キャメロットは国営宝くじの最低年齢の引き上げを支持!

キャメロットは国営宝くじの最低年齢の引き上げを支持!

英国の「ナショナル・ロト」を運営するキャメロット社は、「ナショナル・ロト」をプレイできる最低年齢を16歳から18歳に引き上げるという英国政府の決定を支持し、10月ではなく4月までに変更を実施するための措置をとることを発表しました。
ナショナル・ロッタリー
政府が国営ロトの年齢条件を引き上げることを発表した後、Camelot社は、オンラインゲームやインスタントウィンゲームの台頭によるゲームのプレイ方法の変化を理由に、この決定を支持すると述べました。

この発表は、2020年12月8日発表されたギャンブル法の見直しと同時に行われました。このレビューでは、ステークリミットやユニバーサルデポジットリミットの影響について質問されます。一方、広告やボーナスに関する質問では、主要な獲得チャネルの全面禁止などが検討される可能性があります。

キャメロット社の広報担当者は、次のように述べています。「私たちは、プレイできる最低年齢を引き上げるという政府の決定を全面的に支持するとずっと言ってきました。2021年10月までに18歳に引き上げるという決定を受けて、私たちは、非常に高い基準を維持しながら、必要なすべての変更を可能な限り迅速に実施するために、全力を尽くします。私たちは、非常に高い基準を維持しながら、必要なすべての変更を可能な限り迅速に実施することをお約束します。これは、ナショナル・ロッタリー社からの要請によるものです。

年齢の変更は、協議の後、2021年10月までに実施される予定です。しかし、キャメロット社は、必要なすべての変更をこの日よりも十分前に実施することを表明しています。

当社はすでにこの準備作業を開始しており、ギャンブル委員会から適切なライセンスの修正と免除を受けることを条件に、2021年4月初旬までに当社のオンラインチャネルで必要な変更をすべて完了することを目指しています。当社のリテールチャネルでは、法律の変更に先立ち、夏の間に変更を行う予定です」と広報担当者は述べています。

8月、ギャンブル委員会は第4回国営宝くじの入札を開始しましたが、キャメロット社は過去3回すべてで当選しています。

チェコの大手ゲーム会社サズカグループとインドの宝くじ運営・技術提供会社スガル&ダマニがそれぞれ入札を発表しているが、キャメロットはこれまでのところ、ギャンブル委員会の選定アンケートに回答したことを確認しただけで、まだ正式に入札を発表していない。

一方、大手ベッティング・オペレーターのフラッターエンタイーテインメント社とウイリアムヒル社も、ベッティング・ゲーミング委員会がこのプロセスを支持していることから、この審査を歓迎しています。

ウイリアムヒル社の最高経営責任者であるUlrikBengtsson氏は、大手事業者は基準を高めることに尽力しており、政府と協力してギャンブルの安全性を維持することに興奮していると述べています。

ウイリアムヒルは、政府が本日発表したギャンブルの見直しを歓迎します。” 我々の業界は、ギャンブルを可能な限り安全に保つことにこれまで以上に力を注いでおり、18歳未満や弱者がギャンブル広告にさらされないようにすることや、技術を使ってリスクのあるプレイヤーを特定することなど、基準を高めるために努力してきました。しかし、英国の何百万人もの人々にとってギャンブルが安全で楽しいものであり続けるために、私たちは常に基準を高めています。

“新しい規制が業界の進歩と並行して機能し、お客様、オペレーター、業界で働くすべての人々に明確で確実なものを提供できるよう、見直しを通じて政府と協力していきたいと思います」と述べています。

また、ベングトソン氏は、リスクの高いギャンブラーに対する消費者保護と、大多数のお客様にとっての合理的な自由とのバランスがとれた、証拠に基づいた見直しを期待しています」と述べています。

ベングトソン氏はさらに、「証拠に基づいた見直しでは、弱者の保護と、たまに賭けることに満足している何千万人もの人々の継続的な楽しみと、増大するリスクを批判的に検証することとの間で、適切なバランスを取ることが重要です」と述べています。これでは、消費者保護のない闇市場になってしまいます。

フラッター社のCEOであるピーター・ジャックソン氏もこの見直しを支持し、大きな変化をもたらすことを期待していると述べています。

ジャクソンは、「賭博法の見直しは、英国の根本的な変化のきっかけになる必要があります。実質的な証拠に基づいて評価されるべきであり、すべてがテーブルの上に置かれるべきです。私たちは、より安全で簡単な賭けの未来を望む、ギャンブルに関わるすべての人のために、この機会を捉えなければなりません」と述べています。

ブックメーカーカテゴリの最新記事