ティム・ミラー:公平性と手頃な価格がUKGCの新しい企業戦略をリード!

ティム・ミラー:公平性と手頃な価格がUKGCの新しい企業戦略をリード!

英国ギャンブル委員会(UKGC)の研究・政策開発を担当するティム・ミラー事務局長は、新たな「企業戦略」の先頭に立つ規制当局の重要な目標を説明しました。

今月のニール・マッカーサー委員の突然の辞任を受けて、CMSリーガル・ギャンブル・カンファレンスでUKGCの幹部として初めて講演したミラー氏は、業界の幹部や幅広いビジネス関係者を前にして、こう述べました。

委員会の企業戦略は、業界の商業的利益を管理し、消費者保護と社会の利益のための保護のバランスをとるための規制当局の戦略的アプローチとして認識されています。

2018年に発足した欧州委員会は、ギャンブルのデジタル化による消費者の状況の変化や、大規模なM&Aによるセクターの構成の根本的な変化を考慮した企業戦略を実施しています。

ミラーは、この3年間、委員会は、「ギャンブルをより公平で安全なものにする」という国家戦略評価の緊急指令を受けて活動してきたことを強調しました。

したがって、UKGCの政策展開は、コンプライアンス、規制介入、技術基準の向上、「不透明な契約条件」の排除に重点が置かれています。

その事業方針指令に関して、ミラーは、規制当局は、行動の優先順位を決めざるを得ない「進化する状況」を継続的に評価しなければならないと述べています。

方針の策定と英国におけるギャンブルの規制条件の見直しを受けて、UKGCは、以下の目的を優先した新しい企業戦略を策定します。

・ギャンブルによる被害から子供や弱者を守ること
・より公平な市場の開発
・犯罪をギャンブルから遠ざけること
・ナショナルロトからの利益を正当な目的のために最適化すること
・ギャンブルの規制を改善し、消費者に情報を提供すること

UKGCは、新戦略を支えるために、「2021年から22年の間に完了させ、対処しようとする主要なマイルストーン」をまとめた事業計画を2021年春に発表することを発表しました。

同委員会の調査・政策部門を率いるミラー氏は、UKGCの消費者保護に関するコンサルテーションにかなりの反響があったことを指摘し、利害関係者は、同委員会が顧客との交流において次に何をしようとしているのかを知りたがっていると述べました。

同氏は、欧州委員会の当面の焦点は、顧客のアフォーダビリティに関連した企業のデューデリジェンス義務に関するコンプライアンス規則を強化することであると答えました。

アフォーダビリティについては、UKGCのケースワークによると、「非常に限られた段階、あるいは非常に遅い段階まで顧客との対話を行わなかったために、見かけ上のアフォーダビリティに賭けてしまうことを許してしまった企業の例が次々と出てきています。

ここではグレーゾーンの話をしているのではありません。ここではグレーゾーンの話をしているのではなく、明らかに余裕のあるレベルのギャンブルの話をしているのです」とミラーは言いました。

私たちのビジネスプランが、ギャンブルによる被害のリスクに対処するための取り組みを特徴としていることは、驚くべきことではありません。実際、ここ数年のギャンブルの規制に関する議論は、当然ながらこれらの問題が中心となっています。この問題に業界の関心を向けることをお詫びするつもりはない」と述べました。

ミラー氏は、闇市場の脅威に対抗し、業界全体のAML対策を強化するために、欧州委員会がライセンスを持つ事業者との協力体制を継続することを強調しました。

また、業界の「進化する風景」のダイナミクスについて考察し、社会がパンデミックを乗り切った後、業界をどのように再構築するかについて、オペレーターからのフィードバックが必要だと述べました。

「私たちは、ゆっくりとしたペースで動いているわけではありません。少々のポジティブなデータでは、私たちはペースを落とすことはありません。目先の課題やリスクに惑わされず、長期的な政策論争にも惑わされません。我々はモメンタムを構築する」とミラーは締めくくりました。ミラーはこう締めくくりました。

ブックメーカーカテゴリの最新記事