ウクライナの規制当局コスモロットのオペレータースペイシスに最初のライセンスを発行!

ウクライナの規制当局コスモロットのオペレータースペイシスに最初のライセンスを発行!

ウクライナの賭博・ロッテリー規制委員会(KRAIL)は、2020年賭博法に基づく最初のライセンスとして、運営会社スペイシスのオンラインカジノライセンスを承認しました。
賭博法への本格的な動きが、スタートしたといえます。

ウクライナの報道によると、スペイシスLLCは、かつて国営宝くじが所有していましたが、現在は2019年に廃止されたコスモロットブランドを運営しています。

事業者は、オンラインライセンス料としてUAH39mを支払う必要があります。オンラインライセンス料を支払う事により、その後5年間のライセンスを付与することができます。

スペイシス社は2020年12月にライセンスを申請し、最初に承認された事業者となりましたが、欧州委員会は当初、ライセンシーがウクライナに拠点を置くという要件を満たしていることを確認するため、スペイシス社の所有構造に関する詳細な情報を要求しました。

2021年2月のウクライナの賭博・ロッテリー規制委員会(KRAIL)の会議では「インターネット上のギャンブルカジノを組織・運営するためのライセンスに対するスペイシスLLCの申請が検討されました」と規制当局は述べています。書類を検討した結果、申請は承認されました」と述べています。

コスモロット社のCEOであるセルゲイ・ポタポフ氏は、合法化までの長い道のりを経て、ようやくウクライナの規制市場が始まったことに興奮していると述べています。

「ライセンスの取得は重要なステップです」コスモロット社のCEOであるセルゲイ・ポタポフ氏と述べています。合法化への道のりは長いですが、ホワイトマーケットの創設はそれだけの価値があります。

チームの皆さんの努力には、本当に感謝しています。この日のために何ヶ月も準備をしてきたチームの努力には、本当に感謝しています。また、委員会にも、敬意を表したいと思います。政府当局がこれほどまでに迅速かつ正確に仕事をしていることは、とても素晴らしいことです。

ウクライナの賭博法は、オンラインギャンブル、ブックメーカー、スロットホール、ホテル内の陸上カジノを認めるものです。
ウクライナ議会(Verkhovna Rada)が248-95.の票差で第2読会を通過した後、2020年8月に署名されました。

この法律には、事業者に対する一定の立地制限が盛り込まれています。事業者がライセンスを取得するためには、ウクライナを拠点とした事業所を設立しなければならないだけではなく、ロシアの居住者や市民が株主や最終受益者(UBO)として活動することを禁止している内容となっています。

ブックメーカーのライセンス料はUAH70.8m、キエフのホテル内カジノのライセンス料はUAH141.6m、その他の地域ではUAH70.8mとなっています。オンラインポーカーのライセンス料はUAH23.7mです。このように、いくつかの異なる税法案が提案されていますが、税率はまだ確定していない状態となっています。

2020年6月には、賭博法を提出したオレグ・マルシヤック氏が、ブックメーカーに5%の税率を与える新税制法案2713-Dを提出しました。2020年6月、賭博法を導入したオレグ・マルシヤック氏は、ブックメーカーに5%の税率を与える新税制法案2713-Dを提出しました。オンラインギャンブルと 2020年6月、賭博法を導入したオレグ・マルシヤック氏は、ブックメーカーに5%、オンラインギャンブルと宝くじに10%、12.5%のGGR税を設定する新税制法案2713-Dを提出しました。 5%、スロットマシンには12%と税率を設定しています。しかし、過去に4つの課税法案が提出されているため、この案が実施されるかどうかはまだ不明な状態であり、ラダは別の新しい法案の可決を選択する可能性があります。

ブックメーカーカテゴリの最新記事