アンドレア・ヴォータ–スペインの制限に対するJデジタルの挑戦は論理と論理的根拠により導かれている!

アンドレア・ヴォータ–スペインの制限に対するJデジタルの挑戦は論理と論理的根拠により導かれている!

 
Jデジタル社の新局長であるアンドレア・ヴォータ氏は、連邦政府のギャンブル法を監督する役割を担うスペインのアルバート・ガルソン消費者問題担当大臣が、「自分がスペインを、弱い立場のプレイヤーをターゲットにした違法なギャンブルサイトの拡散に導いていることをよく理解している」と述べました。と付け加えています。

2020年7月にミケル・ロペス・デ・トーレ氏に代わってJデジタル社の指揮を執ったアンドレア・ヴォータ氏は、オンライン・ギャンブル業界団体がEUレベルでスペイン消費者省に異議を唱えた後に承認された、スペインの連邦指令「広告に関する勅令」のオーバーホールを担当しました。アンドレア・ヴォータ氏は、この業界では新参者です。

SBCニュースに初めて公の場で発言したアンドレア・ヴォータ氏は、スペイン連立政権の計画は、イタリアのギャンブル広告禁止と全く同じ結果を招く危険性があると強調しました。

アンドレア・ヴォータ氏は、スペインのギャンブル業界の既存企業がガルソン氏の修正案にEU高等裁判所で異議を唱えるのは十分に正当なことだと主張しています。

ギャンブルにとどまらず、EUの控訴は、スペイン消費者省がスペインのスポーツクラブ、メディアのオーナー、その他の利害関係者に課した悲惨な結果と苦境を概説しています。

我々は、この規制が緩和され、延期されるように戦うつもりです。オペレーター、代理店、スポーツクラブは皆、この状況を懸念しており、我々はこの問題を調査するために、影響を受けるすべての関係者と会っています」とアンドレア・ヴォータ氏はSBCニュースに語っています。

「より多くの機関が私たちに加わり、規制に反対する論拠を提示すれば、政府に圧力をかけ、規制がアンバランスで不公平な手段であることを理解してもらうことができます。

スペインでのギャンブルの発展を傍観してきたアンドレア・ヴォータ氏は、ギャンブルに関するスペインの政治的言説は、証拠を拒絶し、議論の合理性を避けた「善対悪の物語」が根強く残っていることによって妨げられていると考えています。

政府のアプローチは、『良いゲーム』と『悪いゲーム』に議論を集中させようとするため、間違っています。良いゲーム』とは公的機関のゲームであり、『悪いゲーム』とは企業のゲームであると思われます。」とアンドレア・ヴォータ氏は言いました。

2019年のオンラインゲーム企業のGGRを欧州の国別に比較調査したところ、スペインの一人当たりのGGRは16ユーロで、スウェーデン、英国、デンマーク、ギリシャ、イタリアなどと比較して最も低くなっています。同様に、年間成長率も7%と、41%成長したポルトガルや19%成長したフランスと比較して最も低くなっています。

スペインのギャンブル法に関する連邦政府の議論が政治的イデオロギーに凝り固まる危険性がある中、ヴォータ氏は「業界の合理性」をスペインの現職企業が主張しなければならない重要な目的と認識しています。

アンドレア・ヴォータ氏は、欧州の様々なテクノロジー企業やIT企業の広報キャンペーンを主導した経験から、政治家やメディア、幅広いステークホルダーにビジネスセクターのニュアンスを伝えることの重要性を強調しています。

この分野の現実を説明し、スペインではギャンブルは厳密に合法で規制された活動であることを忘れてはなりません。重要なのは、ギャンブル産業が社会に危険をもたらすことを証明する調査やデータが常に存在するにもかかわらず、政府が提供する公式の数字は彼らの話を裏付けていないことです。

ブックメーカーカテゴリの最新記事