ロンドンのカジノはCovid-19の門限に妥協を提供!営業内容の調整

ロンドンのカジノはCovid-19の門限に妥協を提供!営業内容の調整

ロンドンのカジノは、新型コロナウイルス(Covid-19)のパンデミックが続く中、市場全体で数千人の失業者を出す可能性のある外出禁止令を防ぐため、一時的にバーを閉めることを申し出ました。

政府は2020年9月中旬、新型コロナウイルスCovid-19の蔓延を遅らせるための新たな対策を発表する予定ですが、イギリスではここ数週間でウイルスの陽性反応が出た人の数が増加しています。

イギリス北東部を含む一部の地域では、カジノなどのレジャー施設を毎日午後10時から午前5時の間に閉鎖することを義務付ける新しい規制がすでに実施されています。

ロンドンのサディク・カーン市長も首都での同様の外出禁止令に賛成していると言われていますが、市内の24のカジノはカーンに宛てた書簡の中で、数千人の雇用を守るための妥協案を提案しています。

カジノ側は、午後10時までに施設全体を閉鎖する代わりに、2020年8月15日に再開して以来実施してきた対策に沿って、バーを閉鎖する一方で、会場の他の部分は安全に運営することを提案しました。

この対策には、パースペックススクリーンの設置、消毒ステーションの設置、社会的距離ガイドラインの遵守、観客とスタッフの追跡システムの導入などが含まれます。

ロンドンに午後10時の外出禁止令が発令されると、ほとんどのカジノが営業を停止し、一部のカジノは必然的に閉鎖され、余剰人員削減プログラムが終了すると首都で数百人の雇用が失われます。
これでは、解雇された従業員が路頭に迷ってしまい、大変良くない状態へと傾いてしまいます。

カジノ側は、バーの閉鎖の背景には、人々がグループで集まるのを止めて、カジノ全体に分散し続けられるようにするという考えがあると言っています。
密にならない環境を作ることにより、ウイルスの蔓延を防ぐことができるという考えです。

また、「ウイルスの蔓延を防ぐことができず、雇用やロンドンの有名なカジノに死の鐘を鳴らすような門限を設定する代わりに、飲酒という中心的な問題に取り組んでください」としています。

「カジノ全体を閉鎖するのではなく、バーを閉鎖すれば、収益への影響はより限定的で、雇用を守り、カジノの将来を守り、財務省に税収を維持することができます」とカジノ側は述べています。

ベッティング・アンド・ゲーミング・カウンシル(BGC)の最高責任者であるマイケル・ダガー氏は、国民を保護するという政府の目的を支持する一方で、過去数ヶ月間の困難な状況の後で、カジノ部門がこれ以上ダメージを受けないようにしたいと述べています。

午後10時までの外出禁止令は、それ以降のビジネスの半分以上を占め、最初の封鎖と観光の崩壊から立ち直ろうと必死になっているこのセクターに壊滅的な打撃を与えると言っても過言ではありません」とデュゲル氏は語りました。

BGCはすでに先週、オリバー・ダウデン文化長官に書簡を送り、北東部で提案されている夜間外出禁止令の計画に公然と反対し、全国的に展開されれば数千人の雇用喪失につながると警告しています。

午後10時からの外出禁止令は、若者が病気の痕跡のない家に入り浸ることを助長し、ウイルスをより早く拡散させる危険性があるだけです」とダガー氏は言う。しかし、ロンドン市長と政府が午後10時にパブやレストランを閉めることを望むなら、トップクラスのコービーに安全な環境を提供し続けながら、カジノでそれを行うことができます。これは賢明な妥協案かもしれません。

「代替案としては、ロンドンや英国全体で何千人もの失業者が出て、必要な経済回復を促進するために、首都の最も象徴的なカジノが永久に閉鎖されることです」。

ブックメーカーカテゴリの最新記事