NRW財務大臣はヴェストシュピールの会計慣行を擁護!会計を変更したことへの非難に反論

NRW財務大臣はヴェストシュピールの会計慣行を擁護!会計を変更したことへの非難に反論

ノルトライン・ヴェストファーレン州(NRW)のルッツ・リーネンケンパー財務大臣は、州政府が国有企業ヴェストシュピールバンケンの民営化を促進するために会計を変更したことへの非難に反論しました。

ノルトライン・ヴェストファーレン(NRW)州の財務大臣ルッツ・リーネンケンパー氏は、ノルトライン・ヴェストファーレン州政府が国営企業西ドイツカジノ(ヴェストシュピール)の民営化を促進するために会計を変更したという告発に反論しました。これに対してノルトライン・ヴェストファーレン州社会民主党(SPD)は、政府が「疑わしいバランスシートのトリック」を使って、ウエストゲームの利益を900万ユーロ引き下げ、売却を促進したと主張し、これを議論するために州議会の特別セッションを要求しました。また、これらの変更は、ノルトライン・ヴェストファーレン州に本社を置くゲーム大手のガウゼルマン・グループに有利な条件で取引を成立させることを目的としていたのではないかと主張しました。

SPDのメンバーであるステファン・ジムケイト氏とマイケル・ヒューブナー氏は、セッション中にこの問題に関する8つの質問リストをライネンケンパー氏に提示しました。

議員たちはまず、ヴェストシュピールの業績が悪いように見せる努力をした理由を尋ねました。しかし、ライネンケンパー氏は、この質問は誤った前提に基づいているとし、政府はウェストシュピールの会計について透明性を保ってきたと主張しました。

政府はヴェストシュピール社の経済状況について「継続的かつ透明性を持って州議会に報告してきた」と答えました。「これまで通り、連結財務諸表は公社の承認後に州議会に送られる」と述べました。

リーネンケンパーは続けて、利益減少の原因の多くは、ヴェストスピール社が52点の美術品を国立銀行グループ(事業会社の親会社)であるNRW.バンクに寄贈し、NRW.バンクがこれらの美術品を継続的に公開していることにあると説明しました。その後、NRW.バンクは、NRW芸術文化財団に作品を無償で貸し出しをしています。

さらに、ライネンケンパーは、減益の原因のひとつとして、会計上の変更により、年金債務を負債として認識したことを挙げています。

「これは、従業員の正当な利益を守るためです。」とライネンケンパーは説明しています。「利益の減少は、従業員の利益のために会社が行った内部的な変更の結果です」とも説明しました。

ルッツ・リーネンケンパー財務大臣は、民営化のプロセスは完全に「透明かつ非差別的」であると付け加えましたが、政府はまだどの政党がヴェストシュピールの運営に入札するかを把握していない状態です。

現在、国営銀行のNRW.バンクが所有しているヴェストシュピールの民営化は2018年に始まりましたが、取引を促進する法律が州議会で可決されたのは2020年6月のことでした。

ヴェストシュピール社は2019年の全数値を発表していませんが、2019年の持続可能性報告書の中で、2019年の総ゲーム収入は2019年比27.0%増の1億3680万ユーロに達したと述べています。支払いは、30.6%増の6,580万ユーロでした。

ヴェストシュピール社は現在、ノルトライン・ウェストファーレン州で、アーヘン、バート・エーンハウゼン、ドルトムントの4つのカジノを含む6つのカジノを運営しています。最後の会場と言われているカジノ・デュイスブルクは、子会社を通じての運営となっています。また、ブレーメンのフレイハンザシティでも2つのカジノを運営しています。この事業が民営化されることになれば、さらに2つの会場が建設される可能性があると言われています。

オンラインカジノカテゴリの最新記事