カラブリアのマフィア「ンドランゲタ」の資産22億ドルを押収!

カラブリアのマフィア「ンドランゲタ」の資産22億ドルを押収!

先週、イタリアの司法当局は、ギャンブルや賭け事の分野で活動しているカラブリアのマフィア「ンドランゲタ」の資産22億ドルを押収しました。

実際、同グループを捜査する反マフィア司法官は、海外(マルタ、オーストリア、ルーマニア、スペイン)で営業している11社を含む、1,500の賭博場、82のウェブサイト、56の会社を押収しました。

また、検察当局は23人に対し、自宅謹慎や警察への出頭義務など41件の逮捕状を発行したと、イタリアの日刊紙「ラ・レプブリカ」は説明しています。

これらの人物は、マネーロンダリングと、ギャンブルや賭け事に関する同国の規制を回避した罪に問われています。

彼らは、この分野の法律を回避して大きな利益を得て、その利益を新しい会社やライセンスの取得に再投資して、活動をさらに拡大していた」と警察の声明は説明しています。

ベットユニックの創設者であるマリオ・”マリオリーノ”・ジェンナーロが逮捕されました。38歳のマリオ・”マリオリーノ”・ジェンナーロは、すでにマフィアのドランヘタと密接な関係を持っていることで知られていました。

38歳のマリオ・”マリオリーノ”・ジェンナーロは、すでにマフィアのドランヘタとの密接な関係で知られていました。マルタを拠点とする彼の会社は、ライセンスなしに500以上のゲームポイントを開設し、イタリアの税金を逃れ、マネーロンダリングを行っていました。

このように解体されたにもかかわらず、このマフィアグループは依然として強力な力を持っており、約6万人もの人々がその販売に関わってきました。この組織は30カ国以上に存在しています。

オンラインカジノカテゴリの最新記事