キンドレッドは第3四半期にCovid-19の混乱の中で勢いを維持!

キンドレッドは第3四半期にCovid-19の混乱の中で勢いを維持!

キンドレッドグループの最高経営責任者(CEO)であるヘンリック・ジャーンストロムは、同社の多様なビジネスモデルにより、第3四半期に発生した新型コロナウイルス(Covid-19)による継続的な混乱を回避することができたと述べました。

9月30日に終了した3ヵ月間の賞金総額は、前年同期比24.2%増の2億8,070万ポンド(3億1,150万ユーロ/3億6,910万ドル)となりました。

これは、欧州各地で2019-20年のサッカーシーズンが終了し、2020-21年版が始まった期間に、スポーツベッティングからの収益が10.5%増の1億2,090万ポンドとなったことによるものです。

これにより顧客活動が活発化し、顧客資本は21.2%増の14億8,000万ポンドとなりましたが、利益率は当四半期中に悪化し、無料ベット後で8.2%となりました。

しかし、オンラインカジノは依然として主要な収益源であり、第3四半期の合計額のうち1億4,500万ポンド(前年同期比38.5%増)を占めています。ヤーンストーム氏は、スポーツが復活したにもかかわらず、顧客活動、特にオンラインカジノでは、再び賭けの選択肢が増えたわけではなく、ほぼ維持されていると述べています。
ポーカーは、2019年第3四半期、垂直方向にミニ復活した時期があったものの、収益は30.8%増の680万ポンドとアウトパフォームしました。しかし、これは第2四半期の最高値である970万ポンドから29.9%減少したことになります。その他の製品は、さらに800万ポンドの収益に貢献しました。

地域別では、収益の61%が地理的に規制された市場からのものでした。

ジャーンストロム氏は、「これらの市場への参入は、短期的にはマイナスの影響を与えることが多いのですが、うまく管理すれば、これは一時的なもので、時間の経過とともに収益性は回復します」と述べています。

西欧はキンドレッド社の主な収益源であり、1億7330万ポンドをもたらしています。これは、わずかに減少して6,600万ポンドとなった北欧の貢献度の2倍以上であり、前年同期比で減収となった唯一の地域でもあります。

また、中央・東・南ヨーロッパからは2,540万ポンドをもたらし、米国を含むその他の市場からの収益は約3倍の1,600万ポンドとなりました。キンドレッドは現在、ニュージャージー州、インディアナ州、ペンシルバニア州に入居しており、イリノイ州とアイオワ州での拡大に向けて準備を進めています。キンドレッド社は現在、ニュージャージー州、インディアナ州、ペンシルバニア州に入居しており、イリノイ州とアイオワ州では拡張の準備を進めています。ニュージャージー州とインディアナ州も準備中です。

ニュージャージー州とインディアナ州も順調に成長していますので、米国は今後数年のうちにキンドレッド社にとって最大の市場の一つになると期待しています」とヤーンストーム氏は言います。

“他の市場への参入と同様に、初期投資段階では顧客基盤の構築に注力しました。米国市場での収益は、当四半期末に実施された大規模なボーナスキャンペーンの影響を受けました。

当四半期の売上高の増加は、事業における支出の増加によるもので、売上原価は5,750万ポンドの賭け金負債の増加を含め、1億1,770万ポンドに増加しました。一方、管理費は6.3%減の5,380万ポンドとなりました。

減価償却費をこの数字に戻すと、金利・税金・減価償却費・償却費控除前利益は7,460万ポンドと2倍になりました。

経営者インセンティブ、従業員リストラ、外貨換算後の営業利益は6,140万ポンドで、前年同期の2,240万ポンドから大幅に増加しました。

金融費用と820万ポンドの法人税を差し引いたキンドレッドの第3四半期の純利益は5,250万ポンドで、前年同期比190.1%の改善となりました。

組織として、パンデミックに耐え続けてきました。また、献身的なチームは、自宅で事業を運営する上で大きな力となりました」とジャーンストロム氏は言います。キンドレッドの全チームがこのような新しい状況に適応し、それを強みに変えることができたという事実は、私たちが企業としていかに進歩的であるかを示しています。

従業員全員がこの困難な状況にうまく対応したことを誇りに思い、嬉しく思います。

第3四半期が好調だったことにより、キンドレッド社の9月30日までの9ヵ月間の売上高は、2019年比13.1%増の7億6,550万ポンドとなりました。同期間のEBITAは61.4%増の1億5830万ポンド、純利益は約2倍の8030万ポンドとなりました。

この勢いは第3四半期にも続いているようで、10月1日から11月3日までの賞金総額は前年同期比42.0%増、アクティブカスタマー数は18%増となっています。

ブックメーカーカテゴリの最新記事