ニール・マッカーサー:ギャンブル法の改革はインバウンドの変更に対する猶予期間はない!

ニール・マッカーサー:ギャンブル法の改革はインバウンドの変更に対する猶予期間はない!

英国ギャンブル委員会(UKGC)の最高責任者であるニール・マッカーサー氏は、政府と規制当局は「英国をより安全なギャンブルの世界的リーダーにするために」あらゆる機会を利用すると述べました。

業界主催のセイファー・ギャンブリング・ウィークの前夜、マッカーサー氏はロンドンのサウスバンクセンターで「レース・スタンダード」会議を開催し、ライセンシーと規制当局の関係や、差し迫った2005年ギャンブル法の見直しについて議論しました。

マッカーサー氏は、最高の基準を維持するという規制当局のコミットメントを再確認し、UKGCはすべての事業者が法律の変更に対応できるように最大限の努力をすると警告しました。

まず第一に、規則を曲げようとしたり、我々が設定した高い基準に従おうとしない事業者は、欧州委員会が英国市場から追い出そうとしていることに気づくでしょう」と述べた。

第二に、顧客のために目に見える改善をもたらす進歩を促進するために協力するという『実験』がうまくいくことを示していると思います。私たちは、このようなアプローチを積み重ねていきたいと考えています。

以前にも申し上げましたが、私の仕事はギャンブル産業の振興ではありません。お客様の利益を第一に考えて仕事をしていますが、だからといって、規制当局とライセンシーの関係が敵対的でなければならないということではありません。

マッカーサー氏は、UKGCと事業者の関係は共生的なものであるべきだと述べ、委員会は「業界の基準を高める手助けをする」、「問題が起きたときに介入するだけではない」と付け加えた。

マッカーサー氏は次のように述べています。私たちは、問題が起きたときに介入するだけではなく、業界の基準を高める手助けをしたいと考えています。実際には、オペレーターやオペレーターのグループとより直接的に関わることを意味します。将来について

私たちは、英国を世界で最も安全なギャンブル場にすることを約束します。私たちは、英国を世界で最も安全なギャンブル場にするために努力していますが、そのためには皆様の協力が必要です。

また、多くの企業が多大な苦難に直面していることも知っています。また、ここ数ヶ月の間に、ビジネスを存続させるために厳しい決断を迫られたことも知っています。このような困難にもかかわらず、お客様の保護を第一に考えておられるということは、私たちが正しい道を歩んでいるということです。私はそれが正しい道だと思います。

マッカーサー氏は、差し迫った見直しについて、政府は、被害を減らし消費者を保護するためのギャンブルの改革方法について、最も多様な意見や指針を受け取ったと述べました。

2005年に行われたギャンブル法の見直しについて、マッカーサー氏は、UKGCがライセンス条件の維持に関して「アクセルを踏み外す」予定はないと述べ、差し迫った見直しが「減速の言い訳」になるとの指摘を退けました。

審査が行われている間も、私たちはアクセルを緩めていないことを明確にしておきたいと思います。私たちは多くの分野で前進しており、ギャンブルをより安全にするために協力していく必要があります」と付け加えました。

お客様のために基準を高める機会があれば、私たちはそれを採用し、必要に応じて予防的なアプローチを採用します。また、法律の見直しを理由に、ビジネスを停滞させることはありません。私たちは、目の前の課題に気を取られることはありません。

また、見直しによって導入される大幅な法改正に備えて、業界が進展させる必要のある3つの中核分野として、手頃な価格、製品設計、単一の顧客に焦点を当てたプロジェクトが挙げられています。

ボリス・ジョンソン政府が主導するこのレビューは、技術の進歩を優先し、「アナログ」な法律をデジタル時代に移行させようとするものです。これは、すべての政党の支持を得ている立法措置です。

ブックメーカーカテゴリの最新記事