新生ブリスベン・クイーンズワーフのカジノはどのようなものになるのか?

新生ブリスベン・クイーンズワーフのカジノはどのようなものになるのか?

2015年7月19日、クイーンズランド州首相のアナスタシア・パラスチュック氏は、クイーンズワーフの改修にエコー・エンターテインメント社が選ばれたことを発表しました。

エコー・エンタテインメント社は、クラウン・グループ社と競合していましたが、クイーンズランド州政府は、新しいカジノを建設したくないという理由で、マット・ベキエ氏の会社を選びました。

このプロジェクトでは、トレジャー・カジノ&ホテルを華やかな新タワーに移設し、歴史的建造物をホテルやショッピングエリアとして利用することを計画している。

このプロジェクトは巨大です。” エンターテインメント・グループのマット・ベキエCEOは、「マカオやシンガポールなど、世界のどのリゾート地にも匹敵する州の資産となるでしょう」と語っています。

5つのプレミアムホテル(1,100室)、3つのレジデンシャルタワー(2,000戸)、50のレストランとバー、屋上のプールエリア、ムーンライトシネマ ……. を備えます。ブリスベンでは、サウスバンクの進化以来、最も大規模な建設となります。

ブリスベンの象徴である弧状の建物の最上階からは、街の景色が一望できます。ボールルームといくつかのラウンジがあります。

ウォーターフロントの接続性と快適性を向上させるために、サウスバンクへの歩行者・自転車用の橋を新設します。また、このプロジェクトにより、ブリスベンのリバーフロントと公園が改善されます。

この改修により、雇用が創出されます。” アナスタシア・パラシュチュック氏は、「建設は数千人の雇用を意味し、建設中は約3,000人、継続的には8,000人の雇用を創出します」と説明します。

建設は2017年に始まり、必要な既存の建物の一部の解体開始を待って、2022年まで続く予定となっています。

オンラインカジノカテゴリの最新記事