「売上税はドイツの再規制を破滅させるかもしれない」と報告書が警告!

「売上税はドイツの再規制を破滅させるかもしれない」と報告書が警告!

第一線の経済学者であるユストゥス・ハウカプ博士によると、ドイツで提案されているスロットの賭け金に対する8%の税金は、新しい国家賭博条約で定められたプレイヤー保護の目標を損ない、規制市場の成功を危うくするものであるとしています。

この報告書は、ハウカプが理事を務めるデュッセルドルフ競争経済研究所(DICE)が作成したものです。

この報告書は、ヘッセン州、ノルトライン・ヴェストファーレン州、バイエルン州、ベルリンの各州財務省で構成されるワーキンググループ「ドイツスポーツベッティング協会(DSWV)」と「ドイツオンラインカジノ協会(DOCV)」が作成したものです。これは、(DOCV)オペレーター協会が委託したものです。

ワーキンググループは、オンラインスロットの売上に8%、ポーカーの賭け金に5.3%の税金をかけることを提案しました。

一方、ドイツのギャンブルに関する4つ目の州条約である賭博の規制に関する国家条約(GlüNeuRStV)では、オンラインスロット、テーブルゲーム、ポーカーが初めて合法化されましたが、税率は設定されていません。

ハウカプの報告書では、この税金が「プレイヤーにとって合法的なギャンブルの魅力を失わせ、違法市場に駆り立てない」ことが重要だとしています。

しかし、スロットに8%の賭け金税を課すことは、まさにその通りになると主張しています。

この賭け金税は、ギャンブルを(合法的な事業者に)流すという目的を著しく阻害する」と書かれています。これは、8%の消費税が可能なペイアウト率を下げるからです」と説明しています。

“これにより、合法的なゲームの魅力や競争力が露骨に低下し、多くのプレイヤーが違法な市場でのプレイを好むようになります。

つまり、ドイツ市場はチャネリングの目的を達成できない可能性があり、その場合、プレイヤー保護対策の効果が薄れてしまいます。

また、オフショア市場が成長しないという誤解に基づいていた、とHaukapは続けます。

財務省のワーキンググループは、これまで違法だったギャンブルが増えないことを前提にしていたようです」と報告書は述べています。海外のデータや経験から、この仮定は現実的ではなく、間違っていることがわかりました。

“オンライン・ギャンブルの提供範囲は非常に広く、業界は非常に競争が激しい」と付け加えています。

さらに、ワーキンググループは、プレイヤー保護の観点から、高いレベルのプレイを阻止するために高い税金を設定しているようだと述べています。しかし、州条約には、すべての事業者が1ヶ月あたり1,000ユーロの入金制限を設けたり、スロットの賭け金を1ユーロに制限するなど、他にもいくつかのプレイヤー保護策がすでに盛り込まれているとのことです。

したがって、税金を使ってギャンブル依存症を制限しても、チャネリングへの影響を考慮する以前に、追加的な影響はほとんどないと考えられます。

報告書では、”ギャンブル依存症に課税することは、ギャンブル依存症対策にはならず、むしろこの目的を打ち消すことになる “と述べています。さらに、課税ベースが大幅に減少し、結果的に税収が減少することになる」と述べています。

報告書では、8%の株式税がスロットにとってどのような意味を持つかについても詳しく見ています。

RTP(リターン・トゥ・プレイ)率が96%のゲームで、従来と同じ税率で収益を上げるためには、RTPを88%に下げる必要があると指摘しています。

これはプレイヤーにとって「驚くべきこと」であり、「ゲーム活動が規制された市場から規制されていない市場へと移行することになる」と述べています。

正規のプロバイダーでギャンブルを続けている人は、同じ時間プレイするために、代わりに入金して、より多くのお金を失うことになるかもしれません。

一方、カジノがRTPだけでなくプレタックスも維持している場合は、ゲームで損をすることになります。

また、ルーレットやブラックジャックなどの多くのカジノゲームも同じ問題に直面するだろうと付け加えます。また、税金はプレイヤーに還元される金額に大きく影響するからです。

また、ハウカプ氏は、オペレーターがゲームから徴収するレーキは、ゲームに賭けられた総額のわずかな割合であるため、オンラインポーカーに賭け金税を課すことはあまり意味がないと主張しています。

報告書は、消費税の代わりに、総収入に応じて15〜20%に設定すべきだと結論づけています。

これが、高いチャネリング率と同時に高い税収を実現する唯一の方法である」と報告書は述べています。

ヨーロッパでは所得ベースの税金が主流で、平均税率は19%であると指摘しています。

この条約は、ドイツの16の連邦州の首相がすでに批准しています。

さらに、16州のうち13州の議会も承認する必要がありますが、各州はすでに移行体制を整えており、新条約が成立するまでの間、事業者は新条約の条項に基づいてオンラインスポーツベッティング、ポーカー、スロットを提供することができます。

ブックメーカーカテゴリの最新記事