取ったらいけない!全く発動しない地雷スキルまとめ!発動条件が厳しいスキル!

取ったらいけない!全く発動しない地雷スキルまとめ!発動条件が厳しいスキル!

今回のテーマは「取ってはいけない地雷スキル/トラップスキル特集」です。スキルptで取るべきスキルは?何も知らないと取りたくなってしまうかもしれませんが、実は取ってはいけない地雷スキルもあるんです。それは「発動条件が厳しい」という理由で全く機能しないスキルであり、今回はそんなスキルの一覧を紹介したいと思います。

今回はそんなスキルの一覧を紹介したいと思います。中には一見普通に見えても全く機能しないものもありますので、自分に合ったスキルを選ぶ際の参考になれば幸いです。

地雷度レベル★★★★★のスキル

地雷度レベル★★★★★のスキルを、以下にご紹介いたします。

鋼の意志/隠れ蓑

地雷スキルといえば、まずは「鋼鉄の意志」のマスターです。桐生院がプレゼントしてくれたのですが、渡したところ「全然効かない!」と言われてしまいました。と激怒したトレーナーは数え切れないほどいました。

レアなスキルだからといって、使えないわけではありません。初心者の方は騙されないようにしましょう。

危険回避

ゲームを長くプレイしている人なら必ず持っているであろうスキル「危険回避」の習得です。これは、多くの人が “キタサンがくれるし、安く手に入るから持っておこう “という意識で取っているスキルです。

「全然効かない」という罠のスキルです。序盤で囲まれたときに効果を発揮するようになっていますが、逃げている最中に囲まれるケースはあまり見られません。これを使うくらいなら、札幌競馬場のスキルを使ったほうがいいでしょう。

二の矢

デッキの外からセイウンスカイイベントが飛んでくると、「二の矢」を覚えたくなります。名前はかっこいいのですが、発動条件がとても難しいです。

フィールドの半分後ろにいる必要があり、走っていたら物理的にほとんど無理です。得られるスキルポイントが高いからといって、スキルが強いと勘違いしてはいけません。…….

地雷度レベル★★★★のスキル

地雷度レベル★★★★のスキルを、以下にご紹介いたします。

圧倒的なリード/大きなリード

レアスキル「圧倒的なリード」はバクシンオーをLv.5程度まで覚醒させる必要があるため、このスキルを体験するにはノーマルスキル「大きなリード」をマスターするのが一番簡単です。このスキルはバクシンオーをLv.2に覚醒させることで習得できますが、チーム戦ではテキストに書かれているような状況は全く期待できませんし、仮に習得したとしても全く通用しません。

効かないことを教えてくれるテキストはちょっと良心的なので、4点にしていますが、全く取得をお勧めできない程度には5点のスキルと同じですね。

先陣の心得/リードキープ

「先陣の心得」マスターは、ガチの長距離走サポートマスターである目白パーマーが教えていることで有名です。ビッグリード」の長距離版ですが、発動条件がかなり厳しくなっています。

貴重なスキルptをこれに使ってしまうのはもったいないですね。通常のマックイーンの覚醒Lv3で習得できますが、このために覚醒Lvを上げる必要は全くありません。

火事場のバ鹿力/別腹タンク

ストーリー中で配布されるSSRライスシャワーから手に入る「火事場のバ鹿力」のマスターです。文章からしてすでに使えなさそうな匂いがプンプンしますが、本当に使えます。

スタミナが足りないと効かないスキルで、効いたとしても基本的にはゴール前です。このスキルを習得することは、まったくお勧めできません。

地雷度レベル★★★のスキル

地雷度レベル★★★のスキルを、以下にご紹介いたします。

豪脚/上昇気流

応援している小栗さんが教えてくれた有名な「豪脚」マスターです。一見すると強そうに見えますが、実は発動条件が非常に厳しいのが問題です。ゲーム終了時にこのスキルが半分以下になっていないといけないようで、インサートとして使用した場合は発動しません。

このスキルの習得はお勧めしませんが、ハードに使いたい場合は、追走スキルとして使うか、レース中にあまり加速しないような構成にした方が良いかもしれません。

乗り換え上手/差し切り体勢

グラスワンダーの覚醒Lv.5やガッツリ勝利チケットで習得できるスキルです。テキスト上では簡単に発動できるように見えますが、実はこのスキルも発動条件が厳しいのです。

「豪快」と同様に、ゲーム終了時に半分以下になっていないと発動しません。

電撃の煌めき/詰め寄り

「電撃の煌めき」は覚醒Lv.3で習得できるキングヘイローの有名なマスタリーです。 発動条件は「豪腕」や「グッドターン」と同じで、試合終了時に半分以下のランクになっていることが条件です。

それほど効果がない上に、短距離戦では前の相手があまり減速しないこともあるので、効果があっても負けてしまう可能性が高くなります。基本的にはお勧めできません。

独占力/束縛

覚醒レベルを上げることで習得できる「独占力」にはいくつかの名人がいます。私はシンボリルドルフで何度かこのスキルと格闘しましたが、全く使い物になりませんでした。

発動させるためには、「豪雷」と同じように、レース終了時のスタミナが半分以下になっている必要があります。このスキルを有効に使うには追走で使う必要がありますが、その場合でもレース中に加速しすぎると効果が出ないことがあります。このスキルを有効に使いたい場合は、デバフのスペシャリストにした方がいいかもしれません。

八方にらみ/鋭い眼光

ナイスネイチャーの覚醒Lv.5で習得できる、夢のようなデバフスキル「八方睨み」の使い手。文章だけ見ると非常に強力な印象を受けますが、モノマネと似たようなスキルで、終盤にはランキングの半分以下になることが条件です。

ネイチャーをデバフに特化させたい人にはいいかもしれませんが、覚醒Lv5にアップグレードした後に取るべきスキルかというと、ちょっと疑問が残りますね。

魅惑のささやき/ささやき

マスター「魅惑のささや25」は、ナイスネイチャーの覚醒Lv.3で習得できるレアスキルです。ある意味、テキストにあるように、中盤で目の前の馬娘に阻まれた時にしか発動できないので、あまり発動は期待できません。

わざわざこれにスキルptを使うくらいなら、他のことに使ったほうがいいのが一般的なので、そういう意味では自然覚醒Lvをそこまで上げるのはおすすめできません。

ノンストップガール/垂れウマ回避

上位スキルの「ノンストップガール」は、SSR「スノービューティー」と「マヤノトップガン」をLv.5に覚醒させる必要があるなど、獲得が少し難しいので、獲得しがちなスキルはSSR「トウカイテイオー」と「ウォッカ」のイベントで入手できる「垂れウマの回避」です。こちらも「ラストスパート時に馬の前方を塞いだ時」に発動するという条件があり、ほとんどの場合は発動しません。

ブロックされたときのお守りとして持っておくといいと思いますが、スキルptは安くはないので、基本的には他に有用なスキルを持っている場合に取ることをおすすめします。

どこ吹く風/ウマ込み冷静

マチカネタヌイザやハルウララなどのルート支援者が持っているスキルなので、ルート訓練以外で目にすることはまずありません。難点は、囲まれて不利な状況になったときにしか発動しないこと。

馬娘であればこのスキルを採用してもいいかもしれませんが、このスキルを習得するのであれば、他に優先すべきスキルがあります。

先頭プライド

一見、ランナーが持っていても良さそうなスキルですが、あまり効果はありません。このスキルは「レース開始時に追い抜かれたとき」に発動しますが、レース開始時に追い抜かれることはまずないので、このスキルを習得する優先順位は高くありません。

ただし、スキルポイントに余裕があり、特に習得したいスキルがない場合は、このスキルの習得を検討してもよいでしょう。

さいごに

これは大まかなリストですが、ここに挙げた地雷スキルを習得することはお勧めできません。★★★のスキルはまだ望みがありますが、普通に覚えてもあまり効果がないので、それを意識するなら覚えたほうがいいでしょう。

今回の記事では、「ひとりさま◯」や「大井競馬場◯」など、わかりやすいものは省いていますが、トレーニング時にスキルを覚える際の参考になれば幸いです。

海外競馬カテゴリの最新記事