世界最大のブックメーカー市場イギリス!日本人にもおすすめのブックメーカーとは

世界最大のブックメーカー市場イギリス!日本人にもおすすめのブックメーカーとは

世界最大のブックメーカー市場であるイギリスでは、オンラインべッティングのパイオニアです。
何十年もの間、世界のブックメーカー業界をリードしてきました。

イギリスのブックメーカーは、世界でも人気があります。

イギリスのブックメーカー人気の理由など、日本人にもおすすめできるイギリスのブックメーカーなども含めて、様々な角度から詳しく解説していきます。

イギリスのブックメーカーは何故人気があるのか

イギリスのブックメーカーは、ブックメーカー発祥の国だけあり様々な特徴があります。
どのような特徴があるのか、以下にご紹介いたします。

管轄当局の規制が非常に厳しい

べッティング王国のイギリスのブックメーカーは、管轄当局の厳しい規制を受けております。
そのため、安全性と信頼性が高く、安心してご利用ができます。

特にイギリスブックメーカーのトップブランドは、特に安全性と信頼性があります。
議論の余地なく、誰でも不安なく利用することができます。

面白い賭けがある

イギリスのブックメーカーには、スポーツ以外の賭けも可能です。
ユニークな賭けもあり、「ネッシーは本当に存在しているのか」などの面白い賭けもあります。
「次のジェームズ・ポンド役は誰なのか」や「東京オリンピックが予定通り開催されるか」など、他のブックメーカーにはない賭けをすることができます。

膨大なオッズとべッティング選択肢がある

膨大なオッズとべッティングの選択があり、他の国のブックメーカーと比べると楽しさがたくさん詰まっています。
ボーナスやキャンペーンも充実しており、ご利用しやすい点や面白さがありブックメーカーが多くあります。

イギリスのブックメーカーは日本でもご利用可能

イギリスのブックメーカーは、日本でもご利用ができます。
ブックメーカー発祥のイギリスのブックメーカーは、日本人対応しているブックメーカーが多くあります。

日本語での記載をはじめ、お問い合わせなどのサポートも日本語対応しているブックメーカーが多くあります。

そんなイギリスのブックメーカーの利用に対して、気を付けて欲しいポイントがあります。
それは、正式なライセンスを取得しているブックメーカーを利用することです。
イギリスのブックメーカーは、ライセンスを取得している企業が多くあります
しかし、中には正式なライセンスを取得していない、悪質なブックメーカーがあるのも事実です。

正式なライセンスを取得しているかどうかは、ブックメーカーの公式サイトにライセンスの記載があるかどうかを確認することが大事となります。
ブックメーカーは、公式サイトの中にライセンスの取得を記載することが義務付けられています。
悪質ではない健全なブックメーカーの運営をしている場合、公式サイトの必ずライセンス取得の詳細を記載しています。
必ず公式サイトで、ライセンスの詳細を確認しましょう。
その際、ライセンスの取得国の記載もありますので、実在するライセンス取得国なのかもしっかり確認することをおすすめします。

日本人が利用しやすいイギリスのブックメーカーをご紹介

日本人が利用しやすいイギリスのブックメーカーは、以下があります。

William Hill

1934年創設の、老舗のブックメーカーです。
イギリスを中心に大変知名度が高く、豊富なマーケット数トップの人気の高さとなっています。

日本へのサービスへ力を入れており、日本人が使いやすい魅力が満載です。
日本語対応となっており、日本人でも言葉に困ることなくブックメーカーのご利用ができます。

サイトが非常に見やすく、ブックメーカーに慣れていない日本人でも無理なく使うことができます。
アップデートも速く、事務の対応の迅速化なども業界最高水準となっています。

日本円で賭けることはできませんが、USDやRURなどのメジャーな通貨にて賭けることができます。

Bet365

Bet365は、日本人にも人気のブックメーカーです。
日本語化とはなっていませんが、レイアウトが良く使いやすい部分が日本人に評価されています。

無料のライブストリーミングサービスを行っており、様々な大きなスポーツの大会をリアルタイムで観戦することができます。
スマホ対応となっており、外出先でも観ることができます。
安定した通信速度となっており、他のブックメーカーにはない観やすさがあります。
ただし、放映権侵害をしないために、自分のホスト国の試合を観ることはできません。
日本の場合、日本の国の試合は観ることができません。

Pinnacle

日本語対応となっているブックメーカーであり、オッズが高いことで日本人に人気があります。
どんなに勝っても規制することは一切ないので、ご利用しやすい特徴があります。

日本語のカスタマーサポートとなっているので、日本語で質問ができます。
メールやチャットでのサポートとなっており、日本人サービスに力を入れています。

モバイルアプリもあり、外出先でも利用ができます。

ブックメーカーカテゴリの最新記事