GiGは2020年に収益が34.8%増加するため、損失を削減します

GiGは2020年に収益が34.8%増加するため、損失を削減します

ゲーミング・イノベーション・グループ(GiG)は、前年比34.8%の増収とB2C事業の売却により、2020年度の包括的純損失の削減に成功しました。

2020年12月31日までの12ヶ月間の収益は、前年の4,410万ユーロに対し、6,300万ユーロ(5,440万ポンド/7,670万ドル)でした。

GiG社は、今年度の業績の詳細な内訳を発表していません。しかし、CEOのリチャード・ブラウンは、ゲーム業界にB2Bプラットフォームとメディアを提供するリーディングサプライヤーになるために、いくつかの「重要なマイルストーン」を達成したと述べています。

GiGの2020年のハイライトは、ニュージーランドに拠点を置くスカイシティ・エンターテインメントグループの子会社であるスカイシティ・マルタとの新しいオンラインカジノブランドの立ち上げでした。

また、GiGはジーニアス・スポーツ・グループの子会社であるベトゲニウスと戦略的パートナーシップを締結し、世界中の規制市場のオペレーターに完全に統合されたスポーツブックとプラットフォームのソリューションを提供しています。

さらに、GiG社は、年間を通じて様々な新規顧客とプラットフォームサービス契約や同様の契約を締結しました。その結果、収益が増加しました。

ブラウンは、「GiGがB2B専門会社として再出発したことが、チームと会社全体の努力により、このような素晴らしい通期業績につながったことを大変うれしく思います」と述べています。

当期の売上原価は300万ユーロ、売上総利益は6,010万ユーロ、営業費用総額は4,930万ユーロで、金利・税金・減価償却前利益(EBITDA)は1,070万ユーロ増加しました。これは前年比214.7%の増加となります。

減価償却費は1,210万ユーロ、買収した関連資産の償却費は730万ユーロとなり、GiGの金利・税引前損失は870万ユーロ(2019年:2,410万ユーロ)となりました。

金融費用は640万ユーロで、社債の損失やその他の収入を考慮した結果、GiGの金利・税金前の損失は1,560万ユーロとなり、前年の3,230万ユーロから増加しました。

GiG社は323,000ユーロの法人税を支払いました。この結果、継続事業の損失は1,590万ユーロとなり、2019年末に計上した3,300万ユーロの半分以下となりました。為替差損は1,790万ユーロに達し、2019年の包括的損失は6,620万ユーロとなりました。

GiG社によると、2019年の比較結果には、3,170万ユーロの非継続事業の損失が含まれており、これは主に、2020年4月に3,300万ユーロの取引でベッツィン社に売却した既存のB2C事業によるものです。 B2C資産には、「リズク、「ガッツ」、「カブー」、「スリル」のブランドが含まれていました。

B2C資産には、「リズク、「ガッツ」、「カブー」、「スリル」の各ブランドが含まれています。売上高とEBITDAの成長は、今年のこれまでに築いてきたものを証明するものであり、2021年後半以降に向けて、引き続き業績の向上と成長を期待しています。これらの結果に大変満足しています」とブラウンは述べています。

同サプライヤーは、第4四半期の業績も報告しています。この期間、収益は前年同期比66.4%増の1,730万ユーロとなりました。これには、GiG社が第3四半期に提携を開始した「スカイシティ」からの収益が含まれています。

第4四半期には、プラットフォームサービスの収益が88.4%増の810万ユーロ、メディアサービスの収益も30.0%増の900万ユーロとなりました。これは、12月の記録的な収益に支えられたものです。

スポーツベッティングの収益は第4四半期に200万ユーロに達しましたが、その間にベトゲニウス社との新たな戦略的パートナーシップが導入されました。これにより、GiG社のプラットフォーム技術とベトゲニウス社のエンドツーエンドのライブデータ、取引、リスク管理サービスが統合されました。

第4四半期には5つのブランドがGGSスポーツブックで運営され、さらに4つのブランドが2021年の統合に向けて準備中です。

当四半期の売上原価は0.83百万ユーロ、売上総利益は16.4百万ユーロ、営業費用は12.3百万ユーロ、EBITDAは4.1百万ユーロで、前年同期の91,000ユーロから増加しました。

減価償却費は280万ユーロで、GiG社は取得した関連資産に関連する償却費も150万ユーロ発生し、2019年第4四半期の680万ユーロの損失に対し、14万3,000ユーロの金利・税引前損失となりました。

金融費用を考慮した金利・税引前損失は360万ユーロで、前年の1,180万ユーロに比べて改善しました。GiGは5万8,000ユーロの税金を支払ったため、2019年の1,210万ユーロに対し、今期の継続事業の損失は370万ユーロとなりました。

非継続事業については、GiG社は44万9千ユーロの損失を計上しました。これは、前年の3,580万ユーロを大幅に下回り、当四半期の損失総額は420万ユーロとなり、前年第4四半期の49.2ユーロの損失から大幅に改善しました。

ブックメーカーカテゴリの最新記事