マカオ:カジノゲームの新首都に注目!世界のギャンブルの中心地をご紹介

マカオ:カジノゲームの新首都に注目!世界のギャンブルの中心地をご紹介

29.5キロメートルの土地に約40のカジノが点在するマカオは、まさにギャンブル天国です。中華人民共和国の特別行政区であるマカオの総売上高は、米国のギャンブル施設の売上高を上回ります。特筆すべきは、世界で唯一、観光客の半数がギャンブラーであるということです。また、ほとんどが水上に建設された国際空港が不釣り合いに多いのも、世界でも類を見ないことです。また、市の収入の7割は、島にあるカジノのVIPラウンジから得ていると言われています。だから何?地球上で娯楽と過剰を保証してくれるのはラスベガスだけだと思っていたのに。それでは、世界のギャンブルの中心地、マカオをご紹介しましょう。

長さで見るマカオを4つのゾーンに分けて考えてみる

マカオは大きく4つのゾーンに分かれています。北にはマカオ半島があります。中央にはタパイとコタイ、そして南にはコロアンがあります。

マカオ半島

マカオ半島は、マカオの歴史的な中心地であり、後に南へと拡大していった。そのため、ポルトガル文化に関連した歴史的なモニュメントが多くあります。ギア要塞とモンテ要塞は、この地域におけるポルトガルの歴史的影響を示す代表的な例です。

モンテ要塞には、ホンコン寺、レルカ・セナーデの建物、サム・カイ・ヴイ・クン寺などの不思議な建物があります。毎年、これらの場所には世界中から何百万人もの観光客が訪れています。

リスボアホテルは、ポルトガルとアジアの文化が融合したもう一つの素晴らしい例です。1979年に設立されたこのホテルは、その高い評価を維持しています。ポルトガルと中国のデザインと装飾の融合をベースに、素晴らしいコンビネーションと見事なシャンデリアのセットに浸ることができます。このホテルは、ポルトガルの植民地時代を彷彿とさせる、シックで王子的なフレームに映し出されています。

大きなホテルは、マカオのこちら側にもあります。MGMグランド・ウィン、グランド・リスボア、グランド・エンペラー・ホテル、ソフィテル・ブリッジ16…など。

タイパ

マカオ側では、島の歴史に浸り、この小さな島がどのようにして世界のギャンブルの中心地になったのかを理解することができます。タイパの歴史博物館では、その秘密のすべてを学ぶことができます。

リージェンシーホテルのような印象的なホテルは、専用のゲームスペース、レストラン、ビジネスセンター、スイミングプールを備えた大型リゾートです。

白、黄色、ステンドウッドを基調としたこのホテルは、遠目ではあるがポルトガルの海辺のヴィラのような雰囲気を醸し出している。

島のこちら側には、マカオの国際空港がある。この空港は、ほとんどが水面上にある珍しい空港のひとつ。飛行機が離着陸するとき、唯一の問題は海の大きさだが、うまく機能している。

また、島のこの部分にはジョッキー・クラブがあり、競馬中継を見ることができます。

コタイ

このゾーンには、セントラル・コタイ・リゾートをはじめとする有名なカジノがあります。また、シェラトン・ホテル、コンラッド、ホリデイ・インなどの世界的に有名なホテルもあります。

また、ホテルとカジノのコンソーシアムであるシティ・オブ・ドリームズは、マカオのダイナミックな中心地となることを目指しています。そのため、4つの有名ホテルに囲まれています。ハードロック、クラウン、グランドハイアットである。

コタイに設立されたベネチアングループは、前のリゾートから遠くないところに、ラスベガスのカジノと同じようなカジノを建設しました。同じ装飾、同じ空間構成である。アメリカでカジノを見てきた人にとっては、かなり違和感があるかもしれません。

もし、マカオの中心部にオアシスを作ることができたら?それが「ギャラクシー・コンプレックス」である。巨大なカジノに3つのホテルが併設された複合施設である。バンヤンツリー」「オークラ」「ギャラクシーホテル」です。

白と金を基調とした環境にヤシの木やプールがあり、この複合カジノはあなたを魅了します。中国料理店12軒、日本料理店9軒、イタリア料理店4軒、ステーキハウス1軒、ファストフード店2軒など、40軒のレストランやラウンジバーがあり、お腹が空くことはありません。各レストランは、マカオのために特別にデザインされたメニューを提供しています。

また、この複合施設には25の高級店、家電量販店、銀行、ウェディングプランナー、4つの美容室が入っています。

コロアン

コロアンは、マカオの南にある山です。まだまだ自然がたくさん残っています。そのため、自然と農業の博物館があります。また、数多くの公園があり、よく整備され、清掃されています。

色とりどりの魚が泳ぐ噴水、マカオの人々を象徴する花畑、アジアやポルトガルの文化を表現した風景など、車を走らせていると次から次へと不思議なものに出会うことができます。

マカオの中国文化に浸るには、アジアの伝統的な地区であるコロアン・ビレッジの通りを歩いてみてください。島の他の地域よりも空気が新鮮で、人々は笑顔であなたの探検を促してくれるでしょう。

もともとコロアンは、島の漁港・貿易港でした。また、近隣の島との交易も認められていました。今日では、ビーチや日光浴のファンだけでなく、ウォーキングツアーやゴルファーにとってもパラダイスとなっています。

南角にはマカオのボートクラブがあり、ボートをレンタルしてウォーターアクティビティを楽しむことができる。特に、ココナッツの木と細かい砂が混ざったビーチは気持ちがいい。

マカオを代表する複合施設

2000年代に入ってから、マカオのゲーム施設の数は増え続けている。しかし、ベネチアン、シティ・オブ・ドリームズ、サンズ、ウィンなど、他よりも有名な施設があることは認めざるを得ない。これらのゲーミングルームは、その規模が違うだけではない。これらのカジノが他のカジノと違うのは、興奮、快適さ、満足感、喜び、サービスの質などです。

お近くのカジノをお探しの方は、当サイトの検索バーにある「ニア・ミー」ボタンをご利用ください。

ザ・ベネチアン

2007年8月22日にオープンしたザ・ベネチアン・マカオは、世界で最も大きく、最も美しいカジノのひとつです。アメリカの大手ゲーム会社であるラスベガス・サンズが運営しています。ゲーミングルームはラスベガスと同じで、ホテルは「ベネチアン」と「フォーシーズンズ」の2つがあります。

アジア最大のカジノホテルであるベネチアンのオープン時には、NBAやシルク・ド・ソレイユが登場し、ベネチアンの国際的な知名度の高さを物語っていました。

20のレストランが、地元の名物料理や世界の料理を提供しています。

15,000人を収容できるベネチアンシアターでは、大規模な演劇やオペラでお客様をお迎えしています。

ギャンブラーは、洗練された楽しい雰囲気の中で情熱を傾けることができます。スロットマシンやテーブルゲームは、複数のフロアに分散して設置されています。また、スロットマシンやテーブルゲームは複数のフロアに分散して設置されており、経験豊富なギャンブラーやプロの方々が、素晴らしいゲームの世界に浸ることができます。

シティ・オブ・ドリームズ

2009年6月1日にオープンしたシティ・オブ・ドリームズ。オーストラリアの大富豪ジェームズ・パッカー氏が、マカオのエンターテインメントと観光の中心地にするために尽力しました。

夜になると、シティ・オブ・ドリームズは、ブランド名と施設名を記した青いライトですぐにわかります。この施設のモダンなデザインは、若い客層を惹きつけている。

シティ・オブ・ドリームズは、派手なギャンブラー、マニア、プロ、ハイローラー、そして好奇心旺盛な人など、あらゆるギャンブラーにとって完璧な場所です…。VIPルームでは大きなスリルを味わうことができます。VIPルームは、大きなスリルが好きで、ハイローラーに対抗したい人のための部屋です。

宿泊施設としては、4つの高級ホテルがあります。クラウンタワー」「ハードロック」「グランドハイアット」の4つです。これらの高級ホリデーリゾートでは、特別な時間を過ごし、たくさんの良い思い出を作ることができます。

セントラル・コタイ

“アット・ザ・ハート・オブ・イット・オール・アート・オブ・イット・オール”がセントラル・コタイのコンセプトです。

シェラトン、コンラッド、ホリデイ・インの3つのホテルで構成された巨大なラグジュアリーホテルです。

免税店でのショッピングをお楽しみください。セントラル・コタイには100以上の店舗があります。向かいにあるベネチアンやフォーシーズンズの店舗を含めると、合計800店舗にもなります。

コタイ・セントラル

ケータリングでは、20以上のレストランがそれぞれの得意料理を提供しています。中国料理、日本料理、イタリア料理、西洋料理など、さまざまな料理が用意されています。

このホテルでは、お子様はドリームワークスのエキサイティングな世界に浸ることができます。このホテルでは、子供たちはエキサイティングなドリームウォーカーの世界に浸ることができます。お客様が滞在を楽しんでいる間、お子様は大好きなヒーローと一緒にアクティビティに参加することができます。

サンズ

ラスベガス・サンズグループのもうひとつの施設であるアジアン・サンズは、観光客や中国人ギャンブラーにとても人気があります。このマカオのカジノは、アジアで最も有名で、最も快適なゲーミングルームです。

ケータリングについては、8つのレストランがメニューを提示しています。マクドナルドやKFCなどのファストフードから、質の高いビュッフェ、日本食レストランやゴールデンコート、コパ・ステーキハウスなどのファインダイニングまで、ゲストは驚きを隠せません。驚くことでしょう。

サンズは、古風な外観にモダンで洗練されたデザインが特徴です。内部は親しみやすく、きらびやかな装飾が施されています。多言語で親切に対応してくれるスタッフは、ゲスト一人一人が自分の家のようにくつろいで、ここでの時間をより有効に活用できるようにしてくれます。

一日の終わりには、スパ・アット・サンズが提供する上質なケアをお楽しみください。プールサイドにはデッキチェアとベッドをご用意しておりますので、静かな環境でゆっくりとお休みいただけます。

ギャラクシー

この複合施設は、その豪華さでお客様を驚かせます。純白で金色に輝く建物は、19億米ドルの価値があると推定される最高のマカオの複合施設に住んでいることを保証します。これは、アジアの新しい宮殿を目指す複合施設としては当たり前のことです。

「バンヤンツリー」「オークラホテル」「ギャラクシーホテル」の3つの高級ホテルが、2,200室の客室とスイートルームで夢のような生活を提供します。

本物のグルメ、シンプルなグルメ、そして早く食べたい人のために、ファストフードからガストロノミーまで40のレストランが食の欲求を満たします。世界各国の料理を味わえるだけでなく、現地の文化を発見することもできます。

驚きを与えるために、約25,000平方フィートの人工ビーチと大きな波のプールが作られています。大規模な劇場では世界的に有名なショーを見ることができますし、3D映画館も10館ほどあります。子供も大人も、ここでは楽しい時間を過ごすことができます。

29の高級ホテルでショッピングを楽しんだ後は、3つのウェルネスセンターで自分の体をケアするのも楽しいものです。魅力的なトリートメントカードがあなたを待っていて、あなたを満足させるでしょう。

スター・ワールド

お約束通り、完璧な例をご紹介しましょう。確かに、ラスベガスには非典型的なデザインのホテルがあります。しかし、スターワールドは素晴らしい。

この巨大なリゾートには4つのレストランがあり、いずれもアジアンデザインをベースにしていますが、スタイルやテイストは様々です。特にJade Gardenは、乳首が喜ぶような高級料理を提供しています。

美しいパノラマを楽しみたい?スターワールドはそんなあなたにチャンスを提供します。ホテルの17階にある「インフィニティ・スイミングプール」では、デスクチェア、ラタンチェア、ビーチベッドに囲まれた快適なスイミングプールをお楽しみいただけます。マカオでドルチェ・ヴィータ?インクレディブル!

アジアのウイスキーは専門家の間では有名です。このホテルのバーラウンジの名物です。おしゃべりしながら目の前で作られるカクテルの新鮮さには驚かされます。

希少なヴィンテージウイスキーも楽しめます。バーテンダーが提供するおいしいシガーを味わい、テラスからの眺めを楽しみ、ライブミュージックやグループディスカッションに耳を傾ける。

ウイスキーバーでも、専用のパフォーマンスエリアでも、スターホテルでは多くのショーを楽しむことができます。ダンス、コンサート、ユーモアなど、お好きなショーを選んで、楽しい夜をお過ごしください。

ウィン&アンコール・ラスベガス

ラスベガスの高級ホテル、ウィン&アンコール・ラスベガスをご存知ですか?もしそうなら、アジア版のマカオのウィンに戸惑うことはないでしょう。アジア版の方が新しく、少しモダンであることを除けば、すべてが同じです。

そこには、高級ホテル業界を象徴するような、非常に緻密な高級感があります。そして、その野心はウィンで提供される料理にも表れていて、7人のヘッドシェフがそれぞれ独自のメニューを提供しています

ミシュランガイドで2つ星を獲得した中国料理店「金華」をはじめ、日本を代表するシェフによる「水美」、手打ちパスタやピザで有名なイタリアンシェフなど、4つの優れたレストランがあります。このように、マカオのウィンは目を楽しませてくれます。

ウェルネスをお求めですか?私たちのサロンと2つのスパがあなたの欲求を満たします。リラックスしたカジュアルな雰囲気の中で、真のウェルネスパラダイスが生まれます。

ショッピングでは、28の専門店が皆様をお待ちしています。眼鏡、ハンドバッグ、洋服など、この豪華なコンソーシアムはあなたを失望させません。

ウィンには、たくさんのアニメーションや魔法があります…. クラゲ水族館、24金の巨大なドラゴン、噴水ショー、ラウンジバー、クラブなど、退屈することはありません。

MGM

マカオのMGMグランドは今でもその素晴らしいデザインを維持しています。

この豪華なホテルでは、王様のように食事をすることができます。フレンチ、イタリアン、広東料理、アジア料理、スイーツ、予約をすれば、それぞれの料理の味と迫力に驚かされることでしょう。

シックで洗練された雰囲気のABAバーでは最高級のワインやシャンパンを味わうことができ、ライオンズバーでは生演奏のバンドやDJの演奏で夜通し踊ることができます。

MGMグランド

一日の疲れを癒した後は、MGMグランドのリラクゼーションエリア、息を呑むような眺めのプールをお楽しみください。特にシックス・センス・スパは必見です。そこでの合言葉は「静けさ」だけ。最高のマッサージとケアで癒されます。

美術品、高級品、衣類、靴、お土産: …… ホテル内のショッピング・テンプルで必要なものはすべて揃います。

また、ホテルが提供しているアクティビティもお見逃しなく。現在、「ウォーターオーロラ」という体験を提供しています。これは、8メートルの円筒形の大水槽で、1,000匹以上のエキゾチックな魚を発見するというものです。

優れたプランニング

マカオは小さな都市ですが、様々なアクティビティやエンターテイメントを提供しています。迷子にならないように、しっかりとした準備と情報収集をしましょう。どうやって移動するのがベストなのか?おいしい食べ物はどこにあるの?買い物はどこですればいいのか?どこの地区やホテルに泊まればいいのか?これらすべての質問とそれ以上の質問に答えて、あなたの旅を成功に導きます。

マカオの交通機関について

マカオの散策には徒歩が最適です。街は安全で、マカオの隠れた魅力を発見するには歩くのが一番です。

次にバスです。バスは安定していますし、タクシーやリキシャのように値切る必要もありません。タクシーや人力車はどこにでもありますが、運転手は英語を話せません。

エンターテイメント

街のいたるところで見られるゲームのほかに、ファッション・クラブ、ベリーニ・ラウンジ、シンバーなどの重要な場所は訪れる価値がある。

昼も夜も、人と会うときも、リラックスするときも、遊ぶときも、踊るときも、これらのバーやナイトクラブはマカオで最高の場所です。環境はシックで、雰囲気は華やかで、パフォーマンスやサービスは一流です。

ベリーニ・ラウンジがベネチアンにあるとすれば、ファッション・クラブはフィッシャーマン・ワーフエリアにあり、シンバーに関しては、マカオでのナイトライフに最適な場所と言えるでしょう。

エルバナリオス通りやノッサ・セニョーラ・ド・アンパロ通りを歩けば、街の古い部分を思い出すことができます。

カジノ・グランド・リスボアは、これらの通りから徒歩数分のところにあり、旅行者に人気があります。

マカオはショッピングが魅力的

マカオには税金がないので、ショッピングはとても魅力的です。ただし、家具、宝石、機器、骨董品には注意が必要です。これらの商品は高価であり、書類も本物で合法的なものでなければなりません。

とはいえ、ショッピングに最適な場所は、サンパウロ通り、カンポ通り、レッド・マーケット、サン・ドミンゴ・マーケット、アルメイダ・リベイロ通りだ。

リゾートのビジネスセンターに加えて、コタイにはあらゆる種類の最も美しい店舗があります。特に、ポルトガルワイン、不動産、投資商品、衣料品などがあり、観光客の主な購買対象となっています。

マカオはどこで食事をすべきか

レストランによっては、値段が3倍になったり、10%のチップが加算されたりします。マカオの地元料理はまだリーズナブルな価格です。これは、カルド・ベルデ、ガリニャ・アフリカン・ピカンテ、ポンボ・アサードなどの古典的なアジア料理に当てはまります。

また、魚料理(ロースト・タール、サルディニア・アサード)や飲み物(バーデ・ワイン、ホワイトワイン、レッド)などの大きな料理もあります。

これらの料理やレシピは、マカオの大きなリゾート地や近隣のレストランで提供されています。また、小さな店や街角でも販売されています。

マカオの料理のすべてを味わうには、必然的にアルフォンソ3世に行かなければならない。

ここ数年でマカオが発展し、街のほとんどが中国人で占められるようになっても、この地域の住民はポルトガル文化に触れているのだ。

マカオには、ポルトガル語の名前が残っている場所や通りがあります(ルア・ダ・リザレクション、セント・オーガスティン広場、プレス・リラウ…)。植民地時代の建物がたくさんあります。多くの植民地時代の建物があります。多くの植民地時代の建物が残っています(バシリカ・セント・ポール, マウンド。ガイア・ヘッドライト, ロイヤル・セネイト…)。ヴァスコ・ダ・ガマ、フェルナンド、アントニオ、オ・サントスをイメージしたポルトガル料理店は、今でもマカオでは有名です。

マカオの観光は観光客が絶えないほどの人気

マカオはカジノやリゾートで有名ですが、中華人民共和国の特別行政区であるため、ポルトガル植民地時代の名残があり、ユネスコに登録された遺産もあります。いずれにしても、一日中アクティビティが行われており、観光客は絶えない存在です。この小さなパラダイスにズームインしてみましょう。

マカオには、中国との国境近くにある市立の孫文公園をはじめ、約20の庭園がある。市の北部、フイン大通りに位置するこの公園は、鳥かご、有名な「連続握手」の構造、幸運をもたらすと言われる「風水の森」、ビクトリア調のガラス温室、珠海のパノラマビューなど、他の公園とは一線を画している。

コロアンにあるシェイクパイワン公園のジャイアントパンダのロッジも多くの観光客を魅了しています。マカオ初のテーマ型レジャーセンターであるフィッシャーマンズワーフは、120万平方フィートの面積を誇り、観光客の感嘆と喜びを呼び起こします。ダルマの文化村は、その独創性と美しさで毎日多くの観光客を魅了しています。この村には、世界最大の媽祖の置物である媽祖像があります。

また、1874年に建てられたムーア人の小屋など、ポルトガルがマカオを植民地化していた頃の名残があります。当初、この建物は地元の警察を支援するためのインド兵を受け入れるために建てられました。現在は、マカオの海軍管理局の所在地となっています。

リアル・セナド館、元老院会議場、カサ・ガーデン、聖ポール天主堂跡など、マカオの文化的・歴史的な痕跡は、マカオ観光の真のクラシックと言えるでしょう。

サンラザロ地区と歴代のコロニアルハウス、360度回転するレストランを備えた市内で最も高い展望台であるマカオタワー、プライア・ド・マンドゥコ通り沿いの市場などは、マカオの最も重要な観光スポットのひとつです。

珠江と南シナ海に囲まれたマカオ。また、この地域にはナムヴァン湖があります。この地域には南灣湖があり、その水域を通って町を訪れたり、中国本土(香港や広州)に行くことができます。

オンラインカジノカテゴリの最新記事