ラゴスは次のラスベガスになるのか?世界中の観光客が訪れるギャンブルのメッカへと成長する?

ラゴスは次のラスベガスになるのか?世界中の観光客が訪れるギャンブルのメッカへと成長する?

カジノが盛んな場所といえば、ラスベガスやマカオがよく挙げられる。

しかし、世界の広さや産業革命以降の各大陸の成長を考えると、そろそろラスベガスやマカオに続いて、その大陸のギャンブル天国になる国が出てきてもおかしくないのではないでしょうか?

近年、ナイジェリアは経済的に繁栄しており、アフリカ亜大陸にあるこの国は、オンライン、オフラインを問わず、あらゆる形態のギャンブルを受け入れています。ナイジェリア、あるいはアフリカ大陸の他の場所が、世界中の観光客が訪れるギャンブルのメッカになる可能性はあるのでしょうか?

ナイジェリアのギャンブルはどのような感じなのか

ナイジェリアはすでにアフリカ西部のギャンブルの中心地として知られており、多くのランドベースのカジノや規制された宝くじや賭け事の施設があります。

ランドベースのカジノと同様に、ナイジェリア人向けのオンラインカジノのほとんどは、アフリカ以外の国に拠点を置いています。規制により、オンラインカジノは国内に設置されていなければなりませんが、ナイジェリア国内でオンラインギャンブルができ、ナイジェリア・ナイラでプレイできるオプションを提供しているのはごくわずかです。

実際、1億8,200万人の人口のうち、ゲーム収入は1億8,229万ドルにのぼります。

ナイジェリアの経済成長とビットコインをはじめとするデジタル化により、同国のギャンブルの可能性は今後も広がっていくでしょう。

西アフリカのカジノ目的地の期待ができる都市

ナイジェリアの主要都市であるラゴスとアブジャのカジノは、主に観光客向けに販売されており、これによりナイジェリアは一流のギャンブル目的地としての評判を得ています。

実際、2017年の夏にナイジェリアのラゴスで開催された「スポーツベッティング西アフリカサミット」では、アフリカのギャンブルのメッカになるという都市と国の決意が示されました。

同市は再びサミットを開催し、西アフリカ全体のギャンブルに機会と成長をもたらすでしょう。ガーナにはカジノやオンラインギャンブルがあり、シエラレオネでは国営の宝くじが人気を博しています。

また、ブルキナファソのような小さな国では、インターネットの普及により、ギャンブルが広がりやすくなっています。

アフリカのギャンブルはギャンブルの成長の可能性を示している

この地域では、ナイジェリアが最大のギャンブル都市としてリードしています。しかし、観光データによると、モロッコと南アフリカは、大陸最大の観光資源を活用すれば、同規模のギャンブル場を開催することができます。

さらに、セネガル、ナイジェリア、エジプト、チュニジア、モロッコが2018年のワールドカップの出場権を獲得したことで、これらの国をはじめとするアフリカ近隣諸国でスポーツベッティングが普及する可能性があります。

ギャンブルがプロスポーツを含むまでに成長し、この地域がこれらのスポーツに参加しているという事実は、ギャンブルの成長の可能性を示しています。

ラスベガスに挑戦するためには何が必要なのか

オンラインカジノのオプションに関しては、開発者はこの地域でのインターネットやギャンブルへの関心の高まりを利用してじっくりと取り組んでおり、ソフトウェアやゲームの種類の増加はその関心をさらに高めることになるでしょう。

しかし、オンライン・オプションだけでは、ラスベガスやマカオに対抗するには不十分です。地形的には、アフリカの一部がラスベガスと同じ砂漠に似ていることから、景観はラスベガスと一致します。

しかし、ナイジェリアをはじめとするアフリカがカジノ・デスティネーションになるためには、アフリカの文化や地元の味を生かすことも必要です。

ナイジェリアでは、様々な種類のカジノゲームを提供し、観光客にその国の雰囲気を味わってもらうことで、ギャンブルと文化が融合した国として有名になることができます。

特に、アフリカ大陸には54の国があり、そのほとんどが観光客を増やしていますから、モナコとマカオ、マカオとラスベガスの中間のような国になる可能性は十分にあります。

確かに、ラスベガスはギャンブル産業が盛んで、きめ細かなマーケティングとユニークなサービスにより、世界で最も訪問者数の多い観光地の一つとなっています。

このように、アフリカでは観光産業が盛んであり、54カ国がいかにユニークであるかを考えれば、ある国が次の巨大なカジノの目的地にならないとは考えられません。

また、オンラインカジノの台頭は、ギャンブルが厳しく規制されている国のギャンブル産業の足掛かりにもなっています。

また、オンラインカジノは、ランドベースのギャンブル場に足を運ぶことができない人たちにとっても生命線となっています。

ギャンブルといえば、ラスベガスや東南アジアのマカオ、ヨーロッパのモナコなどを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

しかし、ナイジェリアは、トーナメントやカジノ、オンラインゲームのファンを増やすことができれば、アフリカ大陸でゲームをする場所として確実に成長し、他の既存の場所に挑戦することができます。

実際、アフリカへの観光客は過去20年間で倍増しており、サファリやバザール、砂漠やビーチなど、アフリカ大陸のいたるところでユニークな体験ができることをツアーオペレーターが利用していることから、このブームは今後も続くと思われます。ナイジェリアは、このギャンブルブームの鍵を握る存在となるでしょう。

オンラインカジノカテゴリの最新記事