ヴェイッカウスが10月からアカウントベースのスロットプレイをパイロット

ヴェイッカウスが10月からアカウントベースのスロットプレイをパイロット

フィンランドの国営ギャンブル会社であるヴェイッカウス社は、今年の10月から一部のスロットマシンに本人確認の義務化を導入し、2021年1月からはこの管理をネットワーク全体に展開する予定です。

フィンランドの宝くじ法の改正により、2023年には国内のすべての小売ギャンブル場で本人確認が義務化されますが、ヴェイッカウス社はその時期を前倒しすることを求めています。事業者はすでに、2021年1月からフィール・ベガスのアーケードとペラモのアーケードにこの措置を導入することを約束しています。

また、来月には試験的なスキームが開始される予定です。このスキームでは、義務的な本人確認、つまりアカウントベースのプレイが、全国の約100の端末で導入される。

これらの端末でプレイする消費者は、ヴェイッカウス社のプレーヤーカード、承認されたモバイルアプリケーション、または事業者の顧客データベースに接続された銀行カードを使って本人確認を行う必要があります。

また、この本人確認方法は、2020年末までに発売されるヴェイッカウス社製の新しいスロットゲームにも適用されます。プレイヤーは、「ゴールドポー」、「ランプライター」、「バイアダクトの山」などの新タイトルへのアクセスを許可される前に、本人確認が必要となります。

本人確認の義務化は、ギャンブル依存症の予防を目的としたVeikkausの最も重要かつ責任ある施策の一つです」と、ヴェイッカウスのチャネルセールス担当ディレクターのジャリヒーノは述べています。秋には、本人確認機能を検証するための試験運用を行いたいと考えています」と述べています。

ヴェイッカウス社によると、本人確認の義務化は、スロットにおけるアカウントベースのプレイへの移行を事実上意味し、ギャンブル依存症予防のための新しいツールの導入を可能にします。これには、マシンと自己排除システムとの連携も含まれます。これは、プレイヤーが自分の端末から直接アクセスをブロックできることを意味しています。

店舗、キオスク、交通機関の駅、レストランなどに設置されているヴェイッカウス社のすべての分散型スロットでは、来年1月末までに、ギャンブルをする前にお客様の身元確認が必要となります。

これが義務化される前に、できるだけ多くのスロットマシンプレイヤーに登録していただきたいと考えています」と平野氏は語る。現在、登録されているスロットマシンプレイヤーは全体の約10%に過ぎません。認証されたプレイヤーにのみゲームを提供することで、1月までに登録率を高めることを目指している。

また、ヴェイッカウス社は、スロットマシンだけでなく、他のギャンブルでも本人確認を義務化することを検討するよう、フィンランド政府に要請しています。

運営会社は、来年6月までにすべてのゲーミングホールとフィール・ベガスの店舗に本人確認の義務化を導入することを目指しています。また、この措置は、2021年春までにカジノ・ヘルシンキ、2021年12月にオープンするカジノ・タンペレの新店舗にも適用される予定です。アカウントベースのプレイは、スクラッチカードを除く他のすべての商品に順次展開されます。アカウントベースのプレイは、スクラッチカードを除く他のすべての商品に徐々に展開されます。

本人確認の義務化は、ヴェイッカウス社がギャンブル依存症とそれに関連する害に取り組むための広範な計画の一環です。これには、2020年末までに8,000台のスロットマシンをオフラインにすることが含まれます。これは、これまで同社が撤退するとしていた台数の2倍以上にあたります。

エコノミック・リサーチ社の最近の調査によると、フィンランドの人口の約2.3%(約95,000人)がギャンブル依存症にかかっていると推定されています。

ヴェイッカウス社は、先月、新型コロナウイルス(Covid-19)による混乱と社会的責任の厳格化が相まって、2020年には3億ユーロもの利益が減少する可能性があることを明らかにしましたが、今後も最善を尽くしていくと述べています。今回の試算は、独占的な状況により上半期の総売上高が28.1%減、利益が33.6%減となったことを受けたものです。

ブックメーカーカテゴリの最新記事