ベットウェイのオーナーのスーパーグループが47.5億ドルのNYSEIPOのコースを設定!

ベットウェイのオーナーのスーパーグループが47.5億ドルのNYSEIPOのコースを設定!

ベットウェイのオーナーであるスーパーグループが、ニューヨーク証券取引所(NYSE)への上場を目指してSPACと合併する意向を表明したことにより、ベットウェイは業界で次の米国上場企業となりそうです。

2021年4月25日、ガーンジー島を拠点とするスーパーグループは、白紙委任のSPACであるスポーツ・エンターテインメント・アクイジション・コーポレーション(SEAC)と事業統合することで「最終合意に達した」と発表しました。

SEACは、NFLの元副社長エリック・グラブマンとNHLの元運営責任者であるパートナーのジョン・P・コリンズが設立したもので、2020年10月にニューヨーク証券取引所へのIPOオファーを確保して実行した、4億5千万ドル規模の米国新規ベッティング事業の買収ターゲットの一つです 。

SEACは、スーパーグループの既存株主(88%)が過半数を所有する新事業のニューヨーク証券取引所への上場を主導し、既存の取引資本を除いた目標評価額は47.5億ドルとなります。

SPACは、スーパーグループのグローバルベッティングビジネスとしての確かな成長性を強調し、「2020年にプロフォーマおよび予測ベースで11億ドルのネットゲーミング収益(NGR)と2億5900万ドルのEBITDAを実現する」としています。

スーパーグループは、グローバルな成長の実績と強固なバランスシートを持つ、オンラインゲームとベッティングのパワーハウスです。エリック・グラブマンは次のように述べています。「スーパーグループの核となるDNAは、データと分析における比類のない専門性を推進するデジタル技術に根ざしています。

米国での成長に向けた意欲を強化するため、スーパーグループは、ベットウェイの米国ライセンスパートナーであるデジタル・ゲーミング・コーポレーション(DGC)を買収する最終条件に合意したことを明らかにしました。

2021年3月、ベットウェイはDGCを通じて、NBAの6チームとNHLの2チームとフランチャイズ契約を結んだことを発表し、米国のベッティング・パートナーシップとしては初めての試みとなりました。

私企業であるスーパーグループは、オンラインギャンブルの資産として、ベットウェイとマルチブランドのカジノオペレーターであるスピンを挙げています。これらは、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカの23の管轄区域で運営されており、2021年3月までの12か月間で420億ドル以上の賭け金を生み出しています。毎月250万人のユニークなアクティブカスタマーを抱えています」と述べています。

アイゲーミング・ウィンテクノロジーズ・ベットウェイは独自のスポーツブックシステムを開発しています。ベットウェイ の成長により 3,000 人以上のスタッフが雇用され、2018 年にはウィンテクノロジーズが主要な事業体となる予定です。

スーパーグループのCEOであるニール・メナシェ氏は、NYSEの野望を支持し、ベットウェイを全大陸で取引されるグローバルな成長規模の要求に応えることができる収益性の高いオンラインギャンブルビジネスとして確立するという創業時の目標を達成したと述べた。

メナシェは、「上場企業になることで、当社の主要な製品や技術の提供を継続的に成長させ、ブランド主導のマーケティング戦略を強化するためのツールを提供することができます。

今回の上場により、米国市場を含む今後のグローバルな成長機会を活かし、強力で忠実な顧客基盤をさらに拡大することができます。エリックとジョンは、スポーツ、エンターテインメント、公共市場における専門知識を持ち、当社の成長の次の段階をサポートしてくれる完璧なパートナーです」と述べています。

スーパーグループは、ニューヨーク証券取引所において、シンボル「SGHC」で取引されます。スーパーグループ は、米国東部標準時の 2012 年 4 月 26 日(月)にカンファレンスコールを開催し、投資家や関係者に本取引の目的や展開について説明します。

ブックメーカーカテゴリの最新記事