西バージニア州政府は選挙ベッティングにあまり熱心ではない!

西バージニア州政府は選挙ベッティングにあまり熱心ではない!

米国では、スポーツベッティングや賭け事は、一般的な話題であると同時に、議論の的にもなっています。確かに、この業界に特化した州もありますが、主に各種製造業に特化した「住宅地」の州では、政府が認めた例外を除き、あらゆる形態のスポーツベッティングを禁止する傾向にあります。

ウェストバージニア州もそのような州のひとつです。

同州では2018年にギャンブル法案が可決され、事業者が登録してライセンスを求めることができるようになりましたが、ギャンブルやスポーツベッティング、そしてチャンスゲームに類するものへの理解は、いまだに「タブー」とされています。

このことは、2020年の大統領選挙に向けて、有権者が賭けを行えるようにしようとする同州の最新の取り組みによく現れていました。

すべてがほぼ決着し、候補者が2人になった今、人々はどちらが勝つのかを気にしています。特に今年は、(トランプ氏の唯一の対抗馬と言われていた)バーニー氏が選挙戦から脱落し、ほとんどのアメリカ人がトランプ氏が再び勝利すると確信しているため、その傾向が強い。

アメリカの民主党員の多くは、ジョー・バイデンはトランプの政治的手腕にはかなわないと考えています。

賭けが認められている一部の州では可能かもしれませんが、ウェストバージニア州の知事は、同州での開催の可能性を否定しています。

どの選挙で開催となるのか

4月7日、米国のほぼすべての主要ニュースは、ウェストバージニア州で2020年に予定されている選挙のためのベッティングオプションを提供する地元企業の記事を取り上げました。しかし、この会社は情報が公開された直後に、この賭けの選択肢を削除したことがすぐに判明しました。

その理由は、ウェストバージニア州では、競馬やスポーツへの賭けは認められているが、地方選挙や投票への賭けは禁止されていると州法に明記されているからだ。

同社はこの「地方」という言葉に着目し、抜け道を探ろうとしたのだ。厳密に言えば、全米規模の選挙に賭けることができれば脱法行為になるのだが、地元の議員や政府関係者はそれを許さない。

ウェストバージニア州の知事は、「笑い話のような出来事で、あまり気にしていない」と言って、すぐにもっと重要な問題に移った。

確かに、法律自体の技術的な問題が放置されていることを考えると、この決定に対して法廷で異議を唱える試みがなされるかどうかは不明である。しかし、パンデミックの影響で政府の力が強まっているときに、政府を訴えるのは得策ではないだろう。

したがって、ウェストバージニア州の市民は、少なくとも今年は、選挙ベッティングを「合法的に」利用することはできないようだ。なぜなら、彼らはこの決定に異議を唱えて勝つことができないからである。

選挙べッティングはなぜ危険と言われているのか

ウェストバージニア州の知事は、選挙ベッティングに関する声明の中で、「国にとって非常に危険だ」とも述べています。なぜそんなことを言ったのか?ただの賭け事でしょう?必ずしもそうではありません。

賭けが可能なほとんどのスポーツでは、過去にマッチフィクスが行われています。

数十億円が横領されたり、一社では見過ごせないような賭けで全財産を失った人もいる。

知事は、ほとんどのアメリカ人が情報を得ているイベントに、このような簡単な賭けのサービスがあることは、市民の経済状況だけでなく、選挙のあり方にも非常に危険であると危惧していた。

アメリカの政治システムが、ロビイストをはじめとする様々なものに影響されていることは、今や誰もが知っている。

実際、アメリカの選挙制度は、先進国の中でも最も信頼性の低い制度の一つであると多くの人が言っています。その信頼性の低さにさらに別の要因が加わると、ほとんどの政治家にとっては最悪の状況になってしまいます。

賭け金の額だけで選挙に影響を与えることはほとんど不可能ですが、これらの企業が選挙前に表示する数字に影響を受けることは十分可能です。

例えば、あなたがウェストバージニア州の市民で、隣人や仲間が2020年に何に投票するかを知りたいとします。

国のデータチャートを見ることは、常に平均値や確率に基づいているため、必ずしも最善の方法ではありません。しかし、ベッティング会社に関しては、人々が何を信じているかを非常に簡単に判断でき、より正確な指標を得ることができます。

ウェストバージニア州で何人の人がトランプ氏が勝つと信じているのか、賭けをすることで簡単に知ることができます。人々が本当に期待していることを知るためには、人々が何にお金を払うかを知ることがとても簡単で、ベッティングはそれを可能にする数少ないツールの一つです。

国際選挙のベッティングプログラム開催はあるのか

アメリカのような経済大国では、すべてを可能な限り民営化することが非常に重要です。政府が管理するシステムには、選挙に影響を与える力を持った民間企業や個人が存在しないという大きな利点があります。

このようなプログラムは、イギリス、ノルウェー、フィンランドなどのヨーロッパ諸国でよく見られます。

しかし、これらのプロジェクトが経済や関係者に良い結果をもたらしたかどうかは、まだ決まっていません。

オンラインカジノカテゴリの最新記事