ソーク・スイトル部族のカジノが長い待ち時間の中オープン日を迎える

ソーク・スイトル部族のカジノが長い待ち時間の中オープン日を迎える

ラストチャンス・カジノ&ビンゴ」は、今月中にオープンする予定です。周りの環境に配慮し、素朴な雰囲気をメインテーマとしています。

長い待ち時間の中でオープンとなるソーク・スイトル部族のカジノ

ソーク・スイトル部族は、2年前からカジノのオープンを目指しています。今から数週間後、ついにそれが現実のものとなります。

数々の挫折を経て、今年初めにショールウォーター・ベイ部族との提携に成功したことで、ようやくプロジェクトが軌道に乗りました。

ダリントンから6マイル離れた場所に建設されるこのカジノには、188台のスロットマシンと65席のビンゴマシンが設置される予定です。また、カフェや小さなバー・ラウンジも計画されています。

このカジノでは、最大で50人の新規雇用が創出される見込みです。

また、ホワイトホース・リワードというクラブカードプログラムも導入されます。

駐車場からホワイトホース山が見えることから、カードのロゴは山を背景にしたカヌーと、ホワイトホース山を意味する「ソバ・リ・アリ」の文字になるという。

アイテムだけでなく、カジノ全体の雰囲気でも部族の歴史を表現していきたいですね。そして、アイテムの意味や歴史について、好奇心を持って質問してもらいたいですね。

また、カフェのビッグフットバーガー、地元の醸造所のビッグフットブリュー、ビッグフットバックスのプロモーションなど、ビッグフットにちなんだものもたくさん用意されています。

このカジノは、ワシントン州ダリントン市の3218チーフ・ブラウン・レーンに1ヶ月間オープンする予定です。

オンラインカジノカテゴリの最新記事