前半に新型コロナウイルスCovid-19によって打たれたコデール!

前半に新型コロナウイルスCovid-19によって打たれたコデール!

南欧・中南米向けの事業者であるコデール社は、2020年前半に新型コロナウイルス(Covid-19)で大打撃を受けました。パンデミックにより、運動場が閉鎖され、スポーツができなくなり、オンラインビジネスも圧迫された。

南ヨーロッパとラテンアメリカで事業を展開するコデール社は、2020年前半に新型コロナウイルス(Covid-19)によって大きな打撃を受けました。このパンデミックにより競技場が閉鎖され、スポーツができなくなり、オンラインビジネスを圧迫しました。

コデール社の2020年6月30日までの6ヵ月間の売上高は、2019年同期比54.7%減の3億1,760万ユーロ(2億8,990万ポンド/3億7,390万ドル)となり、すべての市場と地域で減少しました。

中南米が最も貢献しましたが、前年同期比56.7%減の1億7500万ユーロとなりました。減少幅が最も大きかったのはパナマで、61.7%減の1,470万ユーロ、メキシコは60.7%減の6,230万ユーロでした。

一方、アルゼンチンは59.7%減の6,480万ユーロ、コロンビアは48.5%減の490万ユーロとなりました。

コデール社が競馬場を運営しているウルグアイは、今年の第2四半期(5月から)に操業を再開した唯一のラテンアメリカ市場でした。しかし、その貢献度は24.0%減の2830万ユーロとなりました。

6月に操業を再開したコデールのイタリアおよびスペインにおける陸上事業は、前年同期比57.9%減の1億1,280万ユーロの収益を計上しました。内訳は、イタリアが6,680万ユーロ(61.1%減)、スペインが4,600万ユーロ(52.2%減)でした。

コデール社のオンラインビジネスは、6ヶ月間を通して完全に機能していた唯一のビジネスでしたが、賭けられるスポーツが少なかったこともあり、売上高は0.1%増の2,990万ユーロとわずかな伸びにとどまりました。

閉鎖によりコストが削減され、営業費用総額は44.7%減の3億100万ユーロとなりました。減価償却費8,070万ユーロ、減損費用、非経常的費用、資産処分費用、供給契約の変更、アルゼンチンの営業費用に対するインフレ調整額640万ユーロを考慮した後の金額です。 であれば、コデール社の営業損失は9,070万ユーロに拡大していました。90.7m.

金利、税金、減価償却費および償却費控除前利益は、減価償却費および償却費8,070万ユーロに加え、インフレ調整額、減損費用、供給契約の変更など570万ユーロを考慮した結果、1億4,840万ユーロから150万ユーロに減少しました。 2019年上半期

利子費用5,320万ユーロ、為替差損4,630万ユーロを含む金融費用を差し引いた当事業の税引前損失は、前年の290万ユーロから1億7,990万ユーロに増加しました。

当期の法人税は510万ユーロで、これに270万ユーロのインフレ調整額が加わりました。また、コデールは子会社からの利益として1,020万ユーロを計上しましたが、これは関連会社からのシェアロスとして200万ユーロを計上したことで相殺されました。つまり、上半期の純損失は、2019年上半期の2,390万ユーロから1億7,760万ユーロに急増しました。

Covid-19は2020年上半期にコデールを混乱させましたが、その影響は第2四半期に現れ、収益は88.8%減の3910万ユーロに激減しました。

唯一中断されなかったオンラインが最大の貢献者で、全体のうち1380万ユーロを占め、前年同期比7.3%減となりました。オンショアでは、再開された最初の市場であるウルグアイが、38.6%減の1,130万ユーロとなりました。

イタリアは92.3%減の660万ユーロ、スペインは88.5%減の550万ユーロとなりました。メキシコは180万ユーロの貢献にとどまり、コロンビアはわずかな貢献にとどまり、アルゼンチンとパナマは収益を上げられませんでした。

コデール社は、2020年6月30日までの3ヵ月間で、7720万ユーロの営業損失、3810万ユーロのEBITDA損失を計上しました。金融費用を差し引いた税引前損失は9,490万ユーロに増加し、これに法人税の優遇措置および非支配持分からの利益分配を加えた結果、第2四半期の純損失は8,050万ユーロに拡大しました。

報告期間終了時点で、コデールは引き続き施設の再開を進めており、メキシコシティ以外のメキシ コのゲームホールは7月に、首都圏の施設は9月に再開しています。合計30のゲームホールが稼動しています。

コロンビアは首都ボゴタ以外でのオープンが認められていますが、パナマとアルゼンチンの許可が下りるのは2020年10月に入ってからです。

また、2020年7月には、財務体質の強化を図るため、既存の社債の55.5%について、社債権者との間でリファイナンス契約に合意しました。暫定的な社債はすでに発行されており、最終的な社債の発行と社債の延長は2020年10月中に完了する予定です。

この結果、コデール社の流動性は6月30日時点の7,300万ユーロから1億5,640万ユーロに増加しましたが、9月にイタリアとスペインで発生した未払いおよび繰延ゲーム税の支払いがあるため、流動性は急速に低下すると警告しています。また、コロンビア、アルゼンチン、パナマおよびその他のメキシコでの事業再開に伴う費用の発生により、流動性はさらに低下すると警告しています。

ブックメーカーカテゴリの最新記事