カジノ・ディ・カンピオーネは閉鎖のままだがイタリアのオンラインカジノ市場は堅調に推移

カジノ・ディ・カンピオーネは閉鎖のままだがイタリアのオンラインカジノ市場は堅調に推移

急速に変化するヨーロッパのギャンブル事情では、誰も安全ではありません。ヨーロッパで最も古いカジノであるカジノ・オブ・カンピオーネは、負債の増加により閉鎖を余儀なくされ、この教訓を学びました。

地元のパン屋からバルカン半島の金融機関まで、200人以上の債権者が裁判を起こして事態の解決を図りましたが、その結果、カジノを取り巻くコミュニティが崩壊する恐れがありました。

カジノはスイスのティチーノ州、ルガーノ湖畔にありますが、そのコミュニティが崩壊しつつあるのです。カジノの突然の閉鎖により、約500人の従業員が給料を失いました。

カジノを中心に生計を立てている2,000人の人々の生活が脅かされています。彼らは1917年にカンピオーネのカジノがオープンして以来、何世代にもわたってカンピオーネのカジノに貢献してきました。

しかし、巨額の資金の不始末により、7300万ユーロの負債を抱えてしまった。現在もカジノは閉鎖されたままで、イタリアのメディアでもこの問題が取り上げられていますが、具体的な解決策は見つかっていません。

イタリア人は土地に根ざしたギャンブルを好む傾向があるにもかかわらず、この飛び地にあるカジノを訪れようとする人はいないようで、政府の検察庁は調査を続けているが、2,000人ほどの住民には出口が見えないようだ。

常に成長しているイタリアのオンラインギャンブル産業

カジノ・オブ・カンピオーネが早死にした一方で、イタリアのギャンブル産業は成長を続けている。2008年以降、産業規模は2倍になり、総売上高は1億200万ユーロに達した。

オンラインギャンブルは、ウィリアムヒル、パディ・パワー・ベットフェア、スロットジャヴァ・カジノ、ベット365、ザ・スターズグループなどの国際的な事業者がパイを奪うために市場に参入し、そのシェアを拡大しています。

業界が成長の兆しを見せると、国際的な事業者はセリエAのチームとのマーケティングパートナーシップを確保しようと躍起になりました。しかし、五つ星運動が率いるポピュリスト政権が2019年1月1日にギャンブルのマーケティングを全面的に禁止したことで、この特殊な動きは裏目に出てしまいました。

この広告禁止は、ギャンブル事業者と、ギャンブル事業者に最大の露出をもたらすスポーツチームとのスポンサーシップを効果的に強化するものです。具体的には、イタリア政府は違法なギャンブルを取り締まるために税率を引き上げます。

しかし、プレイヤーの収益やオペレーターに対する過剰な規制は、かえって業界や正規の企業に跳ね返ってきます。イタリアでは、オフショアや違法な事業者を通じて約44億ユーロが賭けられていると言われています。
規制されていないギャンブルとの戦いは、共通の問題です。米国では、2006年に制定されたUIEGAのような包括的な法律によって、金融機関が支払い方法を容易にした場合には、効果的に司法の場に引き出されています。

イタリアはかえって国内市場を過剰に規制しようとしており、これは例えば英国で起きていることとあまり変わりません。他に保守的なギャンブル市場としては、オランダやポルトガルがあります。

イタリアのギャンブル業界の将来は、この新しい規制措置によって傷つくことになるでしょうが、塵も積もれば山となるで、収益にはさほど影響しないでしょう。

オンラインカジノカテゴリの最新記事