今後数ヶ月間に注目すべき新しいカジノのトレンド

今後数ヶ月間に注目すべき新しいカジノのトレンド

この数ヶ月間は、ビジネスのあらゆる分野にかつてないほどの困難をもたらしました。カジノも他のレジャー産業と同様に、規制やロックダウンの影響を受けています。

しかし、困難な時代は変化と革新の原動力にもなります。2020年に入ってからオンラインゲームがブームになったのは、人々が時間を持て余し、サイバースペースが唯一の居場所であることを知ったからです。

世界がどのように変化しているのか、新しい技術が新しいオンラインカジノにどのような影響を与えているのかを見てみましょう。オンラインで過ごすにしても、ラスベガスのストリップを散策するにしても、定期的に遭遇するであろうカジノのトレンドをご紹介します。

バーチャル・リアリティは今後ニーズが多くなる

VRは、ゲームにおける聖杯のようなものです。数年前に「HTCヴァイブ」や「オキュラス・リフト」などの製品が発売されたときには、この技術が主流になりつつあることを感じました。しかし、ゲームそのものに関しては、まだ実証されておらず、VRゲームはまだ周辺部に留まっています。

しかし、技術はあります。VRは医療、軍事、建築設計など他の分野でも活用されており、2019年のVR市場は168億ドルと推定され、2023年末には2倍以上になると予想されています。

現在の障壁は、技術的な問題ではなく、消費者の無関心によるものです。

アイゲーミングは、VRの導入をリードしています。この分野では、オンライン体験の臨場感が重要なセールスポイントとなっており、このような競争の激しい市場では、プラットフォームは自社の優位性を高めるための技術への投資に熱心です。

アイゲーミングプラットフォームとVRヘッドセットを組み合わせることで、ビジターは仮想ロビーに入り、ゲームテーブルに座り、カードが配られる様子やホイールが回転する様子を見ることができます。

デジタル通貨利用の便利さ

数年前、最初のビットコインカジノが登場し、何か目新しさを感じて迎えられました。多くの人は、これは流行であり、不運なクリプトキティーズのような他のブロックチェーンベースのゲームのように消えていくだろうと感じていました。しかし、ビットコインや最も人気のあるアルトコインのボラティリティーが低下したことで、採用率が高まりました。

特に、大量の金融取引がモバイル機器で行われている国では、クリプトが一般的になってきています。例えば、ナイジェリア人の3人に1人、ベトナム人の5人に1人が日常的に暗号を使用しています。

訪問者がデスクトップからモバイルに殺到するオンラインカジノにとって、その関連性は明らかです。そのため、「ビットコインカジノ」という概念は薄れつつあり、代わりに通常のiGamingプラットフォームでは、PayPal(ペイパル)やネッテラーなどの伝統的な決済手段に加えて、ビットコインを決済手段として追加し始めています。

これが雪だるま式に好循環になる可能性は十分にあります。ビットコインは、セキュリティ、匿名性、取引速度の面でゲーマーに明確なメリットをもたらします。これらはまさにカジノゲーマーが求めている資質であり、より多くの新しいカジノが暗号をオプションとして提供すれば、より多くのゲーマーがそれを利用するようになるでしょう。同様に、より多くのゲーマーが暗号を使用すれば、より多くの新しいカジノサイトが暗号を提供するでしょう。

オーグメンテッド・リアリティによりゲーム体験が向上する

VRとARは1つのテーマとして語られることが多いですが、カジノ市場への応用や影響は全く異なります。VRが電子空間に新しい世界を創り出すのに対し、ARは現実世界と仮想世界をシームレスに融合させることで、ゲーム体験を向上させます。今後、ARはカジノにおいて、仮想世界と現実世界の両方で、ますます大きな影響を与えることになるでしょう。

VRで重要なのは、顔や音声の認識技術です。社会との距離が縮まれば、現実のカジノでは人との関わりが必要なくなります。

代わりに、受付から機械の前に座ること、夜の終わりにキャッシュアウトすることまで、すべての機能が自動化され、機械やオートキャッシャーはあなたが誰であるかを即座に知ることができます。

同じように、オンラインでは、顔認識や音声認識を使ってバーチャルなゲーム体験に引き込まれ、自分好みのカジノナイトを演出することができます。

規制改革による新しい市場と拡大する市場

世の中には、上記以外にも様々な変化があります。カジノに対する疑念や、ギャンブルに対するモラルの低下など、意識の変化が見られます。その結果、規制改革が行われ、エキサイティングな新しい市場が生まれています。

アメリカがその代表例です。米国の最高裁判所がスポーツベッティングに関する歴史的な判決を下してから約2年が経過し、州間ではあらゆる種類のギャンブルが受け入れられるようになってきています。

さて、米国は大きくて重要な市場ですが、アジアやインド亜大陸のより人口の多い国でも同じような変化が起きています。

日本は2018年にカジノゲームを合法化しました。興味深いことに、これは国内のニーズとはほとんど関係がなく、日本の有権者の大半はこの動きに反対していました。実際には、オリンピックのために何千人もの観光客が到着したときに予想される需要を満たすためのものでした。

この法改正により、サンズ・コーポレーションやMGMリゾーツ・インターナショナル・グループなど、3つのカジノリゾートへの道が開かれた。もちろん、日本は今年のオリンピックに向けてギャンブラーの到着を待っている状態ですが、インフラは整っています。

インドも新興市場ですが、物理的なカジノが合法化されているのは2つの州に限られています。しかし、ここにカジノゲームの真のブームが訪れています。サイバースペースは国や州の境界を気にせず、オンラインでの体験がより良く、よりアクセスしやすいため、ここで本当のゲームが行われているのです。

実際、オンラインブームと意識の変化により、「カジノ」はアメリカで3番目に高いキーワードとなっています。

ライブ・ゲーミングが人気!

これは、よりリアルなカジノ体験を提供するオンラインプラットフォームの人気が高まっているためです。現在、ほとんどのオンラインプラットフォームがライブゲームを提供しており、本物のカジノと同じように、12台のブラックジャックテーブル、6つのルーレットホイール、2つか3つのバカラゲームを見ることができます。

オンラインカジノカテゴリの最新記事