ギャンブル法のレビューが近づくにつれ、業界の支持はメディアと政治的反発に直面!

ギャンブル法のレビューが近づくにつれ、業界の支持はメディアと政治的反発に直面!

2005年に施行されるギャンブル法(ギャンブリング・アクト2005)の見直しに先立ち、保守党の議員2名がギャンブル業界の仕事を引き受け、「責任あるギャンブルと顧客サービス」について助言を行っています。

この議員の役割と日当は、議会の情報公開請求によって明らかになり、ガーディアン紙が報じましたが、野党議員からは「明らかな利益相反」と批判されています。

テュークスブリー選出のローレンス・ロバートソン議員は、業界団体であるベッティング&ゲーミングカウンシル(BGC)の議会顧問として、スポーツやより安全なギャンブルに関する取り組みを行うことに合意しました。

ロバートソン議員は、ベッティング業界を支援したり、ベッティングやゲーミングに関するクロスパーティの議会グループを代表してギャンブルレビューに提出したりすることはないとしている。

一方、シップリー選出のフィリップ・デイビス議員は、GVCホールディングスのコンサルタントとして、責任あるギャンブルへの取り組みや顧客サービスの基準について助言する役割を担っています。

今度のギャンブル法の見直しは、ボリス・ジョンソン政権が主導しており、ギャンブル法をデジタル時代に沿ったものにしようとしています。

ジョンソン氏は、保守党のマニフェストの中で、子どもたちをオンライン上の被害から守り、「最も弱い立場にある人々」を有害なコンテンツへのアクセスから守ることを約束しています。今回の審査では、主にルートボックスの使用と「クレジットカード詐欺」に焦点が当てられると予想されます。

デイビスとロバートソンは、ギャンブル企業と協力した最初の議員ではありませんが、2人とも同党の著名な後援者であることに変わりはなく、コンサルタントとしての彼らの役割には批判も集まっています。

GVCはその後、デイビスが同社のために働いていないことを明らかにしました。ベッティンググループは、デイビスがブックメーカーとしての経歴と、ベッティングとゲーミングに関するクロスパーティグループの元議長としての見識を挙げて、より安全なギャンブルと顧客保護の取り組みについて助言したと説明しています。

GVCの広報担当者は、「このように、彼は、より安全なギャンブルに関する問題を含む、業界のさまざまな問題について、有益な洞察力と見解を提供してきました」と述べています。しかし、最近のGVCの経営陣の交代に伴い、この取り決めを終了することが自然であると判断しました」と述べています。

一方、BGCは、ロバートソン氏がより安全なギャンブルやスポーツに関するアドバイスを提供してきたこと、また、デイビス氏と同様に、ギャンブルに関する複数のクロスパーティグループのメンバーとして見識を深めてきたことを強調しました。

批判を受けてBGCは、ロバートソン氏との関係は、国会議員に適用される厳格なプロトコルに沿ったものであることを改めて強調しています。

実際、前回の総選挙で保守党の候補者だったロバートソンは、ギャンブル法の改革を特に強調したマニフェストを掲げていました。彼の人事は、議会の厳格なルールに則って行われ、すでに宣言されていますので、完全に透明性が保たれています」。

ロバートソン氏とデイビス氏は、これまでにも下院で競馬・ギャンブル分野に賛成の意見を述べていましたが、業界にはより高いレベルの監視が必要だと主張していました。

ロバートソン氏は、次のように述べています。「もちろん、私はこの仕事を20年も続けています。もちろん、私は20年以上もギャンブルや競馬に関心を持っており、そのような問題については、常に国会の厳格なルールに従ってきました。」とロバートソン氏は述べています。

「もちろん、有料のアドボカシーは議会で禁止されているのは当然で、BGCとの契約では、いかなる場合も禁止されています。」

デジタル・文化・メディア・スポーツ省(DCMS)と英国ギャンブル委員会(UKGC)は、消費者保護、広告、手頃な価格、より安全なギャンブルの基準を中心に、事業者や賭け事を行う政府の計画的なギャンブル行為やコンプライアンス業務を見直し、基本的な業界 改革を実施するとしています。

ドミニク・カミングスやNo10政策ユニット・ディレクターのムニラ・ミルザなどのダウニング街の主要人物や、政治的なスペクトルを超えた様々なシンクタンク・グループが関心を寄せているにもかかわらず、2005年ギャンブル法がどの程度見直されるかについては、政府関係者とギャンブル業界との間で論争が続いています。2005年ギャンブル法がどの程度見直されるかは、政府関係者とギャンブル業界の間で論争となっています。2005年ギャンブル法がどの程度見直されるかは、政府高官とギャンブル業界の間で依然として論争の的となっている。

ブックメーカーカテゴリの最新記事