ATGはスウェーデンのオンラインカジノコントロールの拡張を支援!

ATGはスウェーデンのオンラインカジノコントロールの拡張を支援!

スウェーデンの旧競馬専売公社であるABトラベル・アンド・ギャロップ(ATG)は、新型コロナウイルス(Covid-19)の大流行時に人々をギャンブルの害から守るため、オンラインカジノの一時的な規制を延長するというスウェーデンの提案を支持しました。

2020年11月、スウェーデン政府は、少なくとも2021年6月まで、1週間の入金限度額を5,000クローネ(437.20ポンド/491.20ユーロ/577.40ドル)とするなどの措置を維持するための協議を開始しました。

この規制は、2020年7月2日から年末まで実施されることになっていました。
しかし、国内での新型コロナウイルスCovid-19の陽性例が引き続き増加していることから、政府は規制を延長したいとしています。

ATGは、今回の初期段階の措置を支持し、今後もスウェーデン政府を支援していきたいと考えているそうです。

最高経営責任者のハンス・ロード・スカルプローズ氏は、新型コロナウイルスCovid-19が発生した際にプレイヤーを保護するためだけでなく、パンデミック発生時およびその後に脆弱な人々を保護するためにも対策が必要であるとして、スウェーデン政府に新たな強制損失額の導入を呼びかけました。.

ATG社は、スウェーデンのオンラインカジノの顧客に対して、すでに強制的な損失限度額を設定しています。

「私は、この制限が開始されたときに賞賛した一人でした」と最高経営責任者のハンス・ロード・スカルプローズ氏は述べました。最高経営責任者のハンス・ロード・スカルプローズ氏は今でも、オンラインカジノにおける強制的な損失限度額は、現在の入金限度額よりも効果的であったと考えているそうです。

その留保があれば、当時も今も、正しい判断だと思いうと述べています。現行の措置を延長することは、さまざまな面で問題を抱えている今、妥当な措置だと感じているからだ、と語りました。

ATGが延長案を支持したのは、2020年11月10日、スウェーデンの経済団体ブランシェフォーレンジンズオンラインショップ(BOS)が案を提示し、この措置の撤回を求めたためです。

BOSによると、この措置は当初、新型コロナウイルスCovid-19のパンデミック時に予想されるオンラインカジノのギャンブルの急増に備えて導入されましたが、実際には起こりませんでした。
そのため、まだ措置を開始したことはありません。

同協会は、規制を延長すると、入金制限を回避するために多数のプレイヤーが異なる事業者間を行き来することになり、事業者による行動の監視が困難になり、新型コロナウイルスCovid-19対策を遵守する必要のない無免許のユーザーが発生する可能性があると付け加えています。

一方、ATGは、ケイロン・インタラクティブ社の新しいバーチャルスポーツゲームを追加して、スポーツベッティングのサービスを拡充しました。

今後、スウェーデンのATGプレイヤーは、サッカーとアイスホッケーをベースにしたバーチャルスポーツに賭けることができるようになります。また、何年も前から運営されている、テンポの速いバーチャルスポーツのアップデート版も用意されるようになりました。

ATGのスポーツベッティング部門の責任者であるクリスチャン・アーランドソン氏は、「バーチャルスポーツは、当社の現在のゲームシリーズを補完するエキサイティングなものと考えています。新しい、よりモダンな体験ができます。イギリスのサッカーやアイスホッケー、スウェーデンの競馬解説者などが登場します。」と述べています。
新型コロナウイルスの影響によりオンライン・ギャンブルが人気となり、スポーツベットの利用者も増えました。
その部分に目を向け、スポーツべッティングのゲームシリーズの補充を考えているようです。

ブックメーカーカテゴリの最新記事