アイルオブポンパノカジノ(フロリダ州)でマルチアクションポーカーが可能に

アイルオブポンパノカジノ(フロリダ州)でマルチアクションポーカーが可能に

2015年9月から、フロリダのアイル・オブ・ポンパノ・カジノでは、マルチ・アクション・ポーカーを提供しています。アメリカでこのタイプのゲームを提供している唯一のポーカールームです。

マルチ・アクション・ポーカー(MAP)は、2012年にラスベガスの「アリア」で初めて導入されました。しかし、考案者のティモシー・フラジン氏が改良を加えたいと考えたため、2013年に廃止されました。

MAPは、2人のディーラーが向かい合い、同じテーブルで2種類のポーカーを同時にプレイするというシンプルなゲームです。

ポーカーでは、上手なプレイヤーは約80%の確率で手札を捨てるので、ダウンタイムが多いのですが、MAPでは常にアクションがあります。” MAPでは、常にアクションがあります。もし長い判定があったら、(他のテーブルでの)アクションはもっと早くなるでしょう」とフラジン氏は言う。

混乱を避けるために、テーブルはディーラーごとに色分けされています。つまり、プレイヤーの目の前には、ゲームごとに2つの異なるスペースが用意されているのです。

チップも違えば、カードの配置も違い、ポットも違います。カードのデッキは、表と裏の色で区別されている。したがって、プレイヤーはチップやカードを交換することはできない。

マルチアクションポーカーテーブルの目的は、プレイするハンドの数を2倍にして、短時間でプレイヤーの成功のチャンスを最大化することです。

両方のディーラーが同じポーカーを提供することもできますが、異なるゲーム(例:ノーリミットホールデムとオマハ)を提案することもできます。

標準的なテーブルは8ハンドですが、10ハンドのテーブルも用意されています。

オンラインカジノカテゴリの最新記事