歴史的なリビエラホテル&カジノの時代は終わりを告げた!解体を全会一致で承認!

歴史的なリビエラホテル&カジノの時代は終わりを告げた!解体を全会一致で承認!

2015年7月下旬、ラスベガス・グローバル・ビジネス・ディストリクト委員会は、神話的建造物であるリビエラ・ホテル&カジノの取り壊しを全会一致で承認しました。

1955年4月20日にオープンしたこのカジノは、ラスベガス初の高層ホテル・カジノでした。ラスベガス初の高層ホテル・カジノだったこともあり、近隣住民の入場者数の減少により徐々に人気が低下し、2015年5月に閉鎖されました。

このカジノは、「オーシャンズ11」(1960年)、ロバート・デ・ニーロ主演の「カジノ」(1995年)、「21」(2008年)、「ハングオーバー」(2009年)など、数多くの映画のロケ地となったことで知られています。

正確な解体時期は2015年6月に判明し、費用は約4,200万ドルになる予定となっていました。

ラスベガス観光局(LVCVA)は、このカジノを取り壊すか、最大30ヶ月間無人にするかの選択を迫られました。しかし、LVCVAは築60年の建物に別れを告げることを決めました。

取り壊されると、ラスベガスのストリップ沿いには、オリジナルのカジノが2つだけ残ることになります。2つのオリジナルカジノとは、フラミンゴホテル&カジノ」と「サーカスサーカス」です。

その代わりに、75万平方メートルの展示スペースと18万7,500平方メートルのコンベンションスペースが新設されます。これにより、建設期間中に6,000人、永続的に6,000人の雇用が創出されました。

オンラインカジノカテゴリの最新記事