BGCが「非論理的な」北東部のCovid-19門限を爆破!「非論理的」で「無意味」

BGCが「非論理的な」北東部のCovid-19門限を爆破!「非論理的」で「無意味」

イギリスの業界標準化団体であるベッティング・ゲーミング・カウンシル(BGC)は、イングランド北東部のカジノに夜間外出禁止令を導入するという政府の決定を非難し、この措置を「非論理的」で「無意味」なものとしました。

イギリスの業界標準化団体であるベッティング・アンド・ゲーミング・カウンシル(BGC)は、イギリス北東部のカジノに夜間外出禁止令を導入するという政府の決定を非難し、この措置を「非論理的」で「無意味」なものとしました。

2020年9月17日、イギリス政府は、ニューカッスル、ゲーツヘッド、サンダーランド、ノーサンバーランド、サウスタインサイド、ノースタインサイド、カウンティ・ダーラムのレジャー施設(カジノを含む)は、午後10時に閉店しなければならないと発表しました。

その他、同地域での封鎖措置として、自宅以外での人付き合いやバブルの支援を禁止するほか、公共の場での交流を控えてもらうなどの措置が取られています。

この決定は、同地域で新型コロナウイルス(Covid-19)の新規感染者が大幅に増加している中で行われたものです。
2020年9月、イギリスのいくつかの地域で被害が出ている同ウイルスの感染拡大をイギリス政府が遅らせることを目的としています。

しかし、BGCは今回の措置、特にレジャーセンターへの外出禁止令を批判しています。カジノでは取引の50%から70%が午後10時から午前5時の間に行われているので、規制の影響は不釣り合いであり意味がないと指摘しています。

また、BGCの広報担当者は、この影響により、規制緩和後も営業を再開できないカジノが出てくる可能性があると述べています。
規制緩和後営業が再開できず、閉店となる店舗も発生するのではと心配しています。

BGCの広報担当者は、「これは非常に残念で非論理的な決定であり、カジノ業界の雇用喪失につながることは避けられません。私たちは公衆衛生を守るために迅速に行動する必要性を全面的に支持しますが、単純な事実として、カジノは国内で最もコヴィドで安全な場所の一つであり、ウイルスの拡散を遅らせるために閉鎖を命じることは全く意味がありません。

2020年9月中旬、イギリスのカジノは公衆衛生の専門家から再開の許可を得ました。それは、柿の葉スクリーンからクラス最高の追跡システムまで、カジノが実施しているコビット対策を自分の目で確かめ自信があるからです。

さらに、カジノのゲストはほとんどが一人かカップルです。そのため、会場との社会的な距離を保ちやすくなっている状態です。

今回の組織の介入は、2020年9月中旬にBGCの最高経営責任者であるマイケル・ドゥーゲル氏とゲンティン社のイギリス子会社の社長であるポール・ウィルコック氏が文化長官のオリバー・ダウデン氏に書簡を送り、イギリスのすべてのカジノに門限を設けることへの懸念を表明したことを受けたものです。

ドゥゲル氏とウィルコック氏はこの書簡の中で、この動きによって英国の14,000人のカジノ従業員のうち「数千人」が職を失うことになると述べています。
営業縮小や店舗閉鎖により、多くの従業員が職を失ってしまう最悪な状態となることが予想されるからです。

イギリス政府は、ランカシャー州での新型コロナウイルスCovid-19感染者の増加を受けて、本日、同州での同様の地域封鎖を発表する予定です。

また、イギリス政府は、新型コロナウイルスCovid-19の陽性反応が出る人の数が今後も増え続けることを懸念し、イングランド全土で厳しいルールを導入する可能性もあると言われています。

2020年8月17日、イギリスでは新たに3,395件の新型コロナウイルスCovid-19の症例と、それに関連した21人の死亡が記録された。

ブックメーカーカテゴリの最新記事