長崎はIR入札プロセスを進めるために3者が次の団塊の面接に進む!

長崎はIR入札プロセスを進めるために3者が次の団塊の面接に進む!

長崎県は、統合型リゾートであるIRのパートナー候補を絞り込みました。
絞り込みの結果、3社が次の段階の面接に進みました。

長崎県は、第一次募集で5社から提案を受けました。
他の日本国内のIR候補地と比べると、5社は多いといえます。
その5社に、初期アンケートを依頼し審査をしまし。

5社のうち2社が次のステージに進むことになりました。
次のステージに進んだパートナー候補は、カジノ・オーストリア・インターナショナル、オシドリ・インターナショナル・デベロプメント・アンド・イッツ・パートナーズ・モヒガンゲーミング・アンド・エンターテインメント、ニキ・チャウ・フーグループの5社です。

ニキ・チャウ・フーグループは、日本の商業施設開発会社であるニキ・グループと、台湾の建設会社であるチャウ・フー・グループ(通称パークビューグループ)で構成されています。

進展しなかったのは、ワンキュウシュウと、日本のコングロマリットであるピクセルカンパニーズが主導し、フランスのパルトゥーシュ・グループが参加したコンソーシアムであるカレント・グループです。

カレント・グループは、ジャンケット業者の広東グループ、日本のカレント・コーポレーション、ゲットナイス・ホールディングス、不動産投資家のサクセス・ユニバース・グループ、香港上場のITCプロパティで構成されています。

この3社は、佐世保のテーマパーク「ハウステンボス」の跡地に建設されるIR会場の計画について、次の審査を受けることとなります。

また、統合型リゾートの運営に適しているかどうか、独立した検査機関による細かい監査を受けなければなりません。
2021年8月までに、長崎IRの最終的なパートナーが決定される予定となっています。

日本政府による3つの統合型リゾートの選定作業も、まだ行われていない状態です。
長崎IRは、2021年の夏から秋にかけて最終的な決定がなされることが期待されています。

佐世保市民の同意が得られれば、着工は2023年以降となり、開業はそれ以降になると思われます。
長崎IRは地元住民からの反対意見は少ないので、長崎がIRに選ばれれば着工出来ることは間違いないといえるでしょう。
現在、新型コロナウイルス感染症の影響により着工が延期となっており、開業次期は未定となっています。

現在、佐世保市と並ぶ3つのIR候補地を巡って、複数の都市が争っています。長崎の他には、東京、横浜、大阪、和歌山の首都圏も手を挙げています。
この5つの首都圏のいずれかの最高3つの場所で、IR施設が建設される可能性がある状態となっています。
大都市である横浜と大阪は有力と言われているので、残り1つの枠を3つの首都圏で奪い合うのではないかと言われています。
長崎IRに手を挙げている業者は、長崎らしい他にはないIRを実現しようと様々な独自の案を表明しており、他の首都圏にはない大きな魅力あるIRになることが期待されます。

長崎IRは、2018年7月に政府の承認を得たプロジェクトです。
複数の商業的・文化的アトラクションを備えたサイトにより、観光を盛り上げることを目的としています。
長崎IRも、九州の収益や雇用を高くすることができると、様々な調査から数字が挙がっています。
長崎に誘致ができれば、九州全体の再生にもつながるのでは、とも言われています。

日本のIRの法律によると、リゾートは床面積の3%以下をギャンブルに充てることができます。
長崎IRはカジノの他に、様々な魅力ある施設が含まれることになっています。

日本国民がカジノに入る場合は、入場料を支払う必要があります。
なお、外国から来られた方は、入場料無料で入場ができます。

ブックメーカーカテゴリの最新記事