした。ゲーム税および収益関連費用を差し引いた純収益は、5.6%減の40億2千万クローネとなりました。

人件費、外注費、償却費および評価損を控除した後の営業利益は、実際には前年比で若干増加し、17億1千万クローネとなりました。しかしながら、前年度の繰延税金資産により、2019年の純利益との比較が再び歪んでおり、2020年までの合計では35.3%減の13.3億クローネとなりました。

ブックメーカーカテゴリの最新記事