UKGCはフェイスブックのリンクアップを介してソーシャルメディア広告ガイダンスを作成!

UKGCはフェイスブックのリンクアップを介してソーシャルメディア広告ガイダンスを作成!

英国ゲーミング委員会(UKGC)は、フェイスブックと提携し、ソーシャルメディア上でギャンブル関連の広告が見られる機会を制限し、ソーシャルメディアユーザーへのリーチを拡大することを目的としたガイダンスを策定しました。

このガイダンスは、ソーシャルメディアにおけるギャンブル関連のメッセージングや広告に関連するリスクを軽減することを目的としています。本ガイダンスでは、ユーザーがフェイスブックの安全ツールや設定を利用して、ニュースフィードに表示される広告をコントロールする方法を説明しています。

UKGCの最高責任者であるニール・マッカーサーは、次のように述べています。 ギャンブル関連のコンテンツや広告が、それらの個人の目に触れないようにします。

フェイスブックと提携してこのガイダンスを作成したことは、消費者に明確で実行可能なアドバイスを提供する上で歓迎すべきステップです。これにより、プラットフォームを利用する際に表示されるギャンブル関連コンテンツの量が減ることを期待しています。

今回のパートナーシップで提供されるガイダンスには、以下の情報が含まれています。

広告の非表示 – ユーザーは、関連性を確保するためにニュースフィードから表示される広告をコントロールできるようになり、「なぜこの広告が表示されているのか?特定の広告主の広告をすべて非表示にすることができるようになります。
広告設定ツール – この機能内の様々なセクションでは、ユーザーが最近広告を見た広告主を確認したり、事前に設定したいくつかのトピックで広告を少なく表示することを選択することができます。
データ管理 – 上記の機能を利用して、ユーザーは、プロフィールに記載されている特定の属性に基づいてターゲットを絞ることができるかどうかなど、フェイスブックkの内外で広告を表示するために自分のデータがどのように使用されるかをコントロールすることができます。
今年初め、UKGCは広告技術の課題を業界に提示しました。これにより、ギャンブル企業は、オンラインでのギャンブル広告への脆弱な視聴者の露出を減らすことを目的とした一連の新しい慣行に取り組む姿勢を強めました。

フェイスブック社のグローバルゲーミング担当副社長であるリック・ケリーは次のように述べています。

「当社は、ギャンブル委員会と提携して、事業者が責任ある広告キャンペーンを実施し、サービスを利用する人々を保護することを支援できることを嬉しく思います。

今年の夏、ベッティング・リーダーシップは、セーフ・ギャンブル・アクション・プランを発表しました。この計画では、ソーシャルメディアのプラットフォーム上で賭け事やギャンブル関連のコンテンツを閲覧する若者を保護するための新しいセーフガードを導入しています。

業界団体であるベッティング・アンド・ゲーミング・カウンシル(BGC)によって提案された新しい保護措置は、社会的に責任のある広告のための第6次産業コードを形成し、10月1日からBGCのメンバーによって採用される予定です。

BGCのメンバーは、広告、メッセージング、プロモーションを含むギャンブル関連のコンテンツを表示する前に、ソーシャルメディアでの身元確認プロセスを通じて、すべての視聴者が「年齢制限」されていることを確認することが「標準慣行」となります。

BGCは、この新しい指令を支持するとともに、今後も「業界ワーキンググループ」を維持し、広告会社、テクノロジー、メディアの所有者と協力して、基準を守り、弱い立場にある視聴者を保護するためのアドテクノロジー機能を向上させていくことを強調しています。」

ブックメーカーカテゴリの最新記事