ニューヨークは商業カジノへの資金援助を検討|商業カジノが長年にわたり築いてきた負債救済

ニューヨークは商業カジノへの資金援助を検討|商業カジノが長年にわたり築いてきた負債救済

ニューヨーク市では、部族カジノに対抗するために、商業カジノが長年にわたって築いてきた負債を救済する可能性について、真剣な議論が始まっています。

ニューヨーク州のゲーミング委員会は、地元のカジノ運営者の税率を下げたり、部族のカジノに課せられる税率を上げたりするための支援の可能性を検討し始めました。

連邦法によると、アメリカ先住民の部族は、その州でオフラインのカジノを運営することで、非常に特別な扱いを受けています。いくつかのケースでは、部族はその運営のために大規模な税率削減を受けているだけでなく、カジノを運営するための唯一の合法的な選択肢でもあります。

これは、特に東部のいくつかの州では、ネイティブの部族がカジノを独占していることを意味しており、地方自治体と部族の間で行われる取引の道徳的な意味合いを考えると理解できます。

しかし、ニューヨークの商業カジノが長年にわたって直面してきた苦境は、これらの法律の公平性に疑問を投げかけるものである。部族カジノがスロットの収益に対して25%の税金を支払い、テーブルゲームには税金がかからないのに対し、商業カジノはスロットに最大45%、テーブルゲームに10%の税金を支払う可能性があります。

これでは、両者の収入レベルに深刻な格差が生じ、一方が他方に比べて圧倒的に不利になってしまいます。

しかし、一部の弁護士や業界専門家によると、部族は公式に認められた土地でしかカジノを運営できないため、制約もあるという。商業カジノは、合法であれば州内のどこでも運営できるため、都市部に近い場所での運営が有利になる。

弁護士はNYSGCの決定に異議を唱えることが可能

NYSGCは、商業カジノの税法改正の可能性についての調査や検討への関与を肯定も否定もしていませんが、すでに複数の部族カジノ弁護士が、これは巧妙に隠されて設計された救済策であるとコメントしています。

オナイダ部族のコミュニケーション担当副会長であるジョエル・バーキン氏によると、この動議を可決することは、部族が過去に部族指導者と交わした取引に違反することになるという。

その理由は、部族自身が産業界に居場所を得るために、収入や権利の面でかなりの犠牲を払ってきたからだという。

また、若い部族の人たちが適齢期になったら大学に行けるように管理されている資金を考えると、こうしたコストは明らかになる。どう考えても、これらのベンチャー企業は完全に個人的な決断です。

NYSGCは、複数の部族から過去の合意事項に違反しているとして訴えられることは間違いなく、地元の商業カジノを救済するよりもはるかにコストがかかるため、全体的に見て、救済の法的側面は深刻な問題です。しかし、コストを上回るメリットがあれば、ニューヨークはアメリカのギャンブルのホットスポットになるかもしれません。

オンラインカジノカテゴリの最新記事