保険の支払いは2020年のスカイシティのCovid-19ヒットを相殺!

保険の支払いは2020年のスカイシティのCovid-19ヒットを相殺!

ニュージーランドのカイスノオペレーターであるスカイシティ・グループは、新型コロナウイルス(Covid-19)の影響による定期収入の減少を、良好な勝率と2019年の火災による保険金の支払いで相殺し、36.8%増の11億3,000万NZドルの収益を計上しました。また、当グループのオンラインビジネスも今年は好調に推移しました。また、オンライン事業は今年初めてグループの収益に貢献し、1,020万ドルをもたらしました。

ニュージーランドのケイスノ事業者であるスカイシティ・グループは、36.8%増の11億3,000万ドル(5億7,260万ポンド)となりました。2019年の火災による勝利と保険金の支払いが有利であったため、小説の影響による正常化された収益の減少が相殺されました。0.1百万ユーロ/7億6,070万ドル/6億4,360万ポンド)の収益を計上しました。コロナウイルス(Covid-19)です。

スカイシティの収益は11億3,000万ドルでしたが、ノーマライズド収益は24.3%減の7億9,550万ドルでした。正規化収益は、平均勝率を調整したもので、2019年10月に発生したニュージーランド国際コンベンションセンターおよびホライゾンホテルでの火災による保険金などの例外的な項目を除いたものです。

スカイシティの旗艦施設であるオークランドの収益が最も大きく、18.0%減の4億9,730万ドルとなりましたが、スカイシティは、2020年2月29日までの8か月間に記録的な収益を計上した会場であるCovid-19が減少の理由であるとしています。

そのうち、テーブルゲームからの収入は2億3,080万ドルで、14.8%減、テーブルゲームからの収入は1億2,800万ドルで、2019年から21.6%減となりました。オークランド会場では、ノンゲーミング収入がさらに1億3,850万ドル(19.6%)減少しました。

スカイシティ・ハミルトンは、Covid-19の影響を受けたオペレーターにとって最も回復力のある会場で、わずか4.8%減の5,880万ドルをもたらしました。このうち、ゲーミングマシンの売上は6.8%減の4,140万ドル、テーブルゲームの売上は6.1%減の840万ドル、ノンゲーミングの売上は900万ドルでした。

スカイシティ・アデレードの収益は、18.7%減の1億2,100万ドルでした。ゲーム機の収益は25.6%減の3,830万ドル、テーブルゲームは26.5%減の5,690万ドル、ノンゲーミングの収益は30.3%増の2,580万ドルでした。

スカイシティ・クイーンランドの収益は、15.1%減の1,110万ドルでした。ゲーミングマシン収入は570万ドル、テーブルゲームは380万ドル、ノンゲーミング収入は160万ドルに増加しました。

スカイシティの最高経営責任者であるグレーム・スティーブンスは、ニュージーランドのカジノの再開後、国内事業は順調に推移していると述べました。

ニュージーランドとアデレードの国内事業は、再開後、予想以上に早く回復しています。これは有望なことですが、新たな社会的・経済的条件に適応するため、見通しは予断を許しません」と述べています。

2019-20年の会計年度に、運営会社はGiGでオンラインビジネスを開始し、初年度は1万5,855人のお客様が2億5350万ドルを賭けて1,020万ドルの収益を上げました。スティーブンス氏によると、オンラインの収益は、カジノの再開時には減少しましたが、スカイシティのオークランド施設が2020年8月31日まで再び閉鎖を余儀なくされたため、会計年度末以降はさらに上昇しました。

オンラインゲームの収益は、2020年5月の施設再開後に若干減少しましたが、8月にオークランドで行われた2回目の閉鎖期間に活動が活発化しました。現在、当社には35,000人以上のお客様が登録されており、ニュージーランドで規制されるオンラインゲーム業界に向けて準備を続けています。当社は、政府が現在進めている政策見直しを支持しています」と述べています。

アジアVIP事業の正規売上高は、資本金58億ドルに対して58.6%減の7,890万ドル、スカイシティホテルグループの売上高は24.8%減の4,110万ドルとなりました。スティーブンス氏によると、これらのセグメントはいずれも海外旅行への依存度が高いため、回復が遅れているとのことです。

2019年10月にニュージーランド国際コンベンションセンターで発生した火災による保険回収金と損害賠償金は3億8450万ドルにのぼり、オークランドのカジノは数日間の閉鎖を余儀なくされました。

同事業では、ゲーミングにかかる物品・サービス税を28.1%減の7,280万ドル支払っており、ゲーミングの純収入は23.9%減の7億670万ドルでした。

スカイシティ」の経費は48.1%増の7億7670万ドルで、そのうち1億810万ドルが火災関連費用でした。通常の経費は16.5%減の5億600万ドルでした。スティーブンス氏によると、これはパンデミックの影響で実施されたコスト削減策によるものだという。

まず火災の影響を軽減し、次にCovid-19の影響を軽減するために、幅広い戦略的な決定と行動をしなければなりませんでした」と説明しています。

スカイシティの短・中期的な持続可能性を確保するために、私たちはニュージーランドの従業員を迅速に再編成し、約25%削減しました。また、スカイシティに十分な流動性と資金調達能力を確保するために、資金調達と負債の再構築を行いました。また、施設の閉鎖と再開に多大な労力を費やし、厳格な健康・安全対策を実施しました。

スカイシティは迅速に対応することができましたが、今後もこのような事象への対応を怠らず、予見可能な将来に向けて十分な準備をしていきます。ニュージーランドとオーストラリアのジョブキーパー制度による賃金補助が役立っており、施設閉鎖の影響や、進行中のごく少量の海外顧客活動を部分的に緩和しています。

スカイシティ・オークランドのコストは、9.0%減の2億5700万ドル、スカイシティ・ハミルトンのコストは、わずかに減少して2790万ドル、スカイシティ・クイーンズタウンのコストは、わずかに減少して920万ドルとなりました。

スカイシティ・アデレードのコストは12.9%減の1億110万ドル、ホテルグループのコストは2019年を7.3%下回る2,090万ドルでした。一方、オンラインコストは810万ドルで、そのうち570万ドルはボーナスとサプライヤーであるGiGへのコストでした。

これらのコストを差し引いたスカイシティの税引前利益、利息、減価償却費(EBITDA)は16.9%増の3億4830万ドル、通常のEBITDAは37.7%減の2億700万ドルとなりました。

さらに8,660万ドルの減価償却費を計上した結果、税引前利益(EBIT)は20.2%増の2億6,170万ドルとなりました。一方、通常のEBITは52.9%減の1億1,420万ドルとなりました。

スカイシティが支払った純支払利息は2,860万ドルで、その結果、税引前利益は12.3%増の2億3,310万ドル、通常の税引前利益は59.9%減の9,300万ドルとなりました。

220万ドルの税効果を加味したスカイシティの利益は、前年同期比62.8%増の2億3,540万ドルとなりました。一方、正常化された利益は59.7%減の6,630万ドルでした。

スティーブンス氏は、2020-21年度の業績は、さらなる閉鎖が必要かどうかにかかっていると述べました。

同氏は次のように述べています。「私たちはこの結果にとても満足しています。国内事業は開業以来順調に推移していますが、さらなる閉鎖の可能性に備えることを期待しています。2009年末までに国境を閉鎖する予定で、その場合、国際ビジネスや国際観光の活動はほとんど行われません。

現在の見通しは、さらなる逆境に対処するための体制が整っていると考えており、ある程度の成長を期待していますが、ビジネスの一部の局面ではポジションを維持していきます。」

ブックメーカーカテゴリの最新記事