トルネード・キャッシュ:ディボンヌ・レ・バンのパートゥーシュ・カジノが発売した新しい「自作」マシン

トルネード・キャッシュ:ディボンヌ・レ・バンのパートゥーシュ・カジノが発売した新しい「自作」マシン

土曜日の夜、ディボンヌ・レ・バンにあるカジノ「パルトゥーシュ」では、新しいアトラクション「トルネード・キャッシュ」が導入されました。そのコンセプトには驚かされました。

トルネード・キャッシュ」は、ゲーミングマシンのマネージャーであるジャン・プラット氏が、2人の技術サービススタッフの協力を得て開発したものです。

原理は簡単です。プレイヤーは、電話ボックスのような透明なブースに閉じ込められます。電話ボックスのような透明なブースに閉じ込められたプレイヤーは、換気口から床に落ちてくる紙幣を吹き飛ばします。プレイヤーは、30秒以内に10ドル、20ドル、50ドルのお札をできるだけ多くキャッチしなければなりません。そして、獲得した金額を持ち帰ることができるのです。

これは、ヨーロッパではまだ珍しいアトラクションです。カジノやデパートにはあるかもしれませんが、苦労して手に入れたお金を持ち帰ることができるというのは、ヨーロッパではまだ珍しいことなのです。また、すべてのゲームはアメリカから輸入したものではなく、施設の技術スタッフが設計したものです。

“ゲーム “といっても、そんなに単純なものではありません。例えば、床や壁に落ちているお札を拾ってはいけない、とか。例えば、床や壁に落ちた紙幣を拾ったり、ポケットや胸の谷間、靴の中に入れたりしてはいけません」と、ディボンヌ・レ・バンのカジノのCEOであるブノワ・ガベン氏は説明します。

このため、カジノでは、ゲームのルールとブースで吹く金額を決め、それを廷吏に送ることにしました。

土曜日の夜、「トルネード・キャッシュ」は総額5,000ユーロで発足しました。トルネード・ボラ」に参加した800人のうち、抽選で2人が当選し、2人はそれぞれ180ユーロと780ユーロを手にしてブースを後にしました。

ちょっとした工夫とテクニックで、このゲーム機で大金を手にすることができるんですね。これは、とても魅力的なことです。

オンラインカジノカテゴリの最新記事