ジェームス・ミューレン氏2025年に「mgm ジャパン」がオープンすると予測

ジェームス・ミューレン氏2025年に「mgm ジャパン」がオープンすると予測

MGM リゾート社の会長兼CEOであるジェームス・ミューレン氏は、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ2017ジャパン・カンファレンスにおいて、運営会社の日本における目標を示唆し、2025年のMGM ジャパンのオープンを予測しました。彼は、2025年のMGMジャパンのオープンを予測しました。

建設には100億ドルの投資が必要な統合型カジノリゾートで、ジェームス・ミューレン氏は、日本の放送局のコンソーシアムの一員になりたいと述べ、他の日本企業との実りあるパートナーシップを築くことを約束しました。

また、MGMリゾーツのCEOは、日本独自の統合型リゾートを作ることを約束した。また、大阪駅、東京駅、横浜駅についてもコメントしました。この3つの都市は、ライバル会社であるウィン・リゾーツ社がすでに進出を計画している都市です。

日本の伝統や価値観を尊重したリゾーツ建設

MGMリゾーツは、日本の伝統や価値観を尊重した統合駅の設計に着手しています。また、日本の企業とは、堅実で信頼性の高い安定したパートナーシップを維持していきたいと考えています。

先週、元在日米国大使館特命全権大使のジェイソン・P・ハイランド氏を日本MGMリゾーツの代表代理人兼社長に任命し、日本市場へのコミットメントを強化しました。

また、MGM日本ステーションの建設に向けて開発専門家を日本に派遣し、組織体制を強化します。拡大するチームを迎えるため、MGMリゾーツは赤坂オフィスを東京・大手町に移転します。

戦略的移行に向けての取り組みや考え方

2014年に東京と大阪に移転して以来、MGMリゾーツの日本オフィスは、統合ステーションに関する日本政府、民間団体、産業界への情報提供と関係拡大を続けています。

また、MGMリゾーツは大阪にもオフィスを開設し、国内市場の情報収集に努める予定です。実際、ジェームス・ミューレン氏は、ジェイソン・P・ハイランド氏をチームの一員として数えられることを嬉しく思い、彼のアイデアと経験が会社に役立つだろうと語っています。

また、CEOはジェイソン・P・ハイランドの外交力、日本文化への深い理解、リーダーシップ、交渉力、日本語の知識などの資質を引き続き信頼している。

また、日本MGMリゾーツのマネージング・ディレクター兼CEOのエド・ブロワーズは、東京のビジネス街の中心部にMGMリゾーツの新オフィスを開設し、チームを拡大したことは、MGMリゾーツの決意とコミットメントの表れであるとコメントしています。

エド・ブロワーズによると、この新オフィスはまもなくMGM日本チームの新しい本部となり、チームは現在、日本専用のステーションの構築に注力しています。

ジェイソン・P・ハイランドは、日本での14年間を含め、17年以上にわたってアジア大陸で研究、仕事をしてきました。大阪、東京、札幌、福岡に住み、日本中を旅してきました。

オンラインカジノカテゴリの最新記事