ロボットをディーラーにするのはどうでしょうか?「ミン」というロボットがカードを配る!

ロボットをディーラーにするのはどうでしょうか?「ミン」というロボットがカードを配る!

ゲームの世界では常に新しい技術が導入されていますが、今度はロボットがカードを配ることになりました。

香港に拠点を置くパラダイス・エンターテイメント株式会社は、2015年にに本物よりも優れたロボットを展示しました。同社によると、「ミン」と名付けられたこのロボットは、カジノの風景を完全にひっくり返すことができるという。今のところ、彼女はカードを分類して配るだけですが、それもすぐに改善されるでしょう。さらに、顔認識機能を使って、あなたの母国語で話しかけてくれるようになるそうです。

意外で怪しいと思われるかもしれませんが、この試作品は需要に応えたものであり、見かけほど荒唐無稽なものではありません。米国のいくつかの州では、ディーラーとして働くことが禁止されているか、労働力としては高すぎると考えられています。ブルームバーグによると、マカオ工科大学の研究者であるカルロス・シューなど多くの専門家によると、管轄を避けてお金を稼ぐための良い選択肢になり得るという。

さらに、ミンの効率の良さも見逃せません。彼女は平均して、人間より30%多くのカードを配ります。では、時間通りにゲームが行われれば、それだけでこのサービスの有効性をプレイヤーに納得させることができるのだろうか?

なぜなら、技術的には素晴らしいものであっても、このロボットをより「人間的」にするためには、まだまだやるべきことがあるからだ。今にして思えば、ちょっと怖い気もします。喋らずに一人でプレイしたいのであれば、電子ゲームテーブルがすでに存在していることを考えると、このロボットの妥当性は理解できない。

しかし、これが現実のものとなる可能性があることも事実です。現在、複数の購入希望者がパラダイス・エンターテイメント社と話し合いを行っています。

さて、あなたはブラックジャックで「ミン」と対決する準備ができていますか?

オンラインカジノカテゴリの最新記事